世界遺産に住む。『ねずみ編』

今日は月一の「婦人会」で、とある奥様が悩んでいる・・・とおっしゃる。

お家の中にねずみがでた

という。その話を聞いていた他の奥様が、「あ、うちも・・・・」。


外のゴミ箱にねずみさんがたかっている姿を見たことは「何度も」あるけれど、うちの中に出没するとは・・・・まさに想定外。話を総合すると、どうやら「寒くなって、外にいたねずみさん達が室内に避難してきた」ということらしい。実際、「寒くなるまで気がつかなかった」とおっしゃっていた。

かの有名な美術館エルミタージュには、猫がいっぱいすんでいる。
それは・・・・「ネズミ捕り」のため・・・だそう(汗)。

上述の奥様が大家さんに「ねずみが出た」旨を訴えたところ、「あ、そうなの」・・・と驚くそぶりもなかったとか(汗)。

実は・・・ワタクシ、NETで遊んでいて偶然、「とあるパン屋」という動画にぶち当たったことがある・・・・な~んと、かわいいねずみさんが2匹売られているパンの上でちゅ~っとやっているとこでして・・・・動物好きなワタクシも、さすがに絶句しました。これが「サンクトペテルブルク」と題してなければどんなにうれしかったことでしょう(涙)。

とにもかくにも・・・・ペストの原因は「ねずみ」だったこともあるし、かわいい姿に似合わず「不衛生」なので、事態は結構深刻。問題は、ねずみ退治を1軒でやっても仕方がない・・・ということ。マンションの建物全体でやらないことには意味なし・・・なんですが、実際、実行はなかなか難しい。

サンクトペテルブルク・・・街の中心は「世界遺産」に登録されており、勝手に建物を壊したり、新築したりすることは出来ず、ふる~~~~~~~い建物を直し直し使っている。そのため、かなり老朽化が進んでいると思われ。邦人が住んでいるマンションなど「表面上」キレイに工事が入っているけれど、眼に触れないところ(引き出しの奥、排気口の周辺、洗濯機のウラ、とか・・・)は隙間だらけ・・・そういうところから「ねずみさん」は出入りし、水道管やチューブを伝って移動していると思われ。完全に退治するのはなかなか難しそう・・・。

「世界遺産」の真っ只中に住める経験は貴重だけど、まさか「ねずみさん」と戦うことになろうとは・・・・(汗)。
[PR]
by teachermakizo | 2008-12-09 17:08 | その他