やっぱり違うかも。

こんにちは。

ろじが亡くなった時は割と普通に暮らせたワタシですが、さすがに16年以上もほぼ犬べったりで過ごしたせいか、誰もいないというのが想像以上に堪えるな~というのが今日までの感想?です。朝起きたときから家の中が静かで、なんとも言えない気分になります。ここ何か月か爺さんに起こされていた2時とか4時とかに目が覚めちゃったり。外出時にテレビつけたままにしようとしたり。

別に犬がしゃべっていたわけでもないし、朝起きたら犬が2頭ともまだ寝てて静か・・・ってことはしょっちゅうだったのに、全然違うんですよね。これから時間を気にせず必要なときに用事を済ませるし、外出もできるようになったのに、気がつくと外出先からできるだけ早く帰宅しようとしていたりして。いずれ慣れていくんでしょうが、結構つらいもんだなって思います。


犬のオトウサンは淡々黙々と暮らしています。
ありょもろじも可愛がっていたので号泣するかと思ったんですが、意外でした。いや、チチは意外に泣かない男性だったかもしれません・・・。意地悪だった私と違って、チチは随分とありょ爺さんの面倒を積極的に看ていました。チチに優しく面倒見てもらったことは、ありょにとってはとてもありがたかったはずです。

ひょっとしたら、またチチの夢の中だけに現れるかもしれないなぁ・・・。



[PR]
by teachermakizo | 2017-10-11 16:06 | はは