大家さんと昨日はなしていたときに

『おチッコとかはどうしてるの?」
と聞かれたので
『トイレシートなんだけど、ペットショップで見たトイレシートはなんだかへこかった」
と話したら
「人間用のがいいわよ」
と教えてくれた。
要するに、寝たきりになってしまった人のシーツの上に引くもので、大きさも
色々あるし、犬用のトイレシートと同じだという。逆に,犬用よりも数が多くて
値段も安い・・・という。

それに、近くに「よい犬GOODS」を扱う店がある、という情報も教えてくれた。

で、レンタカーを借りていたので、今日、言ってみた。
まず・・・トイレシート。60×90の大きさで、いつものシートの2枚分。
20枚入りで$15ぐらい。まあ日本と同じぐらいなので許容範囲・・・っていうか
これからトイレシートの心配をしなくてよい事を考えると、この程度で購入できるのは
本当にありがたかった。足がぬれそうな「ちゃちい」シートを使わなくて済むし、
日本から持ってくる必要もなくなった。商品はフランス?製だったので、
必要にして十分だった。

犬GOODSの店には、おもちゃとか、洋服とか、おやつとかがあって
これまた日本と同じくらいの値段。普通のロシア人は、犬のクッキーに15ルーブルなんて
出さないだろうが(駅前のキオスクで、長細いパン1本で10ルーブル)
いまや金持ちのロシア人はわんさかいる。そういう人相手の店のようだ。

いや~、こんな店があって、経営が成り立っているとは驚きだ。

ありょろじには、ピーピーおもちゃ(110R)、犬用ベーグル2こ(1個15R)、
ヨーグルトのお菓子(90R)を購入。お菓子の種類が豊富なのはうれしい。
写真を載せたいのだけど、なぜだかアップできないので、そのうちご紹介します。
[PR]
# by teachermakizo | 2005-01-30 23:31 | その他 | Comments(0)
金曜の夜に半日以上停電し(我が家と我が家の下のうちだけ)、修理には
長い時間がかかるという。どうやら『オーバーホール』が必要になりそうだというかとで
下の階のコンスタンチンさんが、大家さんの奥様(エレーナ=ミハイロブナ)に
『来てくれるよう」お願いした。

で、話には聞いていたけど、本物の大家さんがやってきた。

ちちが『美人だけど、おばさん』と言っていたのでどんな人かと思っていたら
すごい美人!品があって、しかもちゃきちゃきしていて、とても感じのよいヒト。

42歳とか言うことだったけれど、いやいや30代に見えますよ~。
ワタシはすごく好感を持ったのだが、好感を持ったのは私だけではなかった。

ありょろじも、目がハートマーク(爆笑)。

犬にも美人は分かるのか?

お手伝いのおばさんが来たときや、昨日の職人が来たときとは大違い。
も~、フレンドリーさ爆発(笑)。ありょたんも大歓迎。ろじも『ボクもいるの』
と、飛び掛り(?)もみくちゃに。

大家さんのところでも、スパニエルがいる(お散歩とかは、住み込みの
ボディガードがしてくれるとか)ので、扱いはなれたもの。とてもかわいがってくれて
『家に遊びに来てね』
と、人間を差し置いて招待される仲良しぶり(笑)。なんと言うことでしょう!
いつも、ワンワンうるさいのに、全くワンワンなし
ろじにいたっては「ちゅ~」の嵐で、べったりくっついてはなれない。

いやはや、この態度の違いは驚くばかり。
[PR]
# by teachermakizo | 2005-01-29 12:00 | Rodya | Comments(1)
前回、ユーり先生に目薬と耳薬を1週間・・・といわれ、目薬はさし始めてから
1週間が経過した(耳薬は後から買った)。驚くほど、涙目だった目の赤みとかが取れて
きれいになったのだけど、やっぱり瞳の水晶体がにごっっているきがする。
ユーり先生は『白内障ではない』と断言していたけど、なんだか心配・・・・。

目薬を続けたらいいかどうかをも含め、また電話した。
目のにごりは変わらない旨をバレリアさん(奥さんの獣医さん)に伝えたら
「おかしいわね・・・木曜日の6時にうかがっていいかしら?」
ということになり、木曜日の夜にきていただくことになった。

ところで、モスクワは今週は雪続きで、かなりの人数&台数の『雪かき隊』
が出動しているのに、すごい積雪だ。車なんて動かさないと埋まっているし、
一番激しい吹雪の日(火曜日)は、勤め人の40%が会社を遅刻したとニュースで
言っていた。多少の雪では驚かないけど、こう毎日毎日では驚いてしまう。

そんな関係で、獣医さんたちは8時半(!)に我が家に到着。
ありょろじも先生たちを覚えているようで、大喜びだ。

つくなり、バレリアさんから「実は大変なことが起きたのよ!」と口火。

なんでも、ある日本人の家庭で飼われているG・シェパードが、飼い主の奥様
の手をかんでしまったという。なにか洗剤みたいなもので遊んでいて、それを
取り上げようとしたときの出来事だったらしい。かなり怪我は深刻で、大流血だったとか。
奥様自体は『柔らかい、優しい感じの人』でロシア語も、英語も駄目。ご主人は
出張で留守勝ち。。。。。で、その噛傷事件も、彼女本人からではなく
彼女の友達がバレリアさんたちに電話してきたらしい・・・・。で、飼い主の奥さんは
その犬がとても怖くなってしまって『もういらない』と言って、安楽死を希望しているとか。

犬は、まだ1歳半。トレーナーに来てもらってトレーニングを始める矢先の出来事
だったとかで、獣医夫妻は落ち込んでいた。ロシアでは、人を噛んでしまった犬は
安楽死させるらしい・・・・。結局、その犬がどうなるかはまだ決まっていないということで
とても心を痛めていた。で、ワタシに『彼女の相談に乗ってあげて」という(爆)。

・・・・ワタシ・・・そのヒト知らないんですけど。それに来たばっかりなんですけど(笑)。

獣医師いわく『今は、世界的にG/シェパードは質が落ちていて、神経質な仔が
多い。それに、飼い主の奥さんはシェパードを飼育するには『柔らかすぎる』、ちゃんと
大型犬はトレーニングを入れなければ」

ロシアでは、番犬代わりに大型犬を飼う人が多い気がする。
日本では見かけない、G・シュナウザー、S・プードル、セントバーナード、ボクサー
特に多いのがロットワイラー。ロシアでも、闇で闘犬などが行われていて
『犬ビジネス』が盛んだという。番犬として、夜、敷地内に大型犬を放しているのも
よく見かける光景だ。

いずれにしても・・・G・シェパード君が見込みのない仔だとは言っていなかったので
なんとかやり直せるはず・・・と思う。ただ、飼い主さんにガッツがないと難しいので
やる気がないなら、経験豊かな飼育経験者に譲るほうがいいだろうと思う。モスクワ
でも、犬は気軽に飼えるので(家も大きいし)一歩間違えば、大変なことになるだろう。
次に獣医さんが来たときに、その後の事を聞いてみよう。

ところで、ありょたんの目は『良くなってる』と先生は言うが、本当に???
心配になる。白内障だったら完治はしないので、進行を遅らせる目薬が
早い段階から必要なのだが。・・・しかし、あんなにはっきり『白内障ではない』
と言い切っているのだから、本当にそうでないのか?・・・ひどくもなっていないので
様子を見るしかないのか?悩むところではある。
[PR]
# by teachermakizo | 2005-01-26 20:00 | その他 | Comments(0)
ちちの帰宅は遅い。
勤務先は、歩いて10~15分程度なので余計遅くなるもかもしれないが
その日のうちに帰ってくることはない。

その上、今月はスーパー財政難だ。
ありょろじの渡航準備に思ったよりお金がかかったせいもあるし
そもそも、引越はお金のかかるものではある。会社からまとまったお金は
出たのだが、やっぱり足が出てしまった。

というわけで、ちちはおらず、大好きなお買い物も出来ず・・・・
また、お金がないのでADSLも先延ばしになり・・・・

さらに、あったことのないお隣のお家は、ダルメシアンを飼っているらしい。
あちらが泣けばこちらもなく。こちらがなくと、あちらもなくといった具合に
あったこともないのにお友達状態(涙)。お留守番させると、ありょろじがなき
ありょろじの泣き声を聞いて、ダルメシアン君も泣き叫ぶといった感じで
大変迷惑である。というわけで、コドモタチを中庭に面した部屋に
バリケンに入れて留守番させていた。
入れるときはおやつを入れてやるので、ろじはバリケンが大好き。
置いていかれるのが何よりもつらい王子は、帰ってくるまで
おやつに手をつけないでいる。

週末は色々な用事が多い。
昨日今日と長いバリケン留守番で、我々の心も痛んでいた・・・ら、
王子が食後に吐いた。後にも先にもそのときだけだったので心配は
ないと思うのだが、ちちは過剰なほどにオロオロし

ちち:『これは絶対ストレスに違いない。かわいそうな王子。今日は
外出しないで一緒に家にいてあげよう』

てなわけで、王子が心配なちちは、週末だというのに
退屈に耐えて在宅。王子は一緒に入れるだけでうれしいらしく、ちちに
くっついてぐっすり・・・・。

え~ん(涙)、寝るだけだったらバリケンでおとなしく寝てください。
[PR]
# by teachermakizo | 2005-01-23 15:12 | ちち | Comments(1)
先日、ユーリー先生から、ありょたんの目薬と耳のお薬の名前をもらった。

ワタシのロシア語と英語の理解が確かなら、耳のお薬は
「ZOOマガジンではなく、人間の薬屋「アプチェーカ」で買う」
といわれた・・・のだが、犬用の薬を薬局で・・・というところがどうしても納得できず
何度も『聞き間違いだったのではないか』と思い返したりした(笑)。

で、近くのスーパーの中に薬局があるので、ちちに
『「アナウラン」(←名前)あるか聞いてみてよ』と嫌な役を押し付けてみた。

ひょっとしたら、おばちゃんに
『そんなのないわよ』とか、『何ナノそれは』と冷遇されるのでは・・・・
と恐れたからである(汗)。

しかし・・・ワタシの心配は杞憂に終わった。

『アナウランね・・・200ルーブルです』(現在、1ドル=28Rぐらい)
いともあっさりゲットできた・・・これはこれで心配ではアル。なぜか?
薬局で動物用の薬は売っていない(現に、虫下しやフロントラインなどはZOOマガジンで
買うように指示があったのだから)ということは、このアナウランは人間用で
前回もらった目薬も人間用なのではないか???ということ。
現に、目薬の説明書のどこにも『動物用』とは書いていないではないか。
いいのか?ユーリー先生???

しかし・・・まあ、郷に入れば郷に従えというから、とりあえず、言われたとおりに
言われた薬を上げてみることにした。日本と違って今、我々はよそにいるのだから
状況が分かるまでは自分勝手な判断は慎まなければならない・・・。

現に、先にもらった目薬をさしてからというもの、ありょたんの目はすっきり
キラキラ,とてもよくなった。目の曇りは残っているが、いつも目やにが多くて
涙目のようだったのが、数日でとってもきれいに治ったのだ!すばらしい!
これでユーり先生に対する信頼度は上がったといわねばならないだろう(笑)。

アナウランは、耳に5滴、一日2回耳にたらして、根元をマッサージ。
翌日、耳を脱脂綿で拭く・・・これを1週間の処方が出ているのだが、
今晩は耳を痒がっていない・・・どうやら聞いているようだ。

ふ~む・・・。
ロシアでは人間用の薬も、犬に使うようだ。もちろん、それは獣医の処方が
あった場合に限るのだろうけれども。
[PR]
# by teachermakizo | 2005-01-22 10:20 | Alyosha | Comments(1)
最近、ありょたんをブラシしてぎょっとした。
ちちがまめまめしくブラシしていたので、ワタシは怠慢にも
ありょ&ろじのコートの状態をチェックしていなかった・・・が、さすがに
汚れてきたように思ったので、ブラシして今週末シャンプーでも・・・などと
考えていた・・・ら!

今まで見たこともないようなフェルト状態。
体の70%がフェルトと行っても過言ではなくなっていた。
眩暈どころか、丸刈りにされた王子の姿が一瞬頭をよぎった。

ちち・・・・いったいどこにブラシをかけていたのか。
おそらく、毛先だけにブラシを入れて、根元まで櫛が通っていなかったのだろう。
おかげで根元一帯がフェルトだ。

丸刈りにはいつでも出来る、千里の道も一歩からだ・・・と2日かかって
6割がた解きほぐした・・・というより、引きちぎってしまった。おかげで
ありょたんはすっかり薄毛に・・・す、すまん。

この毛玉の原因は、汚れ切ったコートにあるとにらんで、ブラシが完全でない
のにもかかわらず、モスクワに来て始めてシャンプーした。

「ろしあびと・・・」のほうにも書いたけど、我が家のお風呂はジャグジー&巨大
で、なんとも犬を洗いにくい。ちちが用意してくれたベビーバスをバスタブに入れて
自分もバスタブに座ってシャンプー・・・こ、腰が・・・・。

このうちは2つのアパートをぶち抜いているので、お風呂が2箇所ある。
1箇所はお風呂場、2箇所目にも便器はあるけれど、洗濯機&乾燥機部屋
となっており、そこにありょろじのトイレもある。

シャンプーの後は、洗濯室にトリミングテーブルを出して、王子を乾かした。
部屋が暖かくて乾燥しているので、乾きも速い。

残った毛玉は少しずつ説いていくしかない・・・王子、本当にごめんね。
[PR]
# by teachermakizo | 2005-01-20 22:01 | Alyosha | Comments(1)
モスクワに来て数日たったころ、ありょたんの右目が曇っていることに気がついた。
数日発つと、すこし曇りが強くなったようにおもわれたので

ああ、ありょたんもか(涙)

と、覚悟をきめた。コッカーには白内障が多く、その発症率ときたらかなり高く
ありょたんのようなショップ出身で、どんな両親から生まれたのか全く分からない
とあっては、遺伝疾患を持っていたとしても、全くおかしくないと思っていた。

お友達が白内障と戦っているのを知っているので、ありょたんがそうであったとしても
別にショックはなかったが、モスクワでどんな治療が出来るのなあと不安はあった。

で、とりあえず獣医さんの往診をお願いした。
日本のようにクリニックもあるようだけど、往診が多いという。
病院で不特定多数のワンコと接触するのは何も分からない今の段階では避けたい
のもあって、往診で願ったりかなったりだった。

さて・・・来ました、獣医さん。

このご夫婦は、奥様が英語が堪能なので、分からないことがあったら英語で
説明してもらえる。患者は外国人が多いらしく、お値段も外国人料金。
今回は$55ー。

寡黙で静かな獣医さんの、ありょろじを見る目は優しい。
おやつを要求されたので、おやつを手渡すと、ありょろじとお友達になるべく
『お話』を始めた。その間に、奥様と病歴や予防接種の確認などを話し合う。

ありょろじがなれたころに、先生がありょたんの目の検査。
ビニールのずたぶくろに様々な検査用具が入っていて、検査方法は
ほとんど日本と同じように思われた。

で、結局のところ、耳に炎症があるので、おそらく、耳をかいたりすったりしているうちに
目に炎症が生じたとのことで、ユーり先生の見立てでは「白内障ではない」とのこと。
ただし、今後、目が青っぽく白濁してくるようなら、すぐに電話を!といわれた。

本題はこれから(笑)。

検査後、モスクワで犬を飼う心得を伝授される(笑)。

1)外から帰ったら、必ず足を洗うこと
(雪を溶かす『塩』は毒性があり、内閣府の近くにある我が家付近にまかれているものは
特に強い。また、うんちょす、生ごみ、殺鼠剤、ねずみ、バクテリア・・・・などなど
モスクワの道路には危険が一杯(涙)だそうだ)

2)口輪をはめることを強く勧める
(モスクワには色々落ちている。あなたの犬がコッカースパニエルだということをか
んがえれば、拾い食いや、道路や排泄物をにおったりする危険性はかなり高い。
口輪をしておくことで、こういった危険性をかなり減らすことが出来る。するかしないかは
あなたの判断だが、中毒になってしまってから後悔しても遅すぎる)

3)雪の日にはスヌードを着用すること。
(耳道に寒気が入るのは良くない)

4)食べ物には注意する。絶対あげてはいけないもの
ぺディグリー○ャム、カル○ン、チャっピー・・・・・・・(これって日本と同じだ)

などなど、紙に一杯注意書きをかかれ・・・・

『こんなに一杯なの?』というと
『これでも全然書き足りないわ』とのたまっていた。

モスクワの中心部で犬を飼うということは、かなり危険が一杯なようだ。
大丈夫かな・・・・。

(週末に口輪を見に行く予定)
[PR]
# by teachermakizo | 2005-01-19 16:10 | Alyosha | Comments(2)
新しい我が家のリビングには、でっかい革張りのソファーがある。

ありょも、ろじも、その上で寝たりするんだけど
ろじは特にソファーの『背もたれの上』がお気に入り。
そこから窓の外をのぞいてみたり、キッチンをのぞいたり
背もたれの上で寝たりする(笑)。ありょたんはそういうことはしない。

ろじがあまりにも背もたれに乗るので、革に傷がついてはいけないので
カバーなどをかけたりしている。

モスクワに来て1週間。
心配した粗相もないし、お腹の調子もよい。
お家の間取りにもなれたようで走り回っている。

我々が心配したよりも、コドモタチの順応能力は優れているようだ。

写真がうまくUPできないので、「ろしあびと」のほうに貼る事にします。
[PR]
# by teachermakizo | 2005-01-17 16:09 | Rodya | Comments(2)
ここ数日のモスクワは、とってもあったかくプラスの気温が続いている。
本来ならば、マイナス気温が普通・・・でも、天気予報によれば、来週には冬の寒さが戻ってくるとか。どこも異常気象なのかな。

気温が暖かいと積もった雪が解けて、外がびしゃびしゃで汚くなる。
お散歩はおろか、人間が歩くのだって泥が衣類に飛んで不愉快になる。
この時期を過ぎて雪が少なくなると、舗装した道路部分は乾いてきてお散歩可能・・・11日ごろからモスクワでは雨も雪もあまり降ってない。おかげで川沿いの散歩道が乾いてきた!

いよいよお散歩デビューか???

前回のモスクワ滞在時には、あまり犬に興味がなかったので見てなかったけれど、ロシア人は動物が好きだ。今日も街中の「ゾーマガジン」(ペットショップ)に出かけてみた。

なんだか特有のフードのにおいがするけど、まあ、そこそこのものはあるようだ。
ネコの生体は売っていたけど、犬は基本的にいないみたい。

掲示板があって「子犬売ります」と写真つきで張り紙があって、そこに直接電話するようだ。
犬種も色々。今日、外で見かけたのは、G・シェパード、ダックス、E・コッカー(でも毛色がありえない色だったので、ひょっとしたらMIXなのかな)、でっかいMIXちゃん、コリー、ブルテリア・・・で、すごく驚いたのが、基本的にノーリードで散歩している(驚)。でも、おとなしくて、ありこうだ。飼い主の言うことも良く聞く。うちの子供たちのように、リードをぐいぐい引っ張る子はいない(恥ずかしい・・・・)。

うんちを拾う習慣は・・・ない様だ。
明るいうちに散歩しないと踏んでしまいそう。病気も心配。

今日は、川沿いを軽く散歩してみた。
行儀が悪すぎて注目の的(号泣)。久しぶりの外出だったからしょうがなかったと思おう。

明日も散歩できるかな・・・・。
[PR]
# by teachermakizo | 2005-01-15 15:30 | Alyosha | Comments(3)
今日は、不本意ながら、来客が多い日になりました。

まず、引越を担当した運送屋さんから、日本から持ち込んだ『絵』の写真をもう一度撮らせてくれと連絡がありました。ロシアへの持ち込み(絵画など)は大変厳しく、輸入したときに登録しておかないと、帰国時に『ロシアで購入したもの』とみなされて関税がかかるのです。そんなわけで、今回持ち込んだ絵画も文化省に登録をお願いしたのですが、どうやらうまく撮れていなかったようです。

もう1件は・・・我が家のお掃除をお手伝いしてくれるベーラさんが、初めてきてくれることになっていました。ちちの話では『典型的なロシアのおばさん』(しかも自称犬好き)とのことで、かなり心配(笑)。

さて・・・9時半に運送会社の人たちがやってきました。
日本人が一人、ロシア人の大男が一人、普通の大きさのロシア人が一人。

ありょたん、大興奮。
ろじ、吼えながら後ろにバック(涙)。隣の部屋に逃げ込んでしまいました・・・・。

王子は最初は吼えまくりの、飛び掛りまくりでしたが、強そうな男の人ばかりだったので、あまり反抗的ではありませんでした(←結構賢い)。ろじは隣の部屋から出でこず。

おじさんたちが帰ると、ベーラさんがやってきました。

ありょたん、今回は強気です(でも、ベーラさんも大きな女の人)。
ろじは、今回は女の人なので元気一杯に吼えてきます(涙)。
ベーラさんは大家さんの紹介できてくれることになった人で、この家のこともよく知っているし、大家さんのワンコとも仲良しだったとのこと。余裕綽々です(笑)。時間がたつと、ありょろじもおとなしくなりました(笑)。

最初は、ありょろじをハウスさせて閉じ込めておこうと思いましたが、いつまでもそれでは困るし、不安ながら閉じ込めないでチャレンジしたけれど、結果的には良かったようです。

これからもすこしづつ練習して、お客さん好きになってもらいたいものです。
[PR]
# by teachermakizo | 2005-01-14 18:18 | はは | Comments(1)
11日は4時半起床。
6時にはレンタカーで我が家を後にしました(涙)。
ありょろじが大好きだった根岸公園で遊ばせて、疲れさせて
空港に向かいました。

9時に動物検疫の予約をしてあったので
成田空港6階の動物検疫所で必要書類の提出と簡単な
健康診断を受け・・・輸出許可証をGET。書類さえそろっていれば
簡単でスムースでした。

チェックイン前に、主治医からもらっていた酔い止めを
飲ませ・・・ここでしばらくお別れ。泣き叫ぶだろうと思っていたのに
おとなしく連れて行かれたのを見て・・・思わずポロり(涙)。


モスクワまでの料金は、1K=7000円。
ゲージごと重さを量り・・・今回は16万ほどかかりました。
はあ・・・高い・・・。

モスクワに到着して、ターンテーブルで荷物をすべてとっても
ありょろじが出てこないので心配しましたが、ありょろじとも
元気でほっとしました。ありょたんはちょっと疲れて様子でしたが
思ったより大丈夫でした。

新しいお家にもだいぶなれて、トイレも覚えてくれたようで
とりあえず、まずまずのモスクワ生活のスタートとなりました。
写真は近々UPしますね。
[PR]
# by teachermakizo | 2005-01-12 12:00 | その他 | Comments(4)
ありょろじのロシア入国には、色々な書類が必要です。
主治医には英文の健康証明書を用意してもらう必要があるので、
3が日の「慢性疾患」動物のための受診時間に、ありょろじを連れてくるよう
言われていました。・・・が、ちちがモスクワの自宅に免許を忘れてしまい(汗)。
当初予定していたレンタカーが借りられず。

昨日、購入したバリケンに入れて、ありょろじを主治医のところまで連れて
行くことに。ありょたんは大きいし、ろじは電車に乗るのは初めてだし
疲れました・・・・。
c0015041_023520.jpg

1月8日が引越で、トリミングの予約を入れているので
今日明日中にありょろじを洗っておかないとならなかったので
かわいそうに、ありょろじはお風呂にも入り・・・・ぐったりな一日でした。
[PR]
# by teachermakizo | 2005-01-02 22:00 | Comments(0)
ちちが帰国しました。
ありょたん、大喜びです。
ろじは「かなり」吼えましたが、ちょっとしたら思い出した様子。
べったりくっついてはなれません(笑)。

c0015041_1041063.jpg


覚えててもらえてよかったね。
[PR]
# by teachermakizo | 2004-12-31 23:00 | ちち | Comments(3)
モスクワ河が凍っているそうな。はぅうう。
ありょろじ、お散歩行く?
c0015041_23593921.jpg


行かないよねえ。私も行きたくないんだけど・・・。
c0015041_004386.jpg

最近、お布団の上がお気に入り・・・・。
ぬくぬく育ちなのに・・・大丈夫かなあ・・・。
[PR]
# by teachermakizo | 2004-12-31 00:02 | Comments(1)
c0015041_055117.jpg

[PR]
# by teachermakizo | 2004-12-25 00:54 | Comments(0)
c0015041_20471868.jpg
かわいいねえ・・・コドモタチ。
[PR]
# by teachermakizo | 2004-12-22 20:47 | Alyosha | Comments(0)
c0015041_22332294.jpg


ろじ、初めて恋をしました。
[PR]
# by teachermakizo | 2004-12-19 22:33 | Rodya | Comments(0)