<   2009年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧

明日から9月ですね。

日本はどうだか分かりませんが、こちらはすっかり秋になってしまいました。
丁度微妙な気温で、薄着のヒトもいれば厚手のコートを着ているヒト(さすがに早い気がする)、ブーツをはいているヒトさえ見かけました。風がひんやりして、暑がりの王子が大好きな季節です。お散歩でも、この時期は結構歩きます(夏場は、虚弱体質なふり(笑)をするのが王子です)。

“Dog Cafe”なブログだったのに,最近は「人形の館」化しているといわれるのですが・・・・この歳のワンコに新しいことなぞ、そうは起こらないのですよ、皆様。

ありょ王子も、ろじも元気にしています。

困ったことに、王子にはポコポコと小さい出来物が出来るようになって・・・心配です。8歳過ぎて急に出来はじめました。元気は元気なんですが。

ろじは・・・・全く元気です!
うちに来たときからほとんど変わりません!
昨日、オカアサンの足の上を「爪を立てて」駆け抜けていき(超痛かった)叱られたのですが、急にチチのひざに乗って口元を舐めたりして・・・・「調子のいい次男」ぶりを発揮してました(笑)。甘えられたチチも複雑で、「こんなときばっかり・・・・」と渋い顔です(普段、ろじはオカアチャンべったりで、チチにはあまり興味がないのです)。無邪気(?なのか)でいい仔なのですが、歳相応に知恵はついております。10月に7歳(おおお!)になります。

ロシアの短い夏ももうおしまい。
現地人によれば、「残暑があるかも・・・」とのことですが、今年も暑い日がほとんどありませんでした。

我が家はクーラーがついてないのですが(暑くなったら、コドモタチのためにつけようと思っていた)、全く不要でした・・・・ほほほ。良かった良かった・・・得した気分。
[PR]
by teachermakizo | 2009-08-31 15:09 | Alyosha | Comments(6)
c0015041_2036114.jpg


「After」といってもほとんど変わらないのですが(汗)。劇的な変化がなくて申し訳ない。

油紙にモヘア?人毛?を縫いつけたウイッグ・・・多分オリジナルではなくて、イルミラさんの「あれこれ・ストック」からのチョイスかと思われる・・・・ですが、ナスチャほどではないけど「カチコチ」。毛が絡まってカチコチなのと、前持ち主がボンドかなんかを使用したようでカチコチな部分のMIX。ブラッシングできる状態じゃな下げだったけれど、「まてよ、犬用(笑)みたいな「荒いコーム」でやれば、多少梳けるかも??」。

とはいえ。

新しいウイッグじゃないし、毛玉もひどいし、無理して梳いたら毛が抜けるんじゃないかと思いましたが・・・意外に頑張ってくれました!カツラさんが頑張ってくれたのか、「A・コッカーの毛だまを梳き続けて8年」の豊かな経験がモノをいったのか?完全に櫛を通すのはさすがに無理でした(特に接着剤を使ったところは歯が立たなかった)が、まあそこそこには。髪の毛梳かしたら色が変わった(笑)、量も増えたし。埃が落ちたのと、塊の中にあった(比較的)綺麗な部分が現れたせいだと思われ。おお、びっくり。

新入りのGERMAN 赤毛さんが持ってきたお洋服とカーチャのネックレスを拝借しました。新入り赤毛さんとこの子は大きさがほとんど同じなので、お洋服の貸し借りが出来そうな感じです(とはいえ、お二人さんはお着替えがほとんどありませんが)。

先日、ウデールナヤのガラクタ市で買った「リス」君と、GERMAN赤毛ちゃんの前のママからいただいたお花とでパチリ。
[PR]
昨日、涙ながらに高額の税金を納めたとたん、EMS届きました(笑)。
中が心配だったのですが大丈夫でした。いや~、えらい高い買い物になってしまった。次回から「正直申告」は少し考えなければ。

内容物は・・・・お人形のお洋服を作っている方が「手放し」、私が「うちにおいで~」と向かえたドイツの小さな娘さん。

中継地だった友人宅で「厳重に厳重に」梱包されたおかげで五体満足ではあったのですが。それでなくても長旅なのに、途中、税関で足止めを5日間もくらって・・・・プチプチに包まれた娘さんは「長細く、カチコチ」になってました。おお、この姿は・・・・削る前の「鰹節」にそっくり(笑)。

軽くほぐしてステンドにたたせてみましたが・・・状況が飲み込めずパニクっていたので、しばらくそっとしておきました(今は落ち着いたようです)。

ああ!我が家の人形増殖もココまでなのか?
もう、ギュウギュウです・・・・・。

c0015041_21183424.jpg

※ナンシー姉妹&イワン君(+ニコライ君(未))は、上の「ちびっ子」棚に移動しました。
[PR]
何年か前、モスクワに住んでいたときに同じようなケースで(EMSが税関で引っかかった)税関まで足を運んだことがあったが、それはもう涙なくしては語れない苦労の連続。無事に荷物を受け取ったときは、うれしくて踊りだしそうなほどだったなあ(笑)。

あのときの苦労が頭をよぎり、「苦労を少しでも軽くするためには、朝一番で出かけなければ」というプレシャーで、昨日は眠れなかった(笑)。ワタシは何か翌日に「はずせないイベント」があると、眠れなくなっちゃうんだよねー、小心者だから。

あまりないとは思うけど、参考までに「EMSに課税された場合の手順」をまとめて見ませう。


まず、荷物が「何らかの事情で税関でひっかかる」と、課税される場合は「税関に出頭せよ」という封書が届く(EMSにご禁制の品が入っていた場合は、問答無用で送り返される)。

税関は、ポチウタムスカヤ通りにある「中央郵便局」にある。窓口は「18番」。窓口OPEN時間は曜日によって違うので注意。金曜日は閉まるのが早い。土日は休み。13時から14時までは「お昼休み」。

まずは出頭?し、何故荷物が通らないのか確認する。

窓口1つに職員1人なので・・・ひたすら並ぶ。でも、モスクワの税関より全然列も短いし・・・・モスクワに比べたら全然楽ですよ、奥様。ご安心を。窓口のオバサンはしっかり&ちゃきちゃきな有能なヒトで、ワタシの前のおじさんが「賄賂」で荷物を通してもらおうと、「賄賂払うよー、いくら欲しいのさ」とほのめかしてるのに「毅然と」断っていた・・・えらい!

で、荷物が課税されて通らない場合。
なんと、そこで支払うことも、最寄の銀行で払うことも出来ない。

この場合、所定の銀行まで行かないとならない。「メトロ・エレクトロシーラ」か、「メトロ・ペトログラーツカヤ」にある「エクスポルトナ-インポルトナ・銀行」のみ支払い可。税金だけでも多額なのに、窓口でも「手数料」と称してお金を取られる(笑)。クレジットカードでも支払い可だが、その場合は6%(5%?だったかな)増し・・・恐るべし。領収書をもらい、また「中央郵便局の窓口18番」に帰る。その場合、パスポート&レギストラーツイア(住居登録)のコピーが1部ずつ必要。

また列に並び、↑のコピーと領収書を提出し、書類を作ってもらって完了。

モスクワの場合、そのまま荷物を持って帰れるのだが、ここでは荷物の受け渡しはされない。近日中に、通常通りEMSで配達されるとのこと。


今回は列も短く、ヒトも少なく、受付のおばちゃんが有能で・・・・モスクワだったら1日じゃ終わらないところを半日で済ませられました。よかった~!もう次から?同じことが起こっても大丈夫だわ~(笑)。

=======

帰りに洋裁店にちょっとよって、SFBJちゃんの帽子用にリボンを購入。
さらに!手元にある布切れやら、ハギレやらを使って、「もうちょっと華やか」にしてみました。

帽子作りは面白い!帽子職人になろうかな(笑)。
[PR]
・・・・されるかもな~とは思っていました。

先日、初めて日本からお人形を送ってもらいました。
今までアメリカから小さい子は数回送ってもらったのですが、ある程度の大きさのある子を郵便で・・・というのはためらっていました。しか~し。イルミラさんも「小さい子(彼女の小さい子は30~40cm台を指す)は大丈夫。大きい子(60~70cm)は割れやすいから心配」といっていたし、毎度毎度手荷物で持ってきてもらうのも大変だし、今回は10月にEMAさんちから「ニコライ君」(随分と長いこと待機中)を連れてきてもらうので2体は・・・ということで、あえてチャレンジ。しっかり価格も正直申告し、万一に備え保険もかけてもらいました。

なんですが。

正直申告が災いしたのか、税関で引っかかっているようで・・・・今日、EMSに電話し、指示に従って「中央郵便局」の「サンクトペテルブルグ税関窓口」まで行ってきました。

で、判明したのが「課税されます」。

はいはい(覚悟してました)、で、いかほど?

申告金額の30%です

・・・・・・(唖然)。

ココの銀行で振り込んできてください(街に2つしかない銀行で、えらい遠い)。あ、ちなみに銀行の受付は16時までですから、明日にでも。で、支払ってからまたきてください。

・・・・・。
※ちなみに・・・・我が家から指定の銀行へ行き、その足で郵便局の税関で荷物を受け取るとなると・・・文字通り「1日仕事」に。このとき、明日の「荒波」が思い浮かんだのは言うまでもありませぬ。


ワタシの考えが甘かった・・・思ったよりず~~~~~っと高い!(涙)。
「犬のオトウサン銀行」に緊急&特別融資をお願いしてみるつもりですが・・・・いろんな悪事を告白しないとならないので色々微妙です(涙)。
[PR]
c0015041_2385351.jpg


イルミラさんのNET SHOPに掲載されていた我が「SFBJ」ちゃんのお写真。
実際には、「もうちょっとマシな靴下があった」ということで別の靴下を履き、比較的最近の靴でやってきました。お帽子は・・・・(笑)、写真で見るとそんなに変でもないのですが、上から見ると「驚きの構造」に。うまく説明できないのですが、紙テープをグルグル巻いて手を離すとちょっと緩んだ渦巻きになりますね?で、その状態で中心部分をつまんで持ち上げ「コーン」のような形にしたまま、糸でめちゃくちゃにとめた感じ。

c0015041_2315011.jpg

お帽子はいったん捨ててしまいましたが、ちちが「古いんだよね?何か別のものに作り直せないの?」というのでゴミ箱から拾って解体し、リボン(裂けたシルクだった)を新しい麦わらに再利用し、帽子部分はほどいて「ブレード」に戻しました・・・何かに使えるといいのだけど、ちょっと短いので・・・・。

↑うちに来るときに身に着けていたもの(洗濯済み)。帽子は、ワタシが今回手作りしたものです。スリップはとっても丁寧な手縫い。ボディは木製です。惜しいかな、足の一部に塗装のハゲがあります。

c0015041_2319326.jpg

スリップ姿。やっぱり、私が作ったスリップよりこの姿のほうがよいかも。


⇒続く
[PR]
朝のお仕事が終了し・・・いよいよ「お楽しみ」なお時間がやってまいりました!

まずは、お洗濯(本当はしないほうが良いんでしょうが、しかも大して綺麗にならない上に破けるし)。気をつけて手洗いしましたが、やっぱり生地や糸が弱っていて・・・・ちょっとほつれが出来ちゃった。

身に着けていたものをすべて洗ったので、先日手作りした下着セットを着せてみました。心配していましたが、ちゃんと着れました!でも、古い子には「新しい衣装」ってやっぱり違和感が・・・・人形自体は喜んでくれたのですが。

で、次は工作へ。

ワタクシ、人形のことは詳しくないんですが、この子の目・・・昔はスリープしてたんじゃないかと。まつ毛も「リアルまつ毛」(今は全然ない)で。今は固定目なんですが、石膏が随分新しいのでそんな気がするんです。人形に歴史アリ・・・しみじみ。どんな「歴史」なんでしょうね。

c0015041_0245046.jpg
c0015041_0252359.jpg


前回、ナスチャのペイトを作ったときの残り「IKEAのコルク鍋敷き」、またお役立ちでした(笑)。ちょっと固すぎるのが難点ですが、日本から取り寄せると時間もお金もかかるし・・・贅沢は敵だということで。ボンドで接着して、とりあえずマスキングテープで止めておきました。

ウイッグは・・・・これまた「えらいこと」になっていたので、やるだけやって、どうしてもダメだったら新しいのを・・・ということで。くしゃくしゃになった部分をなるべく元通りに「整えて」みましたら・・・なんとか「カワイイ風」にまとまりそう。ワタシテキにはこれで良いかも。

被ってきた麦わら帽子が(アンティークだという話だったのですが(汗))どうにもこうにもダメダメだったので、これを使うことはあきらめて「新しく」作りました。ここ最近立て続けにいくつも麦藁帽を編んでいたので、前より「早く上手」になりました!←自画自賛

靴のリボンは「アンティーク」演出するためか、ボロ布を使っていたのだけど・・・・これもポイ!同系のリボンにチェンジ。

新しいドレスがあったらよかったんだけど・・・・下着しか作ってなかったので、とりあえず着てきた服を着せて、いったん終了。帽子も麦わらに付ける飾りにつかえるものが全くないので・・・少し買わないとな~。

ま、とりあえず小奇麗になったようです。
なんていう名前にしようかなあ?(ケストナーちゃんも名無しのままだ・・・・)。
[PR]
by teachermakizo | 2009-08-21 19:16 | はは | Comments(12)
犬のオカアサン、ほとんど毎日暇と言っても過言でないのに・・・・どうして用事というのは狙い澄ました様に重なるんでしょうねぇ・・・・不思議でなりません。

今日は夕方に、アンティークドールのディーラーのイルミラさんと会う約束アリ。分割で購入したSFBJを受け取る用事だったのですが、せっかく会うんだからお茶でも・・・という話に。お人形を受け取るのもですが、おしゃべりが楽しみでルンルン(死語?)しておりましたら・・・・別の「楽しいお誘い」が!それも別の5つ★ホテルのAfternoon Teaへのお誘い・・・・何という魅力的なイベントでしょう。

しかし・・・この集いは15時からでイルミラさんとは17時から・・・・どうする?犬のオカアサン?


もちろん、両方参加しましたとも!

幸いにも集合場所がお互いに近かったので(歩いて20分)助かりましたが、それぞれ別の日だったらどっちも満喫できたのに・・・・お茶の飲みすぎでお腹がタプタプになりましたが。

イルミラさんとは、最近のE-BAYで出会ったトラブル、スーパーお金持ち(でも超嫌なやつ)な客の悪口で盛り上がりました(笑)。いやはや、お人形のディーラーも大変そう。人形に愛情がなければつらくもないんでしょうが・・・・。


================

さて、お待ちかねのSFBJですが。
とっても小さな(25cm)子で、首の後ろに「SFBJ」とその他薄くて読みずらい刻印があります。ボディはコンポジションではなくて木製。ソーニャたちとは違い手首にも関節がアリ。ボディの状態は年代を考えれば良好で、一部塗装?のハゲがありました(包まれていたプチプチに破片が落ちていたので、邪道かと思ったけど木工用ボンドで接着)

で、一番笑ったのが、ウイッグ!・・・・油紙みたいなのにモヘアが縫いつけてあるという・・・・しかも、ありょろじの毛玉よりもフェルト化しています。こりゃこまったな~。まあ、でも「ナスチャ」よりはマシそうですが(ナスチャのウイッグはどうしようもないので、SHOPに注文済)。

ペイトがなかったので、これはどうにかしましょう。犬のオカアサンに任せなさい。

イルミラさん曰く、ドレスはオリジナル・・・とのことだけど、どうだろう?少なくても沢山の人の手が入っているのは間違いなくて、あちこち繕われていました。

靴下&靴は、イルミラさんが手持ちのストックからそろえてくれたようで、前はゴムの伸びたような靴下姿だったのに、今日は靴を履いてました(もうちょっと良い靴がよかったな~(笑))


で、このままでキャビネットにGO・・・出来ないのが犬のオカアサンの悲しい性(涙)なのですが、ちちに

また(こんな夜中に)はじめるの????

と冷たく釘を刺されたので、今日のところは(無念ながら。でも絶対徹夜になっちゃうので)おとなしく就寝しました・・・・ALL OR NOTHING。最後までやれないなら、最初から着手しない・・・とね。明日のお楽しみです。
[PR]
by teachermakizo | 2009-08-20 18:42 | はは | Comments(0)
タイトルに「こうれいの」と打ち込んだら、「高齢の」と一番先に表示されて傷つきました(涙)。

「恒例の美容院」に行って来ました。
ホント、なんだか美容院とグレゴーリー兄さんのことばかり書いている気がしますよ・・・。1ヶ月ってほんと、あっという間。

今日の兄さん、沢山の商売道具を一列に並べてワタシを待っていたのに、「かみそり1本」だけで最初から最後まで仕上げる・・・という(滝汗)荒業を披露してくれました(「ひろう」と打ったら「疲労」と変換された・・・NICE!)。ワタシの生え際の白髪を「多い、多い」と連呼連発し(初めて気がついたわけであるまいに。怒)、全工程かけること4時間(汗)、しかも出来上がりがいつもとほとんど変わらないという(汗)・・・・彼曰く「今までで一番よく出来た」とか・・・。そうですか・・・・。昨晩、この日に備えて睡眠をいっぱい取っておいたので、意識は失いませんでしたが。

それにしても・・・ありょろじのカットでさえカミソリ(ナイフ)以外に鋏を使うというのに・・・・カミソリ一本とは。なんだか複雑な気持ちでしたが、仕上がりには文句はありません。素人目にはおかしくないんですよう、本当です(プロが見たら分かりませんが)。
[PR]
by teachermakizo | 2009-08-19 13:07 | はは | Comments(0)
8月で我が家のロシア生活も5年(正確には、ちちのロシア駐在が。私&コドモタチは半年後に合流)。まだ気配はないが(笑)帰任の辞令が出てもおかしくはないくらいの駐在期間になった。色々ぶちぶち書いてきたけど、犬のオカアサンはここでの生活が嫌いなわけじゃない(笑)。ただ、ありょろじのことを考えると、老化していくコドモタチによい治療を受けさせるのであれば、飼い主と獣医師がちゃんと意思疎通できる日本のほうが望ましいだろうと思う。ありょろじが元気なうちに(王子はこれでも元気といって良いのか・・・・)帰任できたら安心なのだが。

海外から日本に動物を輸入するためには、非常に時間がかかる。帰国が決まってからでは遅すぎる、あらかじめ用意しておかないとならないのだ。一番の山は「狂犬病の抗体検査&待機期間6ヶ月」。まず第一歩として・・・マイクロチップを入れ、狂犬病の予防接種を受ける。2回目の予防接種後採血(抗体が基準以上あるかどうか調べるため)⇒血清⇒検査機関に提出・・・という流れ。

我が家は2回目の予防接種を受けて1ヶ月経過したところまで来たので、次は採血。主治医スモーリン先生に聞いたところ、狂犬病抗体検査用血清作成はとある専門病院まで行かないとダメらしい(普通の病院ではやらない)。大体の住所とクリニックの名前を聞いてあったので、今日YANDEXで調べたら、住所も電話番号も分かった。今週&来週にでも連れて行って、採血を済ませてこようと思う(ロシアのAHTって「超採血がへた」な気がするのでさらに憂鬱)。

で、日本側の農林水産省の「動物検疫」のサイトで、「犬の輸入」項目を「実際に記入するつもり」で通読したけど。こっちの獣医師に不自由なロシア語であれこれ説明して、お願いするのかと思うとげっそり。モスクワだったら(有料&高額だけど)全部丸投げでやってくれる獣医師がいるのになぁ・・・・。

とにかく・・・おいていくわけにも行かないんだし、千里の道も一歩から・・・で、ちょっとづつやっていくしかない。
そもそも・・・ここに住んでいる人で犬/猫を連れて帰った人もいるんだし、やれば出来るはず・・・といって、自分を励ましてみたり。

==============

業務連絡>S妻さま。血清を作ってくれる動物病院がわかりました。住所&電話必要ですか?
[PR]