<   2010年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

c0015041_1633324.jpg


===

昨日の朝、モスクワの中心部で自爆テロがあり多くの人が命を落としたのは御存知の通り。


昨晩ニュースを見ていたら,こんな話が。

地下鉄利用の乗客(大抵が通勤途中)が事故後、他の交通手段で目的地に向かおうと路上にあふれたのだが、それを狙って「白タクシー」が群がり(ロシアは正規のタクシーもあるけれど、普通の車がお小遣い稼ぎで乗客を拾うことが多い)。で、困っている&急いでいる人の足元を見て、これ幸い・・・とばかり乗車料金「3000R(9千円)」要求、荒稼ぎした・・・・というもの。

この話を受け、ロシア正教会キリル総主教が、

「そんなことをして稼いだお金では、「善」をもたらさない」

と苦言を呈していた。総主教も、人の不幸で荒稼ぎをいとわない、今の人々の心の荒廃を嘆いていたに違いない。

な、嘆かわしい・・・・っていうか、恥ずかしくないのかな?
一人や二人じゃない、群がったっていうんだから、唖然・・・。
一昔前のロシア人には、そんな人いなかった。確かに、お金には名前や出所は書いてないけれど・・・・。
[PR]
今朝・・・丁度ラッシュ時(最近のモスクワには「通勤ラッシュ」がある)を狙って、モスクワの地下鉄でテロ発生。ルビャンカ(KGBの本部があった)駅もパーククリトゥールィ駅も、いわば「モスクワの環状線内」に位置していて、それでなくても混雑する駅。朝8時・・・どんなに混んでいたことか!

このテロでたくさんの人が命を落とした。
いつもどおり仕事に行って、帰宅しなかった・・・なんて、残された人々はどんなに悲しんでいるだろうか。昨日の週末が最後の週末だなんて、誰が思っただろう!

亡くなられた方々の御冥福を祈るとともに、テロなどという恐怖による脅迫によっては「何一つ実は解決しないのだ」ということをテロに関わった人たちに言いたい。この手の自爆テロには、女性や子供、身体や精神に傷害のある人を「利用」することが多い(今回も女性だという話だが)・・・えてして、計画した本人達は生きていて、生きることに執着する。なんて卑怯なんだろう。

「気をつける」といっても難しいし、「何に気をつけたらよいのか」も分からないけれど・・・こちらでも起きる可能性はあるので、出来る限り周辺に気を配るつもりではいます。ただ、今回のテロが「チェチェン」関連といわれているので、「見た目」が南方面のヒトに対して、差別&暴力行為に発展しないか・・・なんだかそれも気になります。

======

昨日買ったカードの絵柄が・・・なんとなくナンシー姉妹に似てるな~と思ってパチリ。
c0015041_19423429.jpg

[PR]
昨年の11月にスモーリヌィであった「アンティーク・コレクター・フェア」が、今回は3月25日~28日の日程で今度は「マネージ」(展示会場)で行われました。

まあ、初日は下見。
購入できそうな「ガラクタ」雑貨はほとんどなくて・・・ガッカリ。ドールのイルミラさんも、今回は出店を見送った様子だし。

でも、チチが「ポストカードで探したいものがある」というので、土曜日にも↑に行き。私にとっては、めぼしいもののほとんどなかった今回だけど、チチのポストカード関連は「お宝」がいっぱいあったようで・・・・あれも欲しい、これも欲しい!。たくさん「予算」を持っていったのに、足りずに「お取り置き」をお願いして、今日もフェアへGO!(爆)。ワタシに限って言えば、開催日のうち金曜日を除いた4日のうち、3日も日参したわけで・・・どんだけ好きなの?(笑)って思われてるかもね。


金曜日の冷蔵庫のダメージが癒えぬうちに、アンティークフェアでさらに疲労。
で、極めつけが王子のシャンプーで、犬のリョウシン、心底グッタリ・・・・です。

本来は先週洗わなければいけない日程だったのだけど、今週に延期したので・・・今日は絶対!

まずはブラッシング!だったのだけど、暖かくなってきたせいか抜け毛&毛玉がすごくて絶句。その上、静かにしていれば時間もかからないのに、今日の王子はご機嫌斜め。妙に嫌がって苦労しました・・・オカアサン、老け込んじゃったよ(涙)。それでも、爪きり&パットの間の毛のカットも済まし、シャンプーも無事に終えました。昔は、毎週2頭一緒に洗ってたんだよね・・・・若かったなあ。

c0015041_19213154.jpg

“あたちと運命の出会いってヤツをしてしまいました!”

今回のフェアのワタシの収穫は、ポストカード数枚と・・・・・・オールビスク1体+ヒヤシンス1本(お店のおじさんがくれた)です(汗)。不幸な出会いでした・・・会いたくなかった!
[PR]
by teachermakizo | 2010-03-28 23:53 | はは | Comments(0)
冷蔵庫(というより、冷凍庫)の側面はかなり高温で、実際、「アイロンがけ」か「根性焼き」が出来そうなほど。S妻さまの「御臨終が近い」という話を聞いて、さらに
c0015041_4373271.jpg


・・・でも、でも。

修理・・・となると、「あれこれ絶対に大変&面倒だろう」と思うと、「このまま爆発するまで頑張ってみる(笑)」とか、「次回ボヤッキーちゃんに会ったら、話をしてみる」・・・とか、どうしても積極的に「冷蔵庫」と向き合えない。

そんなこんなで「冷蔵庫から現実逃避」していたら、な、な~~~んと!
電気技師のボヤッキー氏が、電気のメーターをチェックにやってきたところをチチと鉢合わせ。で、急遽、部屋に引き入れ(笑)例のブツを触ってもらったら

あちちっ!これ普通じゃないよ!すぐに交換しないと。

何でも、倉庫の中に冷蔵庫が余っているから・・・という。しかも、週末なので「今日変えたほうがいい」(そんなにやばかったか)とのことで、ワタシが外出から帰ったら「取り替えて」くれることになった。

まあ、それはよかった。
・・・・のだが。

帰宅後、ボヤッキー氏と「その仲間(ジイサン)」が2人でやってきた。
で、言うことには、「倉庫の冷蔵庫はドアが壊れていた。幸いにも「あなたの」冷蔵庫はドアは問題ない。なので、ドアを付け替えようと思う。心配するな。大丈夫だ」。・・・ま、マジですか?

ドアと格闘すること小一時間。どうやら、簡単にはずせないようなつくりになっていたらしい・・・が、何とかはずせたようだ。おじさんたち、大喜び(涙)。で、新(中古だけど)・冷蔵庫登場。

現・冷蔵庫と全く同じものだけど明らかに古い、汚い・・・のが「一目見ただけで」わかって嫌な予感。だって、側面に大きな凹み&傷・・・何をすれば、側面があんなに凹むのか??なんだかこわい。おじさんたちはドアを順調に付け替え、コンセントを差込み(中も見せてくれないで)、ルンルン&いそいそとソッコーで帰っていった。

確かに・・・新・冷蔵庫はとっても静か(爆)。
旧・ありょ家の冷蔵庫は、実はとってもうるさかった。チチが「前からそうだった、これが普通だ」というので「そんなものなのか」と思い込んでいたが(慣れって怖い)・・・病はかなり前からすすんでいたらしい(旧冷蔵庫(ありょ家にあったやつ)を修理してみようか・・・と裏を開けて、一目見て「無理!!!」だって。御臨終はホント間近だったらしいですー>S妻さま)。

まあ、それはよかった。
でも、チラッと見えた冷蔵庫の中が「決して奇麗でなかった」のが気になる・・・・。

!!!

・・・「遠くからチラッと見えて奇麗でなかった」ものが、間近でみて「奇麗」なわけはないのでありまして・・・(大泣き)。色々汚かったんだけど、致命的だったのは・・・・どうやら、冷蔵庫の一番上の段から「とまとそーす・ふぉんたん」をやったと思われ。一応は拭いたようなんだけど、「とまとそーす」がガラス棚の脇、側面、ありとあらゆるところに飛散。内部の部品や接続部分に「とまとそーす」が・・・・。でも、それだけじゃない(涙)。

ちょっとしたお化け屋敷より、背中が涼しくなりましたよ!
爆発してもいい(爆)、ワタシの冷蔵庫COME BACK====!!!


・・・・。

・・・・。


そんなことばっかり言っていてもしょうがない・・・大人ですから(涙)。
冷蔵庫と向き合わねば・・・結局、掃除しましたよ。おじさんがせっかく入れてくれた電源も抜いて、汚染された内部部品を全部ばらして、1点1点歯ブラシ&スポンジetc・・・で、チマチマ洗う作業。気が遠くなりそうでしたが・・・・2時間半ぐらいかけて、なんとか「旧・ありょ家冷蔵庫」程度には奇麗にしました。でも、とまとそーすだの、カビだの・・・正直ぞぞぞ・・・でした。

今までロシアで出会った「冷蔵庫たち」のなかで、はっきり言って最悪「汚染度」。こんな汚い冷蔵庫を貸し出さないでくれ!なんだか管理会社に「一言」言いたい気分・・・いえないけど(笑)日本人だからなー。
[PR]
by teachermakizo | 2010-03-26 22:34 | はは | Comments(6)
ありょ家、実は「家電製品がヤバイ」!です!!
ロシアという国自体まだ電気の供給が一定でなく、電圧が上下するため・・・・電球がバンバン切れます(1年保証・・・とか言う輸入品の電球でもダメ)。

で、今回、初めて台所のシンク上の電球が切れて、自力で替えようと思ったら・・・・むむむ???なんだか難しい造りで蓋が開かない・・・無理すると割れそう。ちっ。

続いて・・・最近変えたばかりの風呂場の電気が切れた。あー、また脚立借りてこないと。

しかも。
我が家の大黒柱のダイソン君。
時々割れた部品が落ちているのだが(冷や汗)。せめて帰任まで頑張って!

で。今一番深刻でヤバイ感じなのが


冷蔵庫


冷蔵庫だっていうのに、側面がやけどしそうに熱いんですが。
で、なんだか中があんまり冷えてないような・・・・。冷凍庫が特に顕著なような・・・・。

留守中に発火するのではないかと心配です。
ああ・・・!ボヤッキーちゃん(我がマンション専任の電気技師)に見てもらわないと。明日は外出予定なので、外出時に「金曜日に見に来て」ってお願いしようかな。

・・・金曜日まで頑張れ!冷蔵庫。
[PR]
土曜日の夜から2泊した「コドモタチの伯母さん」・・・が、モスクワへ帰って行きました。

帰りは、ロシア版新幹線?といわれる「サプサン」で。
サンクト-モスクワ間を所要時間:3時間45分~4時間15分(出発時間によって違う)で走行中。今はキャンペーン中なので、サンクト-モスクワ間の飛行機往復料金よりも若干安めなのだ。

伯母さん・・・を「まるでいない人」のように扱っていたコドモタチではありましたが・・・実はそれなりに「気を使っていた」ようで(笑)。伯母さんが帰るなり、オカアサン&コドモタチで「お腹を出して」夕方まで寝てしまいました(爆)。

明日から通常運転です。
[PR]
我が家のコドモタチの「伯母さん」とも言うべき(笑)、モスクワの友人が泊まりに来ておりまする。

前回(95年~)のモスクワ時代からのチチ&ははの友人で、コドモタチは「仔犬」の頃からのお付き合い。我が家に来るお客様のなかで一番「家族に近い」と思っているんじゃないかな?実際、我が家に宿泊する回数も一番多いし(笑)。

久しぶりに来たというのに、コドモタチ、最初ちょっと吼えただけでその後は全く無視状態(笑)。他人が家の中にいるのに、全く無視状態・・・っていうのは、コドモタチにとっては最高の「待遇」。それだけ「慣れてる」、「一緒の群れでも自然」ってことなんですヨ。

実際、「伯母さん」はコドモタチをあまりかまわないし嫌がることもしないので、安心できるみたいデス。


あ~、ただ、ろじは「伯母さん」の唇を常に狙っています(笑)。
オカアサンは口紅とかリップが嫌いなので唇に何も塗らないけど、「伯母さん」常に何か塗ってて「いい匂い~♪」みたい。暇さえあれば、狙っております(王子は全く無関心です)。
[PR]
by teachermakizo | 2010-03-20 19:23 | Alyosha | Comments(0)
ちちのブログをご覧の方はとっくに御存知かもしれませんが・・・今日は、かの有名な「エルミタージュ」美術館でイベントがありました。どんなイベントかというと、「エルミタージュ友の会」会員を対象に閉館後の美術館をガイドつきで案内してくれるというもの。テーマが細かく分かれており、興味のあるところに参加するのですが・・・我が家はマイナーもマイナー、興味がある人がいるのか?というテーマ「マラカイト(孔雀石)」に関するツアーに申し込みました。

孔雀石ってどんな石?といいますと・・・・

c0015041_4572795.jpg


こんな石。
緑色が大変奇麗な石で、硬度は低く(やわらかい)加工がしやすく、ロシアではウラル山地で大きなものが算出されたため、エルミタージュをはじめとするサンクトの多くの建築物内で装飾品や柱などに使われています。層ごとに濃淡がある特徴を生かして研磨するのが普通です(特に孔雀の羽の「目」のように見えるように研磨する方法が好まれています)。

で、意外なことに、我がグループは5人(チチ&ハハ以外にも人がいた)。
あれこれ面白い話や作品も見れて、大変面白かったです。何と言っても、夜の美術館はいい感じ。人も少なく静かだし、ゆっくり見れるし・・・いや~贅沢ですね。


で・・・。

エルミタージュ美術館って、今、現在でも広すぎて「見るのが疲れる」感じなのに、学芸員曰く、「まだまだまだ・・・・・てんこ盛りに修復待ちの美術品がいっぱい」なんだとか。一体どんだけあるんでしょうね?

恐るべし、エルミタージュ。
[PR]
by teachermakizo | 2010-03-18 22:49 | はは | Comments(0)
犬のオカアサン、今、悩んでおりまする。

何を?といいますと。
ティム=バートン監督の「Alice in wonderland」を見に行くかどうか・・・・。

犬のオカアサン、実はわりとよく映画を観る。ロシアは『著作権』が全く無視されている国なので、大抵は映画館ではなく、DVDになってから(安い)買ってみることがほとんど。でも、大抵は繰り返し見たくなるほどではない・・・最近。

映画館に足が向かないのは、一つに99%『ロシア語吹き替え』になってしまっているから・・・というのもある。長いこと英語から離れていたせいで、多分、今は英語で見るよりロシア語で観たほうが『理解は出来る』とは思う・・・・でも・・・・吹き替えじゃなくてオリジナルの音声で見たいよね?

YOUTUBEでロシア語版のトレイラーもみたけど・・・。
似た感じの声を当ててはいえるけど、やっぱりオリジナルがいい。

日本での公開は、ロシアから遅れること1ヶ月半(何で?)。
ベストの選択は、日本でDVDがでるのをまつ・・・・なんだろうな。なんといっても『日本語字幕』、または『サブタイトル』で鑑賞するのが一番よく分かるし。

となると・・・しばらく先になる。

で、悩むのである・・・・あうー。
[PR]
金曜日・・・来客を予定していたので、木曜の夜は、例のごとく『遠足症候群』で眠れず(どこまで緊張しやすいんだ!)。なので、昨日の夜、すごい早い時間に「睡魔ー(スイマーと読む)」が襲来、リビングの絨毯の上でゴロゴロしていたら・・・ちちが、突然


あ、王子、顔になんか出来てるよ!
結構でかいよ!



実質98%は夢の国に行っていたのに・・・眠気が吹っ飛びました!

顔の毛が伸びちゃっていて、埋まっていて気がつくのが遅れました・・・小豆大の大きさで炎症性の赤いぽっちり発見。・・・・いや~な感じ(涙)。以前、切除した顎の下の腫瘍(良性)とはまた違った感じ・・・こりゃ、明日病院でそのまま即行切除手術かも・・・とほほ。

ベットに入ってからもあれこれ考えてたら、眠れなくなりました。我が家の幸せの必要最低条件は、『王子&ろじがなんとか元気で過ごしていること』なんだなあ・・・。ここのところ平和だった気分が吹っ飛びました。


今朝。
病院のHPによると主治医の診察時間が10時から・・・ということで、行ったら、『11時過ぎないと来ない』とのお返事(HP直しておけ!)。犬猫の観察をしつつ・・・待つこと1時間。
c0015041_5575082.jpg


主治医登場。
c0015041_5581739.jpg


相変わらず、ぽわわわわ~ん♪な『動物のお医者さん』(笑)で、なんとも優しい雰囲気の持ち主。待たされたけど憎めなんだよねえ。で、すぐに診察へ。

あんまりにも嫌な感じの出来物だったので、即切除の場合もありえるかなあ・・・と、朝ごはんも食べさせないで行ったのだけど。本当に意外にも、

ん~。口の周りの皮膚の状態が悪いから(←唇にひだの多いコッカーに典型的な皮膚炎)、炎症性のものの可能性が高いよね。切らないで、2週間くらい『抗炎症剤』を塗って様子を見ましょう。


とのお返事。
目の調子も悪いので、悪化したときに飲ませる薬も処方してもらって帰りました。
うれしい想定外でした。まあ、誤診も多いから(笑)様子見ではありますが。

それにしても・・・王子は本当に色々出来るようになりました。
残念ですが、これも老化現象の一つなんでしょうね。早く気がついてあげたいものです。


追伸:センセー、コドモタチをカイグリしながら(特にろじが好き)、『お散歩ちゃんといってる?(ぽわわわ~ん)』。あまり行ってない・・・と答えたら、眉を軽くひそめながら『おうちだけでは不十分ですよ。お散歩行ってあげないと・・・・』と、やんわりとたしなめられました(反省)。多分、コート(毛)の感じで分かるんだろうなあ。さすが。

なので、病院から帰ってすぐにお散歩に行きました。
今日は、気温は低めでしたが良いお天気で・・・コドモタチ、とってもよく歩きました。

追伸2: あのー。今日も診察代を「請求されなかった」のですが(滝汗)。
[PR]
by teachermakizo | 2010-03-13 18:55 | Alyosha | Comments(6)