<   2011年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

数日前に内装工事したてのお家を見に行かせてもらったら、の、喉が・・・・。シックハウス?などと思っていたら、ただの風邪だったらしく。喉は痛いわ、鼻は詰まるわ、ダラダラと熱っぽいくてだるいわ・・・ひどい目に会いましたわ。明日から5月だって言うのに暖房が切れずに、室内はなんだか温室のよう。暑い・・・。

体調が万全とは言いがたいのに、今日はマリンスキー・オペラの『カルメン』の上演日。あうー。どオペラ素人のワタクシ、有名曲がてんこ盛りのこのオペラは大好き。で、ちょっと奮発したお席を購入済みだったのでした・・・這ってでも行かねば。


で、肝心のオペラ。
ふ~む。


まず、主役のカルメン。
『肉感的にした(ムチムチした)シガニー・ウィーバー』

c0015041_17113438.jpg


お相手のドン・ホセは・・・「若かりし日のロブ・ロウ」(ちょっと古いかな)。
声はやや細めだけど、若くてハンサム・・・カルメンと比べるとちょっと年齢差があって『悪い年上のオネエサンに引っかかった若者』風。ま、こんな解釈・設定もありかな。

c0015041_1713475.jpg



で、中盤からカルメンの心をつかんでしまう闘牛士のエスカミーリョ。
重要な役なのですが・・・

c0015041_17194048.jpg


                 配役イメージは・・・・

c0015041_17182023.jpg

                      

登場するなり妙なざわめき。
後ろのおばあちゃんなんて「Oh,NO」とつぶやいていました(笑)。
我々も思わず、座席で転倒しそうになりましたわ。

オペラの場合、演劇と違って歌手が役にピッタリでないことはしばしばあること。昔観た『椿姫』では、結核で死ぬビオレッタがビア樽のような超巨体。最後にこと切れる場面で失笑さえ漏れたほど。なので・・・彼もありといえばありなのだが(絶叫)。ハリウッドのシリアス映画に日本人の芸人が混じってしまったような違和感が(笑)。彼の人のよさそうな笑顔がどうしても「まいうー」に重なってしまう・・・。

c0015041_17295778.jpg

i-phoneで撮ったのでイマイチですが。左から『エスカミーリョ(石塚君)』『ドン・ホセ(若かりし頃のロブ・ロウ)』『カルメン(ムチムチの若いシガニー・ウイーバー)』でございます。


う~ん、途中まですごく真剣に観ていたのに、石塚君のせいでお笑いになってしまったヨ。あ、一応彼の名誉の為にマリインスキーで公表されている彼のポートレートを

c0015041_17335259.jpg

                 エドワルド=サンガ


う~む。この写真は修整されてるな(爆)。
または15KGぐらい痩せている頃かも?

犬のオトウサンは(何故か)すっかり彼のフアンになったそうです。
次回の登場は「フィガロの結婚(in Mariinsky)」のフィガロ役だそうです・・・そっちのほうがイメージにピッタリかも。

何だか楽しい夕べでした・・・。
[PR]
今週に入ってサンクトペテルブルグ、本格的に気温が上昇してきました。日中は10度台後半はありそうです。雪も綺麗に溶けて、街中埃に包まれています(涙)喉が痛い・・・。


ところで、不覚にも昨日牛乳を切らてしまいました。
犬のオカアサンはコーヒーがすきなのですが、それには『必ず何があっても』牛乳が入っていないとならないのです。

とかく牛乳は傷みやすいので、いつもはちゃんとした大きいスーパーまで行って購入しているのですが・・・暑くなってきたしちょっと心配・・・と思いつつ、通りがかりの小さいな食材店で『日付は新しい』ものを選んで買いました。



が、朝チチが出勤前に飲もうとしたらヨーグルト風だったとか(涙)。
予感的中、やっぱりダメでした・・・ウウウ。

あ、これってちなみに良くあることなんです。
[PR]
c0015041_18123673.jpg

[PR]
もうこんなことはなくなったと思っていたのですがねぇ(笑)。
楽しい楽しい春の土曜日の夜中のことでございました。


コドモタチ散歩→足洗い→ご飯→デパート(靴買った・オカアサンが)→甘味処・・・・



の順に進んで行き、甘味ドコロでジェラートを食べたところで『王子のお薬色々』を買い忘れたことに気がつき。甘味ドコロ→薬局へ移動中。な~んとなんと!ガイー(デー・ペー・エスかな、今の言葉で言うと。交通警察)が後ろにくっついてきて、スピーカーで


そこのプジョー止まりなさい


と言うではありませんか。

c0015041_17561024.jpg

チチ、何をしでかしたのか??

c0015041_17552368.jpg


ただのドキュメントチェックでした・・・。
っていうか、わざわざ走っている車を止めてチェックする?

あー、これは小さい不備を見つけて『お小遣い稼ぎ』だったのねー。
もうすぐロシアも大型連休だからお小遣いは必要よね、お互いに(納得)。



つい年々か前までは、なーんの違反もないのに警察に呼び止められて因縁をつけられお金を巻き上げられることが『ショッチュウ』でした(当時外人所有の車はナンバープレートの色が異なったので、目を付けられやすかった)。今回の駐在になって『違反もなく、用もないのに呼び止められる』ことが皆無だったので、あの悪い因習はなくなった・・・と思っていたのですが・・・。

いやはや、まだまだ健在でしたね。
[PR]
by teachermakizo | 2011-04-23 12:43 | ちち | Comments(0)
24日はイースターです。
今年もカソリック&プロテスタントとロシア正教のイースターは同じ日、24日になります。

今日『シュトーレ』(ピロシキ屋さん)に行ったら、すっかり『イースター』!

c0015041_3143010.jpg
c0015041_3144570.jpg


めんどくさーいと思って今年「も」飾りを出してなかったけど、これから出そうかしら・・・。
[PR]
犬のオカアサン寝不足、なう。

サンクトペテルブルグ。4月も半ばをすぎたというのにいまだに日中8℃以下。
わが家にいたってはいまだに暖房が切れていません(集中暖房なので自分ではOFF不可)。日差しは強くて陽も長いのに(日没21時くらい)。


なんでかなあ。春になってきたせいか、王子カイカイが激化。
昼間は何故か良く寝るのに、夜になるとカイカイカイカイ・・・がはじまって、ホント細切れでしか眠れません(オカアサンが)。ありょがカイカイしていても眠れるヒトがうらやましいです(>犬のオトウサン)。

王子は昼間はぐっすり眠ります(涙)。
一晩中カイカイして良く寝れてないからだろうけど・・・まさに昼夜逆転、なう・・・です。
[PR]
by teachermakizo | 2011-04-18 12:54 | Alyosha | Comments(2)
昨晩。とあるレストランに3組の夫婦で出かけました。

我々がしゃべっていると、後ろのテーブルのおじさんが赤ら顔して日本語で話しかけてきました。昔日本語を勉強していてしゃべるのは20年ぶりとか。何でも、同席していた息子達が、私たちの会話を聞いて『パパ、あの人たち日本人じゃない?日本語しゃべってるよ!(パパ、日本語やってたんだよね?話しかけてみなよ、と唆された・・・か、どうかは知らないが)』と言われたらしく。かなりお酒が入っていて、ぶっちゃけ『酔っ払い』といってもいい感じだったのですが、20年ぶり&へべれけ・・・にしてはなかなかの話しっぷり。

その後、何度も我々のテーブルに乱入(笑)。

ついにはシャンパンを1本差し入れてくれて、何故かみんなで乾杯するはめに(笑)。おじさん、アレコレ日本に対する思い出とか、今回の東日本大震災のお悔やみを述べるところなどでは感極まって涙。


日本では殆ど知られてないけれど、ロシア人は日本びいきの人が本当に多い。今回の大震災が起こるや否や殆ど面識のない人からでさえお悔やみをもらい。わざわざ電話をくれる人も珍しくない。総領事館に張られている日本のポスターの下にお花と蝋燭が供えられていたり。

こんなにも親身に感じてくれているのに、日本人との間には温度差があるのが本当に残念。どう考えても「ロシアと仲良くなって欲しくない」勢力の存在を感じるんだよね。残念なことだね。
[PR]
トロリーバスに乗って、ふと向かいに座っているおじさんの手に持っているビニール袋を見て「ぎょっ」。

c0015041_23334957.jpg


このビニール袋!
日本の都内に数店舗ある「あるレコード店」のビニール袋ですよ、奥様。

今は去ること十数年(殆ど20年近く前)・・・ワタシが6年間以上もバイトしていたお店です。いやはや懐かしい!
[PR]
by teachermakizo | 2011-04-08 18:31 | はは | Comments(0)

数年前。
ワタシのお人形熱が出始めた頃。

その当時は『ソーニャ』嬢(BRUリプロ)しかいなかったと思うのですが、ヤフオクでワタシ好みのドレスを見かけました。

c0015041_2346693.jpg


ドレスはジュモウ8号でピッタリ・・・とのこと。
ソーニャは34cmのチビで、サイズも全く合わなかったし・・・そもそもお値段も高額だったので、いつか自分が縫い縫いが上達したらこんなドレスを作りたいと画像を大事に保存して置きました。


そして・・・時は過ぎ。


c0015041_23501278.jpg


じゃじゃ~ん

なーんと!
めぐりめぐって「あの」ドレスがワタシの手元にやってきたんです。
当時は着れる仔はいなかったけど、今はジュモウ嬢がいるので・・・・ピッタリです。

不思議ですよね(そんなことない?)。
一人で感動しております。
[PR]
モスクワにいたときも、サンクトに来てからも・・・もちろん、日本にいたときも病院通いが耐えない王子。

日本にいたときは「様子見は絶対にしない」と決めていて、ちょっと具合が悪いか?と思ったらソッコーで病院だった。まあ、おかげで恥をかいたこともあって・・・「血尿だ!」と病院へ駆け込んだら、赤いドラゴンフルーツやビーツでシッコがピンク色になっただけだったり(ヘンなもんあげないほうがいいですよ、と冷たくいわれたりね(汗))。


そんな犬のオカアサンだったのに、こっちに来てから「数日様子を見る」事が増えてしまった。


特に今回の王子の足!
前回(前足)の骨肉腫疑惑ですっかりビビッてしまったワタクシ。
いや、もちろん専門医を紹介してくれたし、専門医にその疑惑は超完全真っ向否定されたから良かったのだけど・・・『骨肉腫かも?』といわれてから専門医にかかるまでの時間の長かったこと・・・。


で、王子の足ですが。
大分良くなって普通に歩けるようになってきました。よかった。


で、三毛犬の足ですが。

こっちはよろしくない。
包帯が取れて(取って?)思い切り舐めて流血の事態に。あうー。
おもちゃ(ぴっぴ)を数個投入して、『気を散らそう作戦』実施中。

お散歩に連れていって、くったりさせるのが一番なんだけど・・・今、1年で一番汚い時期なんだよね、ロシア。

雪、雪の間で凍っていたてんこ盛りの排泄物一緒に溶けてて・・・吐きそうだわー。
[PR]
by teachermakizo | 2011-04-06 11:24 | Alyosha | Comments(0)