<   2010年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

例の「白い紙」問題は全然解決していない・・・というのも、交渉のお相手が我々を「避けてる」ものですから(怒)。「白い紙」で言うことを言ったので、このまま逃げ切るつもりなのかも・・・・。


そんなことはおいといて。
今日は、久しぶりにカザン聖堂脇のお気に入りのレストラン「テラッサ」へ。


ありょ家は・・・というより「犬のオカアサン」のとても悪い癖は、気に入ると「同じところばかり」「同じものばかり」なこと(心当たりのある方もおられるのでは>マダムM)。世の人々は、私ほど同じレストランに足繁く通ったり、同じものばっかり「文字通り」毎日毎日食べたりしないらしい・・・ソウナノデスカ?

「テラッサ」で大好きなものは数あれど・・・デザートでMYブームなのが

c0015041_5431283.jpg

↑ ナッツのクッキー♪
ホワイトチョコでコーテングされたクッキーにナッツがふってある・・・なんてことはない普通のクッキーなんだけど、犬のオカアサンの大のお気に入り。チチに「冗談で」

7月の誕生日には、このクッキーを1年分でもよいかも♪

と申しあげたら、チチ

そりゃ、安上がりでよいなあ。

とのお返事。


でも・・・。ちょいとお待ちください。犬のオトウサン。
犬のオカアサンが大好きなクッキーを1日2枚いただくとすると・・・・

80R × 2枚 = 160R(約500円)
160R × 30日(1ヶ月) = 4800R (約15000円)
4800R × 12ヶ月 = 57、600R(約17万2800円)


というわけで、クッキー2枚と侮ることなかれ。
オトウサンご自慢の「iphone」が、約2個も買えてしまうのである。



ま、もちろんクッキー以外のものをいただきますが(笑)。むふ。
[PR]
by teachermakizo | 2010-04-27 23:36 | はは | Comments(0)
ちちは無事帰宅し、さぞ「ありょ家」は喜んでいるであろう・・・と思っていた皆さん!それは

    間 違 い で す


今をさかのぼる21日に、犬のオカアサンを「奈落のそこ」へ突き落とすような
c0015041_6301093.jpg

「一枚の紙」。そこに書かれていたものは何か??

犬のオカアサン、マジ&超・落ち込んでマス(涙)。



一応明日、犬のオトウサンが「(ダメ元で)交渉してくれる」そうですが。まあ、10中8、9「無駄」でしょう。多分、火曜日あたりには皆さんに「白状」してしまいそうですが・・・今しばらくお待ちください・・・ウウウ。誰か助けてくれ~。
[PR]
by teachermakizo | 2010-04-25 23:26 | はは | Comments(10)
今日の夜の「サプサン」(ロシア版新幹線)で、チチ、無事に帰宅しました!御心配いただいた皆様(ワタシのお財布の中身を含)本当に御心配をおかけしました!

運悪く、チチが不在になった先週後半~今週前半はもともと物入りな予定だったのに、思いもがけずチチが不在になってしまって・・・(滝汗)。カードはあるが、手持ちの現金が少なかったので・・・悔しいけど?外食はSTOP。幸いにも「米」と買ったばかりの「ひき肉」がいっぱいあったので、鍋いっぱい「ドライカレー」を作り、小分けにして冷凍。ちまちま食べて節約しました(これが全く体に合わない・・・)。

カレーはおいしいですが、しばらくもういいです。
(木曜日はもともと「外食」予定だったので出かけましたが、「カレー以外」の食べ物がえらく新鮮でした・・・)


で、肝心のチチが帰ってきて。。。ありょ王子はわりとスムースに「歓迎(お土産どこ?)」ムードだったのに、ろじはどうも「忘れちゃった」みたいで(笑)しばらく「?」としておりました・・・もちろん、思い出しましたが。忘れきってしまうほどボケてはいなかったようです。

でも・・・。この10日間母仔べったりだったので・・・チチにわりとクールな反応(もうちょっと喜ぶかと思った)で、チチ、ちょっと可哀想かもね(ふふ~ん)。
[PR]
by teachermakizo | 2010-04-23 04:20 | ちち | Comments(0)
さすがに20日には飛ぶじゃろう・・・と思っていましたが。多少のフライトはあったものの、サンクトやモスクワ向けの便は飛びませんでした。

で、チチ。
地上の交通機関で帰ってくることを決意。


【チチ・プラン】
BY TRAIN(計11時間以上)//
ドイツ都市「D」→ ドイツ都市「B」経由→ ポーランド首都「W」
(本来ならこのまま、ベラルーシ(ミンスク)→ ロシアに入るのが最短なのだが、ベラルーシ国内を通過するには「通過ビザ」が必要。取得に48時間にて断念)

BY ESPRESS BUS(約8時間以上)
ポーランド首都「W」→ リトアニア都市「K」

BY TAX(約85KM)
リトアニア都市「K」→ リトアニア首都「V」空港

BY AIR
リトアニア「V」→ ラトビア「R」→ ロシア首都「M」
(リトアニア空港からモスクワという手もあったのだが、満席で乗れなかった為にラトビア経由)



スタートが火曜日の早朝で、モスクワ到着が今日の午後。
ということは、1日と4分の1くらいかかったのかな?費用も飛行機代よりかかったか?

この旅程を「ドッグフード2袋」(ありょろじへお土産)「ドイツのバウムクーヘン」(ワタシへのお土産)を大事にひきずりながら移動するチチを想像すると気の毒(笑)。

でも、今日無事に「ロシアの地」に戻って来れそうです。
帰途途上の人々も頑張れ!
[PR]
by teachermakizo | 2010-04-21 17:00 | ちち | Comments(6)
ワタクシが初めてロシアの地を踏んだのが1990年。
その後、本格的に勉強する・・・といって、再度この地にやってきたのが1995年。

95年当時のロシアの食べ物はおいしくなかった。
甘いものは、特に不味かった。

ロシア人は、甘いもの大好きなのに「何故にこんなものをありがたがるのか?」というほど不味いケーキをうれしそうに食べていた。当時、私はロシアのケーキを「砂糖爆弾」と呼び、一度知らずに買ってしまってからは「二度と」買ったことがなかった(が、仕事場で同僚が誕生日だと食べざるをえない羽目に・・・)。当時のケーキは、砂糖で固めたメレンゲだけで作った土台にバタークリームがどーんとたっぷり。

そして・・・。
経過すること15年。

ロシアのケーキは、ずいぶんとよくなっていた。
あんなに一世を風靡していた「砂糖爆弾」は、もうなかった(地方都市ではまだあるに違いない)。

しかーし。

不思議なのだけど、ロシアのケーキって「スポンジ」土台じゃない!
ムースっぽいのが多い。

で、日本で言うスポンジのことを「ビスクウィット」と呼んでいて、日本で言う「ショートケーキ」みたいなのを「ビスクウィット なんちゃらかんちゃら」と「トルト」(ケーキ)とは分けているみたいなんだな(少なくとも、この前入ったイタリアンのレストランではそうだった)。

それにしたって・・・やっぱり、ロシアのケーキはクリームが多すぎ!
先日「GG」(日本のカボチャが3000円で売っているところね)で、「ビスクウィット」のケーキ(スポンジ・ケーキだっていうからホールで)買ったら・・・・

c0015041_19102045.jpg


こんなだった(驚)。クリームを削ぎながら(涙)食べました。



スポンジいっぱいのケーキが食べたいよう!!
[PR]
by teachermakizo | 2010-04-20 13:53 | はは | Comments(0)
ドイツ某都市に「強制滞在」中の「犬のオトウサン」。

犬のオカアサンの能天気な「ドイツ旅行と思ってゆっくりすれば?」などという無益な助言を無視して、朝早くから某都市「中央駅」の窓口に並んでいる・・・と電話あり(小都市の某都市の駅でさえも、かなり混雑していたそうな)。

何でも・・・ヨーロッパのニュースによると「明日も飛ばない(公算が高い)」。まじめな犬のオトウサンは「これは・・地上交通機関で帰るしかないっ!」と悲壮な決意で(飛行機では3時間程度だが、電車だと数日はかかる)電車でロシアへ帰還する方法を模索している・・・らしい。なるほど。

で、再度電話連絡。

・・・とりあえず中欧某都市までの切符は買えた。明後日(火曜日)早朝分だけど。

もう今日明日のチケットは完売・・・とりあえず目的地が「陸続き」な人たちは、地道に「地上ヅタイ」に帰還を試みているせいであろう。目的地が「陸続き」な人たちは時間さえ掛ければ帰れるが、海を渡らないとならない人は本当にお気の毒である。いつ再開なのか全く見通し不明なのだから。


さらにお気の毒なことに、犬のオトウサン。
今週水曜日からモスクワ出張予定だったらしく・・・下手すると、サンクトに戻ることなく「直」モスクワ入・・・になるかもしれない。本当に痛ましい(涙)。


こんな長期の不在を想定していなかったので、犬のオカアサン&コドモタチ・ペアも懐がかなりピンチ!恐るべし、火山灰!我々(母&コドモ)の暮らし向きにまで影響を与えるとは・・・。

       チ チ 、 ハ ヤ ク カ エ レ


なのだ。
[PR]
by teachermakizo | 2010-04-18 13:41 | ちち | Comments(2)
犬のオトウサンから電話あり。
某ドイツの空港より。


昨日と違って閑散としているとか(現地8時現在)。
今日のフライトがあるか/ないかは、現地時間10時ごろに発表とのこと。


10時。

「今日&明日、全便欠航・・・月曜日は飛ぶ・・・のか???」


だそうで。


犬のオトウサン、マジで帰って来れません。
9.11のときもパニック!だったけど、ヨーロッパの空の便が全面的にここまで欠航って・・・今までなかったんじゃないかしら?無理して「落ちて」締まったら意味のないことなので、ここは慎重に・・・ってことだよね。それにしても自然の力ってすごい・・・。再噴火がないことを祈る(祈)。


大好きなオトウサンが予想外に長期留守になり、王子、ちょっとしょんぼり。せっかくの週末なのにね(今週お風呂だったのに・・・)。
[PR]
by teachermakizo | 2010-04-16 12:17 | ちち | Comments(2)
一昨日からドイツに出張していた犬のオトウサン。
本来なら今日帰宅・・・・だったのだが!

アイスランドの火山噴火の影響で、ヨーロッパの飛行機が軒並み飛ばないらしい。チチのいるドイツの空港も「全便欠航」で、「再予約」の行列で大変なことになってるとか。

それにしても・・・今日の宿は取れるのだろうか(恐ろしく高騰するに違いない)。犬のオトウサン、ピーンチ!

帰って来れない・・・・。(電車で帰ろうにも、途中のベラルーシの通過ビザがないしね)




コドモタチ、しばらく母子家庭かも。
[PR]
by teachermakizo | 2010-04-16 10:14 | ちち | Comments(0)
5月下旬に「恒例」のモスクワに行くので、今日はチケットを買いに行った。

今回は・・・行き(LED→MOW)は「ロシアの新幹線」とも言うべき「サプサン」にチャレンジ。モスクワ-サンクト間を3時間45分~4時間15分(走行時間帯によって違う)でつなぎ、平均走行時速200KM!一度乗ってみたかったんだよね~、どうせ寝ちゃうだろうケド。

帰りは・・・荷物が多いので、いつもどおり「飛行機」で。
ただ、今回はなぜか出発飛行場が「ターミナルD」(最近完成)。はじめて利用するのでちょっと心配・・・使い慣れた「シェレメチェヴォ-1」がよかったなあ。

どちらも「往復」で購入したほうが安かったはず。
片道ずつ・・・っていうのは、一番高くつく買い方なんだけど、しょうがないか。ちなみに「飛行機」のほうが少し高め。なんでも、「サプサン」利用者を増やすため、少しだけ「安め」設定しているそうな。

====

モスクワの地下鉄爆破テロがあってから、はじめて今日「地下鉄」を利用してみた。別に「怖かったから」避けていたわけではなくて、使う機会がなかっただけなのだけど。確かに「少し」警官の数や地下鉄職員の数が増えていたような気はしたけれど・・・やっぱり現場がモスクワなせいか、どうも緊張感に欠けるみたい。複数人数で警備に当たってるんだけど、携帯でしゃべくったり、仲間同士でおしゃべりに夢中だったり。いつ何時同じようなことが起こってもおかしくないのに、なんだか「のんびり」しているように見えるのだが。モスクワはどうなのかな。

それにしても・・・。
モスクワもサンクトも、地下鉄利用者が本当に多い&増えた。
こんなにたくさんのヒトの中から「悪意を持ったヒト」を「完全に」見つけ出すなんて、現実問題として難しいだろう。地下鉄にしても、地上の公共交通機関を利用するにしても、いまや完全に「自己責任」。

6月末にモスクワ&サンクト旅行を計画している知人に「どうなの?どうすべき?」と聞かれて、返答に困ってしまった・・・・。
[PR]
by teachermakizo | 2010-04-14 22:09 | はは | Comments(0)
コドモタチ、最後のプロによるトリミングから1年が経過。
避けていたら・・・こんなに日が経ってしまった。

王子もイーラさんが苦手(怖い)だし、イーラさんも「大暴れ」な王子にホトホト手を焼いていた。で、いざ、トリミングをお願いしようと決心して(年末ね)電話したら、電話に出てもらえなくなっていたという(笑)。あの王子の暴れぶりではね・・・嫌われちゃって当然。

でもね、犬の毛が伸びるのは「待ったなし」。
ここ1年コドモタチの手入れは「すべて」オカアサンが担当だ。



そういえば・・・昔、王子が来てすぐ・・・お世話になったコッカー飼いの大先輩に言われた。

コッカーを買うなら、手入れは自分で全部出来ないとダメよ。

「え~、そんなの無理ですぅ」
日本&モスクワではトリマーさんに「丸投げ」(シャンプー&ブラシはしてたけど)だったのに、まさか!ここで↑を実践しないとならない羽目になるとは。人生ってチャレンジに満ちてる!



「絶対無理」だったのに、人間やれば出来るようになるものね・・・シミジミ。

パットの毛のカット、肛門腺絞りは徐々に出来るようになったが、王子の爪切りは「超難関」だった。しかーし、最近「ギロチン型」の爪きりをあきらめて「ペンチ型」に替えた。王子の爪は「硬くて厚い」ので、切れ味のいい爪切りを常に使いたい。じゃあ「たくさん売ってて、買い替えのききやすい「ペンチ型」を試してみる」ということに。「ペンチ型」は深爪しやすい・・・ということで日本ではあまり勧められていないが、こちらで売られている犬の爪きりの9割以上がこっちのタイプ。

で、結果。
どうも王子は「ペンチ型」の方が「嫌じゃない」ようで(怒りつつも)やらせてくれている。おお、ナイス・判断&チョイス!バンザーイ!



で、どうする?体のほうは。
ってことで、この1年。
犬のオカアサンが「なんちゃってトリマー」になって、頑張っております。鋏1本で。

本来、コッカーのトリミングは「バリカン」が必須。
でも、王子は顔に色々出来ているし(イボとか)皮膚が弱くて問題もあるし・・・何と言ってもトリミングが嫌になったのは「バリカンが怖い」っていうのが主な理由だと思われるので(今までは平気だったのにね。目が悪くなったからかな)。ちょっとつづ・・・鋏でやってます。イーラさんだと鋏でも「拒否」な王子だったけど、ワタシがやるのは大丈夫みたいなので。

素人の「鋏1本カット」故・・・いやー、我ながら悲しいほどガタガタ(泣笑)。
昔の美しかった時代が懐かしい。実際問題、一度プロにラインの修正だけでもしてもらいたいなあ。

1日で2頭カットしたら、指にまめが出来てつぶれました。
予想以上の重労働です。
[PR]
by teachermakizo | 2010-04-11 12:09 | Alyosha | Comments(0)