お休み中

届く前から、待ちきれずになにやら編み編み&縫い縫い始めてしまった犬のオカアサン。

Bahr&Proshild嬢に『下着』セットを用意、『今か今か』と待ちわびる毎日。
で、まちにまった「ご本人」登場。
到着&早速試着~♪

・・・・なんと『つなぎ』スタイルの下着はピッタリ!だったのに、ペチコートは・・・・紐で調節するスタイルなので穿けるとはいえ・・・なんだか見た目からしてキツイ。身長が同じソーニャをモデルに作ったのだけど、やっぱりボディはサイズが色々。結局、ウエストのところを全部ほどいてやり直し。

靴は縫うのが面倒くさいので・・・作らずに待っていたのだけど、正解。
お会いしたBahr&Proshild嬢の足は、大&「ふくらはぎ」太!(人形でよかった)
『ミクニ先生のドール制作本』に載っている靴はピッタリサイズに完成だったのに、難易度の高いブーツは・・・・足は入ったけどボタンが全然はまらない!!ダイエットさせて履けるようになるわけでもなく。せっかくここまで縫ったのに・・・と、しばらく放心状態でした(涙)。

c0015041_23433188.jpg


皮靴を続けて3足縫ったら、右中指の第一関節あたりに『穴があいたよ。いたーい!

===

2月の『夫人会幹事お疲れ様プレゼント』として自分に買った「アンティーク・ベビーの双子」の洋服も、本体が届かないうちに(待ちきれずに)編み始め(イワン&イワン子ちゃんより2cm小さいだけだからぁ、小さめに作れば大丈夫?)・・・凝り性のオカアサンの左手指先に穴が開きはじめた頃・・・本人達がやってきた。


が~ん!なんだかすっごくちっさい?
小さい子たちの身長2cmの差は大きいのね・・・とほほ。

c0015041_23442083.jpg


で、編みあがっていたドレスは、イワンとイワン子ちゃんへ・・・着れてよかった。


===

やっぱり、本体なしの針仕事は無謀でした。
しかも・・・熱中しすぎて立て続けにやると、指に穴が開いちゃうんですね(驚)。なにごともほどほどに・・・っていうか、それができれば苦労しないんだけど。犬のオカアサンの場合。
[PR]
by teachermakizo | 2010-03-04 17:17 | はは