<   2009年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

モスクワ旅行記???が中途半端で終わっていますが、数少ない携帯の画像が取り出せないので・・・取り出せたら続きを書こうと思います。とはいっても、たいした話題も残ってないのですがね。

モスクワにいたとき、チチ&ワタシはよくイズマイロボのお土産市場に通っていました。犬のリョウシンの共通の趣味として「ロシアのアートな作品」収集があり、質を追求していくと、あんなに広く&屋台がいっぱいのイズマイロボでも「おさえなければいけない箇所」が限定されます。いまやその人たちとは顔なじみで、いく1ヶ月前には「○月○日にいくよ~」とメイルしておくと、当日には一通り作品がそろっている・・・という具合。まあ、結構楽しいのです。

そういう人たちの中で、何故か?&いつの間にか「仲良し」になってしまった芸術家の人がいます。

彼女の作品は本当にかわいく、キレイなのですが(作家さん本人も美貌の持ち主)・・・お値段が「かなりお手ごろでない」(笑)。みんな値段を聞いて・・・しばらく考えてやめちゃうか、もっと手ごろなものに切り替えてしまうほど。何回か彼女からマトリョーシカを購入して顔なじみになってから、急速に「愛される」(笑)ようになって・・・あれこれ、可愛がってもらっておりまする。
c0015041_482082.jpg

「ありょろじとロシアの四季」 By 美人作家シリーズ
c0015041_410689.jpg

「秋」だけ、2個目にろじが描かれています・・・・・。

今回も、彼女のスタンドにいくなり、「寒いだろう」といって「毛布状」なものをまきつけられ(汗)、「コーヒーを飲め」と強要され(トイレに行きたくなるので断ったのだが)、「菓子を食え」といってはチョコレートを、あれを喰えこれを喰えと強要され(笑)。一応、質問調で聞かれるのだが、結局のところそうしないとならないことになるのがいつも不思議。

その彼女が・・・・「犬のオカアサンにお願いがあるの」、とおっしゃる。

何かと聞いたら、どうもテレビで「日本のお雛様」を紹介したらしいのだが、彼女は「お雛さま「だけ」欲しい」という。お内裏様はいらんのか・・・ときいたのだが、あっても良いが、基本的にお雛様・・・だそうだ。お世話にもなってるし出来ないことでもないので(丁度、チチが4月下旬に一時帰国するし)、お引き受けいたしました。


で、今日(前置きが長かった・・・)、めぼしをつけていたお雛様のオークション最終日。日本人的には大きなクラッシックなお雛様よりも、木目込み人形かもっと簡単なものが好まれるのだろうが、彼女はおそらく「まさにクラッシックな」のが欲しいのだろうと思い、そういうのを探したら・・・・。ありました!それも・・・「お雛様だけ」。新品同様で、しかもお内裏様がいないので格安。ほ~ほほほ。

でも・・・。


お内裏様のいないお雛様ってなんか怖くないですか(爆)。
夜中に「チャイルドプレイ」みたいにフォークを持って襲い掛かられたらどうしよう。

もし、夜中に動くようなことがあったら、どっかのお寺の供養に持っていってください>ごま塩さん。

それにしても・・・お内裏様どこいっちゃったんでしょうかねぇ。お雛様は海を渡っちゃいますよ~。
[PR]
スモーリン先生から処方された目薬(3種:人間用)を指示されたように点眼しています。おかげで、なんだか少し回復してきたみたいです・・・・よかった。と同時に、犬のオカアサン、白状しないとなりません。

また悪い癖、「嫌なことから逃走症候群」で王子を危機にさらしてしまいました・・・。

王子の眼の調子がイマイチなこと、角膜に針でつついたような穴が出来ていること・・・先週から気づいていました。病院にいくのが嫌で(理由はたくさんありますが・・・一番の理由は「悪化している」といわれるのが怖くて)何とか自分の手持の何かでどうにかならんかとやったことが、結果的に潰瘍を大きくする結果になってしまいました。NETで角膜潰瘍を調べたところ、かなり深刻な病気で重症になると失明する・・・とのこと。

昔なら、気がついた時点ですぐに調べたはずなのに、ここのところのオカアサンはどうしたというのでしょうか。

王子に関する悪いニュースを聞きたくないという自己防衛の気持ちが強すぎて、肝心の王子の健康をおろそかにししてしまいました。結果的には、最後の最後で「逃走」せず病院に連れて行こうと決断し、実行できたことは本当に幸運だったとしか言いようがありません。もし、水曜日に行かず、土曜日にもいけず(チチが出張でいない)、来週の水曜日まで間違った薬を差し続けていたら・・・本当に冗談でなく「失明」していたかもしれません。そこまでいかずとも、かなり深刻なことになっていたでしょう。それも、白内障のせいではなく、飼い主の「怠慢」で。考えただけでもぞっとします・・・・。日本にいたころは、「心配性のありょ家」で動物病院では有名で、なにかあるとすぐに病院に駆け込んでいたのに。

言い訳はともかく・・・今回は寸でのところで、まだ光は感じられる王子の眼を救うことが出来、守護天使に感謝です。コドモの健康管理はオヤの役目。とはいえ・・・オカアサン、心が弱く、なかなか「嫌なことから逃走症候群」を克服できないでいます・・・・。

克服の一環として、まずは・・・・ありょたんの「狼爪」を切ってみました(笑)。
[PR]
by teachermakizo | 2009-02-27 20:26 | はは | Comments(6)
来月の婦人会の幹事が回ってきてしまったので、今日はめぼしをつけていたレストランで「試食会」。で、レストラン「T」に行くと、もう一人の幹事がこの寒空の中、外で待っているではありませんか。「なんで外で待ってるのかな~。中で待てばいいのに(律儀な人だなあ)」などと思っていたら・・・・。

レストラン「T」・・・入り口が滅茶苦茶(驚)。

丁度交差点の角にあるので、どうやら車が突っ込んだ模様・・・・(涙)。もちろん、今日は「T」での試食会は無理なので、他のカフェでおしゃべり&ご飯しましたが。いや~、こんなこともあるんですね。驚きました。


で、帰りに「(高いけど)品揃えのスーパー」に寄って、大根をたくさん買いました。何に使うかというと・・・・「炊飯器で作る大根餅」用であります。上新粉&大根さえあれば、超簡単です。美味しいし。レシピはこちら

ぜひ、お試しあれ。
[PR]
by teachermakizo | 2009-02-26 19:34 | はは | Comments(0)
ここのところ、王子の右眼の調子が良くなかった。

白内障で目が白くなっているというよりも(水晶体がにごっている)、むしろ、角膜が白濁しているかんじ。しかも、つい先週あたりに気がついたのだが、眼球の表面が「水面に水を1適たらしたようなかんじ」に見えた。最初はゴミでもついているのかと思って目薬をさしてやっていたのだが、数日経っても消えない。白濁も気になるし、角膜炎かとおもって目薬をこまめにさしていたのだが・・・・。

ありょおうじの主治医スモーリン先生は水、土しか診察しない。
しかも、チチは明日から出張で、土曜日の真夜中にしか帰ってこない・・・今日を逃すと、来週の水曜日になってしまうので、チチにお願いして病院に連れて行ってもらった。

待っている患者のほとんどが「スモーリン先生」狙いなので、結局、1時間以上待つことに。


診察の結果、やっぱり角膜に浅い潰瘍が出来ているということで、今までさしていた目薬は全面禁止。ワタシがこまめにさしていた目薬も「逆効果(穴が大きくなる)」とのことで、もし、今日受診しなかったらもっとひどくしてしまうところでした・・・ありょたん、素人考えはダメだったね、ごめんよ。

処方された目薬をさしていけば、10日くらいで潰瘍はなくなるとのこと。

で、いつものことながら、スモーリン先生は診察料をいわずに私たちを帰そうとするので、「いくらですか」とたずねたら・・・「君達は慢性疾患の患者だからね。いらないよ。遅くなってしまって申し訳なかった・・・早く帰りなさい」・・・だって。センセイ、人が良すぎるよ~!!!
[PR]
by teachermakizo | 2009-02-25 01:51 | Alyosha | Comments(2)
毎回モスクワに遊びに行くときは、日本から買出しに来る「ごま塩さん」の滞在に合わせています・・・。日本にほとんど帰らない(帰れない)我が家にとって、ごま塩さんが必要なGOODSを運んできてくれるのが本当にありがたく。特に、王子がこんなところでも何とか最低限の通院だけで生活していけてるのも、使い慣れた商品・薬を使い続けられているおかげです。感謝。

今回は「さらに」感謝。
な~んと!!!

とうとうソーニャに妹を迎えてしまいました♪
作家さんのSHOPで見たときから「♪」だったのですが、お値段が・・・・(涙)。レプリカですが、ビスクドールはお高いのです。で、一旦はあきらめたのですが、どの子を見ても「あの子は可愛かったなあ」と思いが募り。で、1月に不完全燃焼だった旅行で残った「お小遣い」と1月に寝込んだおかげで残った「生活費」を足したところ、憧れの「あのこ」資金の3分の2ぐらいがでそうな感じ・・・でしたので、作家さんに「あのこは残っていますか」とメイルしたのでした。

で、とんとん拍子に話は進み・・・・。

当初は(資金の関係上)4月下旬にチチが健康診断&仕事で一時帰国するときに「お迎え」しようと思っていたのですが、「あのこが待ってる!」と思うといてもたっても?いられず、チチに「高額無駄使い計画」を白状し、涙ながらに?足りない資金を「流用宣言」し・・・晴れて!今回のごま塩便に乗って遠路はるばるモスクワ→サンクトペテルブルクにやってきたのでした。
c0015041_20125940.jpg


で、先住人形ソーニャはあまりうれしくないみたい(ろじがきたときのありょと同じだ)。人形同士とはいえ、微妙な雰囲気なのがワタシでもわかる!

作家さんの素敵な衣装を着た「カーチャ」↑に対抗し、「ワタシ、着替えるっ!」(そのときはシンプルなワンピースをきていた)と申しましたので、犬のオカアサン、あわてて着替えさせ(汗)。その上、モスクワで受け取ったばかりの麦藁帽子に飾りをつけて、ソーニャ嬢にプレゼント・・・機嫌をとってみました。・・・・・・別々に飾りたかったのだけど、我が家の人形スペースは本棚の一角しか無理なので、「何とか話し合ってうまくやってくれ!」と嫁姑問題から逃げる婿のような心境でお二人さんを所定の場所に押し込んですごしております・・・。ははは。
c0015041_20233632.jpg


ソーニャVSカーチャ、ありょVSろじ・・・は、関係がそっくりです(笑)。


【雑談】
そういえば。今回はソーニャに「かつら」を買ってやったのです。
ソーニャを作った母がつけてくれた「カツラ」は、一応、人毛だったのですが中国製。中国製だから・・・というわけではないのですが(汗)、記載されたサイズはOKなのにつけてみるとなんだかキツイ。仮宿の主「ごましお」さんにもチチにも、「髪形が変」といわれ。帽子で押さえたり、ぬらしてみたりしたのですが・・・・根本的にキツクてずり上がってきてしまうので(ゴムで収縮性があるから)、ワタクシ、お人形専門店で「おフランス製」のを注文したのであります・・・。髪型や色は気に入っているので、同じようなのを注文したんですが。

いざ商品が届くと、少し色のトーンが明るい。
サイズはピッタリで、オカアサン(&ソーニャ)大喜び。これで「孫悟空の輪」みたいに頭がいたいこともあるまい・・・・。ただ、贅沢を言うと色がね。色が前の方がよかったの(涙)。まあ、しょうがないか。

あれ?今までかぶっていた「中国製カツラ」は?
(→日本に帰ったら、YAHOOオークションで安くで欲しい人に譲ろうと思っていた)

・・・・。まさか。

寝室に無残に落ちていた「中国製カツラ」・・・「落ち武者用」にリメイクされていました(号泣)。犯犬はいうまでもありません。
[PR]
あれだけの大故障があって・・・・なにも壊れてないわん♪♪と喜んでいたのだが、よくよく調べるとやっぱり色々ダメージが残っていた。

まず・・・。
自分のPCの液晶が壊れてしまっているので、チチのふる~い中古のPCを借りているのだが(チチの一時帰国時にNEWなものを買ってくれる予定♪)、それの充電器。本体は無事だったので文句は言えない。あれだけの負荷がかかって、部品だけの故障ですんだのだから感謝しなければなるまい。

とはいうものの。

こんなところで「型遅れ」PCの充電器なぞ見つかるのであろうか?
充電できなければ、本体は生きてても使えないではないか。

チチ曰く、「全く同じものは買えないが、ユニバーサル」を探そうという。
「ユニバーサル」とは・・・どんな機種にでも使える充電器だそう。で、ノートブック専門店をハシゴして、3件目で↑があった!これも奇跡だ・・・欲しいものが「たった3件のハシゴ」で見つかるとは・・・。犬ファミリー、ひょっとしてついている???


故障箇所、その2。

換気扇についている照明。
電球が切れたか・・・と、電球を交換してみた。替えてみてもダメなところをみると、中がいかれちゃったようだ。なんせテレビから煙が出るほどの「負荷」がかかったんだから無理もないか。またまたボヤッキーに来てもらわないとなるまい・・・スマヌ、ボヤッキー。(さっきジムでボヤッキーにあったので、事情を説明して来てもらおうとしたら、「自分で出来ないの?」と嫌がられた。出来ないから頼んでおるのじゃ!)

故障関係はここまでにして・・・・。

===================================

今回のモスクワは2泊3日。

金曜日には「行きつけ」の歯医者に予約を入れていたので、空港⇒ホテル⇒歯医者・・・のルートで大忙し。歯医者では「サンクトペテルブルクにも歯医者いるでしょ?いい歯医者いないの?」といわれるが、まあ、ついでだし、いままでの治療暦も分かっている「いきつけ」が安心。モスクワに来る用事がなくなったら、やっぱりサンクトペテルブルクで探さないといけないのだけど。そもそも・・・邦人は相当なことが起きない限り、ここの歯医者に行かない。感染が怖いのか、技術が怖いのかわからんのだが、我慢できるうちは我慢して、「一時帰国のときに日本の歯医者に」という人がほとんどだ。

個人的には、今の歯医者が気に入っている。

アメリカンな医師とロシアンな医師がいて選べるし(最近、アメリカンな医師の方が高いことに気がついた)、ロシアンな医師もアメリカで訓練を受けている(といっている)とかで上手だし。麻酔に関しては賛否両論あるだろうが(こっちの医者は山盛りに麻酔を使う)、ワタシ的には痛いよりはありがたい気がする(コドモのころの歯医者は拷問だった)。とにもかくにも・・・4ヶ月に1回の定期健診&クリーニングは欠かせないのだ!


歯医者が終わると・・・・お買い物に行ったり、友人に会ったり・・・自由時間満喫だ!

まずは・・・旧アルバート通りのスタバへ。
出来た当時はラッシュアワー時の地下鉄??ってくらい混んでいたスタバも、同じ通りに2件できて時間も経過したせいか、随分と落ち着いた感じ。それにしても・・・OPENしてさして経たないのに家具の傷みが激しいのう。なんだか。

スタバでコーヒーを頼むと名前を聞かれるのだが、馬鹿正直に「○○○」と答えても何度も聞きなおされるのがおちなので、私にはスタバ用の名前がある。

マーシャ

↑と名乗ると、店員がちょっとひるむのがおかしい。
「マーシャ」・・・とは、「マリア」の愛称でロシア人では超メジャーなのだが。どう見てもワタシ、ロシア人には見えなよね(若かりしころ、誤って髪をみかんのようなオレンジに染めたときは「何人か分からない」といわれたものだ)。旧ソ連同胞国家の出身とも思えない・・・ロシア語変だから。「マーシャ」はいつもスタバ用(笑)。名乗るのがいつも楽しみだ。


長くなったので、明日へ続く→
[PR]
チチが何もかも振り切って帰宅してくれたおかげで、とりあえず、修理の人には来て貰えた。(結果的には、コドモタチもうれしかったし、よかった)。

見てはもらえたのだが、あまりの惨劇に「何が悪くてこうなったのか分からん(おてあげじゃ)」といわれ・・・何とかしてくれ・・・となきついたところ、お友達にHELP CALL。で、若いお友達と夜遅くまで、あれこれやってくれたそう。

故障箇所は、配電盤の中。オソロシイ・・・。

そういわれてみれば、電化製品を使っているとき、時々玄関先が焦げ臭かった。
でも、どこが焦げてるのか分からず、電化製品も大丈夫だったし、時々だったので、気にはなっていたけど修理を呼ぶのも難しいと思っていた。そっか~、配電盤のウラとは。

それにしても、家電製品が生きていたのが奇跡だ。驚くなかれ、煙の出た液晶テレビも生きていた!(←もう捨てる気でいたので、ボヤッキーに「つけてみろ」といわれたときに、「危ないから」と断ったくらい)素晴らしい!その上、長いことアンタッチャブルだった冷凍庫の霜(笑)取りもできたし、結果的にはよかった(爆)のか。

チチ、金曜日の遅くまで頑張ってくれた修理のおじさん&お兄さんにこっそりチップ(マンションの管理会社払いだから、何も払わなくてよかったんだけど)をあげたら、随分喜んでだそうな。あげた500R、なにに使うのかな。
[PR]
前日も良く眠れたし、「コドモタチを置いていきたくない病」(分離不安ともいう)も軽いし、ちゃんと早起きできたし・・・・モスクワ行く朝は「いつもよりスムース」に思われた。

のだが。

我が家の、いや、私の「マーフィーの法則」はまだ生きていた!


コドモタチにご飯を作っていたところ、突然、ガスのボイラーのランプが点滅しているのに気がついた。読者はご存知だと思いますが、我が家は完全ガス化されているのでボイラーがダメになると大変困ったことに。何度も電源を切ったりいれたりしてみたが、なんだかダメみたい・・・・。外はそんなに寒くはないとはいっても、-気温だし、チチは仕事の関係でお客様がきているので早めの帰宅は無理。私はもちろんモスクワだし・・・。まあ、暖房はなくとも「毛」は生えてるし、室内だから大丈夫であろう・・・・。

そんなことを考えながら食洗機のスイッチを入れたら・・・・

何か起こった!

で、レンジの電気、ボイラーの電気・・・・台所の電気関係が全ていかれた。

「冷蔵庫は大丈夫みたい」・・・などと安堵していたら、急に冷蔵庫も死んだ。
照明はついているが、部屋中全てのコンセントが死んだ・・・・。

・・・・・。


やめればいいのに、チチが配電盤をいじってスイッチを入切していたら、一瞬回復したように見えたが、テレビから煙がでて電源がまた落ちた。ち~ん、ご愁傷様。買ってから2年しかたっていない薄型テレビ・・・この手のトラブルに慣れているわれわれも、さすがにテレビの死亡は悲しかった(笑えなかった・・・・)。ウウウ。


こんな日に限って、我が家には誰もいない。
修理に来て貰う場合でも、家が不在ではどうしようもない。

チチは日本からのお客さんのアテンドで、会社を休むのも無理、早く帰ってくるのも無理。

ハハは、今日からモスクワ。ホテルも予約済み。今回はスペシャルプロモーション予約だったので、全額前払いしてあって、キャンセルしても1円も、もとい1カペイカも戻ってこない。

ロシアは明日から3連休で、今日を逃した場合、このマンションのマスチェル(修理の職人)も火曜日にならないと来ない。さすがに4日も暖房が切れていたら、部屋も凍りついてしまうだろう。

まあ、良かったことといえば、冷凍庫の中身はベランダに出しておけばOK・・・ということくらいか。



何故、今日なのか?今日でなければどうにか出来たかもしれないのに。
あまりの間の悪さに思わず、犬のオトウサン&オカアサン、笑いが止まりませんでした。


【結局】

修理のマスチェルが18時までしかいない・・・ということで、チチが頑張ってなんとか18時までに帰ってくることで何とか修理してもらえることに。

オカアサン、モスクワに行ってきま~~~~~す♪
[PR]
金曜日からモスクワに行ってきます!

超不完全燃焼だった日本帰国のリベンジ・・・というわけではありませんが(笑)、モスクワに2泊3日です。ホテルも少々奮発(それもこれも円高のおかげ・・・ありがたや)。それに。。。日本からソーニャのNEW妹がやってくるんですよ、皆様。ああ、ホテルで一人、人形と遊ぶ40近い女・・・チチに怖いっていわれた。確かに。言い訳じゃないですけど、とっても可愛いんですよう。

冗談はともかく。

金曜の昼ごろにモスクワに着き、悲しいかな、そのまま歯医者に直行いたします。もちろん、サンクトペテルブルクに歯医者はいますが、慣れ親しんだクリニックの方が安心だし・・・。

クリーニング&その他がおわったら、アルバートのスタバにでもいこうかしら~♪(なんでサンクトペテルブルクにはスタバがないのかしら)夢ばかりが膨らむ犬のオカアサンでした!

買い物するぞ~!
[PR]
by teachermakizo | 2009-02-18 22:57 | はは | Comments(2)
奥様!奥様!

今、どれぐらい円高&ルーブル安かといいますと・・・・一時、1R=4.5円、現在は 1R=2.7円くらいでございますよ。

昨日出したクリーニング。

ロングコートが1枚 580R、ショートコートが 1枚 500R。
日本円換算だと、ピーク時:ロングコート 2746円(高っ!) ショート 2350円。邦人の奥様方が「ここのクリーニングは高すぎて出す気がなくなる」とこぼすのも無理はない金額でありましょう。しかし!今のレートだと、1566円と1350円・・・高いことは高いが、まあ許せるかなという金額に。まさに、日本の皆さん、WELCOMEでございますね。


そんななか・・・もうすぐ3月8日がやってまいります。
日本には全く縁のない祝日ですが、ロシアではとっても大事な楽しい祝日「国際婦人デー」。この日は、男性から女性に贈り物をする日。バレンタインデーと違うのは、「好きな人限定であげる」のではなく、職場や友人など身近な女性に感謝して?贈り物をするのでございます。お菓子やお花が多いかな。毎年、我が家は会社の女の子たちや知人女性に簡単なプレゼントを用意しています。用意するのはワタクシ(お財布はチチ)、あげるのはチチ。センスの良い贈り物を差し上げると、チチの株が上がるのでございます。これこそ内助の功・・・・でございますね。浪費するだけがワタシの存在価値ではないのであります。

しかし。

とはいえ、そこはそれ(なぞ)。
円高&ルーブル安ですので、ワタクシも早いところ?もらえるものは頂戴したい。
「内助の功」先払い(爆)。
c0015041_20314353.jpg

作家さん手作りのヴィクトリアンな猫のカップル。
小さいながらも繊細な作品で素敵ですよね。
今じゃないととても無理なお値段でしたが、ほほほ、「3月8日のプレゼント」として強奪いたしました♪
[PR]