ロシア生活のフィナーレ(T_T)

自分たちのだけではとてもとても移動出来ない荷物で無謀とも言える旅程での帰国計画を立てた我々ですが、いろんな人の協力&ルーブルの力を借りてナントカモスクワのドモジェドボ空港にたどり着いたありょろじ家。あとはサンクトの公的動物病院で作ったロシアからの出国書類(Form-1)を空港動物検疫所で英訳してもらってForm-5aにしてもらうだけ…と、そんなには心配してなかったのですが…人生とは意外性に満ち溢れてますね ((((;゚Д゚)))))))

最期にこんなトラブルに巻き込まれようとは!!!

詳しくはネット環境が整ったらゆっくり書きますが(我が家のようなトラブルを避けるため)、17:45のフライトで15:00ちょい過ぎには空港にいたのに危うく乗り損ねそうになりましてね…それもこれも空港に1つしかない検疫所を2時間も占拠するはめになったから。イヤハヤひどい目に会いました!ドモジェドボ空港の検疫係官の意地の悪いことよ((((;゚Д゚))))))) オジサン&オニイサンが何故あそこ迄意地悪くなれるのか?

結論としては、外人はあまり変わったことをしないほうがイイということにつきる。サンクトの書類を持ってモスクワで手続き…は、理論上可能で実際も出来なくはないけれどヤッパリ問題が生じやすいと言わざるをえない。サンクトで作った書類でサンクとの空港から出国、モスクワで作った書類でモスクワから出国がベスト。

日本なら他都市で同じ役所的手続きをした場合にそんなに大きな違いが出るようなことはなさそうだが、ロシアはかなり違うことが多い。今回持って行ったサンクトのForm-1はモスクワの係員からすると「全く信じられないほどなっちゃない」、しかも「サンクト発行のForm-1」は「毎度毎度ひどいありさま」だとか。多分サンクトのプルコボ空港から出国するならこれでも「行ける」と思うのだが、モスクワの(少なくともドモジェドボ空港の)係官はひじょーに任務に忠実なのでえらいことになってしまった。彼らがあそこ迄しっかり書類の裏付けチェックをしているとは超驚きだった!

最終的には飛行機には乗れたけど、係員が検疫所まで何度も呼びにくるほど切羽詰まって走ったほどバタバタに(涙)。イヤハヤ、最後ぐらいゆったりしたかったのに(免税でお買い物しようと思ってたのに!)。

あああああ!
疲れて起き上がれない・・・・
[PR]
by teachermakizo | 2012-04-26 18:00 | その他