1つ歳を取って一味違う「犬のオカアサン」

皆様にご心配いただきました「Out of E-BAY取引事件?」ですが、何とか9割方解決しました。

先週金曜日に出してもらえたはよかったのですが、「保険と追跡番号」のOPつきでお願いしたのに待てど暮らせど番号の連絡がない。・・・「ぎゃあぎゃあ」催促して、やっと昨日連絡もらいました・・・・本人曰く「ちゃんと送ったのに、E-Mailが届かなかったみたいね」だそうですが・・・・本当ですか(涙)?

=======

とあるパン屋での出来事。レジにて。

ワタシの前のお姉さんが、100Rちょっとの買い物の支払いに1000R出した。店員が「いつものように」あからさまに嫌な顔をし、もっと細かい金はないのかと言った。姉さんは「ない」と答えたので、店員はレジ中をひっくり返すようにして釣りを出した。

まずい。

実は、ワタシも札しかない。
でも、しらーっと支払いに1000Rを出そうとしたら、即行で

釣りはない!

と言い切られた。店員はそれ以上は口にしなかったが、顔には

1.「あんたが←ここ重要」どこかで両替して来い
2.(それが嫌なら)注文をキャンセルしろ


と書いてあった。
自分達が両替に行く気は全くない・・・・それが証拠に、注文したコーヒーも作らないし、頼んだパンもあっためてくれない(多分、キャンセルすると読んだのだろう)。空腹でなければ、そして・・・・「7月20日を迎える前の犬のオカアサン」であれば、彼らの期待通り「じゃあもういいよっ!」と立ち去ったであろう。が、幸か不幸か。犬のオカアサンは犬の仔でも食べそうなくらいお腹がすいており、かつ、一つ歳を取って「オバサン化」していたのかもしれない。で、彼らの「期待」には沿わないことにした。

c0015041_16431353.gif


奇妙な沈黙が流れ・・・店員2人とワタシの間におかれた1000R札が、居心地悪そうにモジモジしていた(笑)。

多分、とっても機嫌が悪くなったせいだとおもうのだが・・・・犬のオカアサン、1000Rを引っつかむと店員の姉さんに押し付け

ちょっと!そんなこというなら、どっかで両替してきてよっ(ああ、小心者のワタシにこんなことが出来るなんて!記念すべき日だ)

そのときのお姉さんの表情が忘れられない(笑)。多分、東洋人からそんな「ロシア人的」発言は予想してなかったようで・・・・「何でワタシが」と一瞬顔に出たが、おとなしく両替に行ってくれた。

そもそも・・・店につり銭がないのは「店の責任」だし、東洋人のワタシが、近隣の店で欲しくもない小額商品を高額紙幣で買って「釣り」がもらえるだろうか?だったら、パン屋の制服を着たロシア人店員がご近所に行って、「ちょっと崩してくれない?」って言ったほうがよっぽど「波風」立たないではないか。

ま、そうはいってもね、ワタシは小心者なので、理不尽なことがあってもかなり追い詰められない限り「まあ、いいか・・・・」になってしまうので、今日の出来事はワタシテキにはゲラゲラ笑い出したいほどおかしかった。お腹がすいてたからかな。それにしても、あの沈黙はおかしかったな・・・・誰も話してないのに、見事に会話が成立してるって言うか・・・・。

楽しい出来事でした。
[PR]
by teachermakizo | 2009-07-21 11:00 | はは