<   2008年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧

なんですよう、王子の爪きり。

以前、「王子の爪は鑢で」と書いたと思うのですが、気がついてみたら、ちょっとやそっと鑢で削ったぐらいではどうにもならんほど伸びてしまい(←オカアサン怠慢)。イーラさんがトリミングに来るから、イーラさんに押し付けちゃえ(←オカアサン無責任)・・・と思っていたのですがね。

イーラさん、爪きり忘れて、やらんでごまかそうとした(怒)。

イヤイヤ、それは困りますよう・・・といって、我が家の爪切りをお貸ししたのですが。

ありょだけ切って、ろじ切り忘れ(・・・わざとじゃないのか?笑。まあ、ろじはワタシが自分で切れるからよしとしよう。)

ありょたんの爪はどれぐらいまで短く切れるのかな・・・と見てみたら。いや~ん、イーラさん、ありょの狼爪を切ってくれてなかった。王子の前足には、両方とも狼爪があって、散歩で自然に削れるほかの爪とは違って、意識してちゃんと切らないと伸びて危ないのだ。しかも、この爪、ぐらぐらしてて鑢では削りにくいし。

で、久しぶりにチャレンジ、王子の爪きり!

不幸中の幸いにも、王子は眼が不自由なので「爪きり」を持って近づいても気がつかない。・・・ポイントは「時間をかけて切らない」。丁寧&慎重にやっていると、さすがの王子も「爪きりかっ!」と身を硬くし、う”う”~っとなるので。さささっとね。

で、かなり短く「狼爪」カットに成功!王子、ほとんど気がつかず、怒る暇なし。

爪切りはスピードが命だね!今日のオカアサン、GOOD JOBでした(満足)。
[PR]
by teachermakizo | 2008-07-30 20:03 | Alyosha | Comments(8)
8月がもうすぐそこまでやってきましたね。
こちらでも、そろそろ皆さん夏休みに入るみたいです。我が家も、来週1週間は「夏休み」だそうですよ(本来なら2週間休めるはずなのに、1人事務所(+現地スタッフ)は長くは留守に出来ないそうな。不公平だ、ぶ~ぶ~)。

海外に駐在している邦人にとって、「ロシア脱出できる夏休み」は本当に待ち遠しい行事。特に、夏は日本に帰るには「暑すぎる」し、やっぱり日本からは行きにくい外国へ出かけることが多いみたいですよ。

し・か・し。

ありょ家は年始に引き続き、この夏もお家で夏休みです。
だってコドモタチがいますものね、どこにもいけないです。
あ~あ、犬のオカアサンも旅行に行きたいなぁ・・・と思わないこともないです、正直。

というか、正確には「どこにもいけない」わけではないか。
以前、ロシアの動物病院には「入院施設」や「ホテル」がないと書きましたが、最近は(街中ではなく郊外のほうに)「犬を預かってくれる」ところもわずかながら出てきた(現実にはどんな人が、どんな風にやっているのか不明。怖い)、スモーリン先生の病院には「ホテル」施設があり、頼めば預かってくれます(滞在中に各種健康診断も(頼んでないのに)してくれるそうな)。なので、ど~~~~~しても行きたければ、「コドモタチを預けて」行けないことはない??でもねぇ・・・・ちょっと考えただけでも、やっぱり我が家には無理(笑)。

コドモタチに我慢してもらって行く旅行がそんなに楽しいかどうか・・・かなり疑問だし(旅先でもきっとジリジリ,早く帰りたくなるに違いなし)、そこまでしていく旅行に価値あるのかなって。留守中に何か起こったら、多分悔やんでも悔やみきれないだろうし(学生さんが一時帰国するのに犬を人に預けたら、売られちゃった(爆)って話も・・・まあ、10年以上昔の話だけど)。

だから、正確には「いけない」ではなく、「行かない」が正しいのかな、我が家は。

犬を理由に、毎年どこにも行かない我が家を周囲の人は「かわいそう」とか「大変」とか、人によっては「変わってる(犬に入れ込みすぎ)」って思うみたい。まあ、周囲がどう思おうといいのです・・・・犬飼と非犬飼の間には越えられない溝があるわけだから。

でもね、駐在生活で犬がいるということで「旅行にいけない」以外のマイナスは意外にたくさんあるんですよ、ぶっちゃけ。たとえば我が家の場合、駐在員の権利として保障されている「一時帰国制度」も「健康診断帰国」も「入国&出国共に夫婦一緒」が条件のために使えません(一緒に帰国すれば会社もちなのに、別々だと自己負担(涙)。夫婦だけなら選択肢が広い物件探しも、犬が2頭一緒となると一苦労とか。

なので・・・・いとも気軽に「寂しいから犬でも飼おうかしら」なんて言われるのは嫌だし、必ず「簡単じゃないです。我慢したり、犠牲にしないといけないこともいっぱいありますよ」とお話しするようにしています。もちろん、「犬と生活を共にする」ことで得られることは計り知れないほど大きいです・・・・が、そこに「現実的な目先の楽しみと引き換えてもかまわない」ほどの価値を見出すかどうかは本当に個人の価値観次第。ただ「目先の楽しみの一環」として、犬を飼うのはお互いに不幸なのでやめてほしいと切に思います。

なので・・・犬を家族にするということは「いい」とか「悪い」とか一言じゃ言い表せない、うんうん。


そんなサンクトペテルブルク引きこもりの「ありょ家」ですが・・・・・来年の夏は検疫書類をきちんとそろえて、家族一緒に車でフィンランドにチャレンジしたいとおもっておりますぞ(今年はチチの国際免許証がなかったので断念)。乞うご期待。
[PR]
by teachermakizo | 2008-07-29 18:05 | はは | Comments(2)
まさかこの時期に「仁義なき戦い」に突入するとは思わなかった・・・・。
ま、相手に仁義もへったくれもありませんが。

去年の7月31日に引っ越してきたのだけど、その頃も蚊がすごかった。暑いのに窓も開けられない(網戸がついてなかったから)。で、即効で注文したのに出来上がりが2週間後。その頃には窓を開ける必要がないほど涼しくなっていたという・・・悲劇。

で、今年ですが。

網戸ついてるのに「蚊がすごいです」

一晩に5-6匹捕まえますよ(息が苦しく、眼が痛くなりそうなほど蚊取り線香たいてるのに)。耳元でブンブンうるさくて、「殺意」で何度も眼が覚めます(涙)。で、ハエ叩きで戦う・・・の繰り返し。もう,嫌っ!ほかの方々に聞いてみたら、どうもそれほど蚊で悩んでないみたい。やっぱり、公園(沼あり)の隣のロケーションゆえ・・・蚊大量発生みたい。

網戸は日本みたいにはめ込み&スライド式ではなく、「外付け」なので、窓枠が適当でゆがんでいるためかどうしても隙間がある・・・・でも、こんな隙間から入ってくるかなあ?それとも網をくぐってきてるんだろうか?日本の蚊よりは大きいのに。

とにもかくにも、朝起きると人間&犬とも蚊取り線香で「燻製」状態。トリミングして可愛くなったコドモタチも、すっかり「蚊取り線香」のカホリ。日本から持ってきた「動物にもやさしい」蚊取り線香はロシアの蚊には効果がないみたい(涙)。

ああ、朝までぐっすり寝たい。
[PR]
ははは。
昨日、3ヶ月ぶりのトリミングって書いたけど、よく数えたら、ほぼ4ヶ月ぶり(滝汗)。前回が4月6日だったから・・・・。はっ、はっ、はっ(笑)。

今日はイーラさんの希望で、なんと「ろじ」からスタートでした。
ろじが来てから一度も、王子より先にろじから何かしたことはなかったのですがねぇ。「ボクは後で~♪」だと思っていたろじのショックも大きかったですが、王子もかなり動揺してましたよ。トリミングは嫌だけど・・・ろじから先になったのが嫌だったみたいで・・・オロオロしてました。長男の心は複雑です。ま、イーラさんにしたら、先に「大暴れ」の王子からやると疲労度が高いから、簡単なほうから・・・という気持ちだったのでしょうが。

そんな「ショックな出来事」があったせいかどうかわかりませんが、いつも歯をムキムキ&ガウガウ、大暴れのありょ王子は、今日は「比較的」良い仔だったらしく(ありょがトリムの間にワタクシ、ジムに逃走。悪い仔の王子をみるのがつらいから・・・弱い母を許せ)、イーラさんも驚いてました(驚かれるのが悲しいね)。ま、多少暴れて、足先から流血(またもや謝罪なし)はしょうがないのかな、まあたいした傷でもなかったし。

この4ヶ月・・・ワタシもしばしば毛を切ったり、足裏や爪を切ってやってはいたけど、トリム後、コドモタチ、大きさが3分の2程度に縮んでました(笑)。もじゃもじゃも悪くないけど(言い訳気味)?、やっぱりスッキリ綺麗にトリミングされているコドモタチのほうが可愛い・・・とシミジミ思ったオカアサンでした(次こそ、早めにトリムの予約を入れよう)。

写真は近々にUPします。
[PR]
by teachermakizo | 2008-07-27 21:50 | Alyosha | Comments(4)
洗って・・・・
c0015041_20125539.jpg

c0015041_21553861.jpg


            乾かして・・・・
c0015041_21565742.jpg


3ヶ月ぶりのトリミングに備えました・・・・(汗)。
[PR]
by teachermakizo | 2008-07-26 20:08 | Alyosha | Comments(0)
ネタがないので古い話になりますが。

今の犬のオカアサンの趣味は「オークションめぐり」です。
日本のヤフオクも好きですが、米のE-Bayなんかもチェックしてます。

そこで問題になるのが「郵便」。

日本でも役所的なところ(日本の場合、郵便局も民営化されましたが)・・・たとえば市役所とか、郵便局とか・・・そういったところは「一般」のところより「なってない」ことが多いですが、ロシアも「国営機関」は依然としてソビエトのカホリ・・・「なってなさ」加減は半端じゃないです。まずは「ズベルバンク」(国営銀行)、後は郵便局ね。

郵便局のスタッフは、大抵か~な~り高齢のおばあさん、オバサンが90%(笑)。「機会大丈夫???」って感じの年代。その上、感じ悪いことこの上なし。

そんなことはまあ以前にも書いたのですが。

通常、オークションで落札できたものは日本に送ってもらっていますが、時に「ロシアに送ってもよい」といってくださる親切な方もおり・・・そういう場合は、必ず「EMS」(またはそれに順ずる方法。追跡できて、保険を必ず)。この「EMS」だって、今こそちゃんと届くようになりましたが、以前は「中味がない」「抜かれる」など珍しくなく・・・・お菓子なんかは封まで開けられ「試食されてた」なんて話も(笑)。そもそも、追跡できなかったし。理論上は「追跡できるはず」のEMSも、ロシア国内に入ると突然「追跡不可能」になるわけで。

そんなEMSも、今は追跡できますよ♪素晴らしい。

でも・・・EMSは高い。

日本からロシアはそうでもないですが、逆はかなり高い。アメリカからロシアへのEMSも安くありません。中味が「小さい、軽いもの」だった場合・・・なんとか送料を安くしたい!と思うのが人情。

で、先日、アメリカからの小型包装物(中味はブローチ1個)をEMS以外で信用できそうな方法で送ってもらったのですが・・・・(送り主さんによれば、追跡番号はないけれど「速達扱い」で完全手渡し。紛失破損の場合$50程度の保障もあるとか)。

届きません(汗)。

で、送り主さんがアメリカの郵便局で詳細を確認したところ、「この送付方法だと、ほとんどの送り先では荷物がどこまで行っているか調べられるが、ロシアは出来ない」「保険はもっと大きいサイズから適用」・・・とのことで、当初とかなり話が違う・・・・っていうか、ほとんど「普通郵便」状態で発送されていることが判明。

こりゃ無くなったな。

3ヵ月半経過。
送り主も私もあきらめたころ・・・・送り主さんからメイルが。

荷物が帰ってきた!

・・・ただし。袋だけね(爆)。袋は引きちぎられ、中身なし(そんななら袋も返してくれなくてよかったのに)ぺらぺらと封筒だけが帰ってきたとのこと。

アメリカを出発するところまで無事は確認できているので、盗難はロシア国内で間違いない。袋だけ持ってきた郵便局の職員も大変な驚きとショックを受けていたそうで(笑)。

中味はあきらめていたのでいいとしても。
袋引きちぎり?はぁ~、野蛮だ。野蛮すぎる!

そう考えると、普通郵便でも大抵はちゃんと届く先進国の郵便とか、日本の宅急便とかが「輝いて」見えますよ。本当です。
[PR]
ワタシの誕生日の翌日は「ありょ我が家にやってきた記念日」。
2001年の今日、王子は「BB」(ペットショップ)横浜店から我が家にやってきました。「セール」の赤札がつき。生後2ヵ月半だったのに早くもセール品でした。

あれから7年。月日の経過は早いモンですねえ。

あのころ犬のことはな~~~んも知らずに飼っていた猫と同じような感覚で、王子を衝動買い。

王子は「BB」って書いてある小さな段ボール箱に入れられ・・・1週間はゲージから出しちゃいけません!という店員の言いつけをよく守った?おかげでオカアサンはノイローゼに。今から考えたら、「あんた犬飼う資格なし」というほどの馬鹿ぷり。ホント、無知って罪深いね。

亡き亀吉君(前回の駐在時に飼っていた亀。日本に連れてきたら死んじゃった)が縁で知った動物病院に健康診断に連れて行ったら、院長に

コッカーは本当に可愛い犬だけれど、病気が多い犬種ですよ。これから覚悟してくださいね

って言われ・・・チチと「ムンクの叫び」状態。
そのときは吃驚したけど、院長に「ふわふわ浮かれ頭」を覚ましてもらって本当によかった。実際、その後続々と病気てんこ盛りだったからねえ。次々と起こる病気をたたくのに必死な毎日だったっけ。飼い主の注意の欠如から、いたづらから誤飲事故をおこして何度か夜中に病院・・・ってことも。

その後、しつけ教室の先生やスタッフと出会ったり、色んなコッカーの飼い主さんとであったり。色々あったなあ。メルママのお家から「三毛犬ろじ」が来て、子犬相手に1ヵ月半もいじめたっけね(笑)。2005年には一緒に日本を離れる!という大変な出来事も。

7年、早かったけど、やっぱり色々あったな。

王子の犬生、多分折り返し地点を過ぎてると思うし、後どれぐらい一緒にいれるか分からないけど・・・・冷静に見て後半は色々つらいことが多くなって来るんだろうな。でも、楽しめるときは楽しんで、いっぱい楽しい思い出を作っていこうね。

・・・で。ありょが来た日は覚えているのだが、ろじが来たのはいつだったけねえ?>メルママ。
[PR]
by teachermakizo | 2008-07-21 17:57 | Alyosha | Comments(8)
ほほほ。
今日はワタクシ、お誕生日でございましたのよ。
ワタクシぐらいの「お歳」になりますと、『誕生日なんてうれしくない』とおっしゃる方が多いですが・・・でもやっぱり無事に元気で一つ年を重ねられた!というのはありがたいことですよね、うんうん。

c0015041_2132625.gif


なのに・・・・なんだか不吉。

明け方から「バケツの水をひっくり返したような大雨」・・・・うっ。
カフェ「S」に大好きなケーキを買いに行ったら「今日は作りません」・・・・うっ×2。
14のときから文通していたお友達・・・今まで一度も誕生日にメッセージを忘れたことなかったのに・・・・やっぱり結婚して、オトウサンになっちゃったからかなあ・・・はじめて誕生日にメッセージが届かなかった・・・・ううううっ×3。

その上・・・昨日、ガラスギャラリーで「買うか買わないか」で迷った「猫の花瓶」。今日のディナーを質素にする代わりに買ってよい・・・ということになって、超ダッシュで買いに行ったら・・・・ない!!!ないよ、ないよ!なんで???昨日見てから24Hもたってないのにっ!お店の人に聞いたら、「昨日売れちゃったわ」・・・・・が~~~~~ん(号泣)。もう駄目だ・・・記念すべき誕生日だというのにこうもついてないとは・・・。

あまりにもつきに見放されているようなので、質素なディナーはやめて「やけ食い」(爆)決定。レストランのサンデーブランチに変更。大雨、土砂降りの中、ヨレヨレと行ってみたら、最初から最期まで・・・客、私たちだけ(汗)。おいしかったけど、なんだか寂しかったな・・・・。オカアサンのこの1年、大丈夫?・・・なんだか心配。
c0015041_2146523.jpg

[PR]
by teachermakizo | 2008-07-20 21:29 | はは | Comments(6)
ろじは良く分からん・・・・。

昨日散歩に行ったら、大きさもお脳も(笑)ろじにふさわしい仔と遭遇した。

。。。。5ヶ月くらいのMIXの子犬(笑)なんですが。
と~っても良い仔で陽気な仔。で、ろじと遊んであげてもよい・・・といってくれた。

最初・・・遠めでその仔を見かけたろじは文字通り「すっとんで」挨拶にいったのだが、(珍しく)相手がスルーしないとなったら、急に

モジモジ・・・・・。
モジモジ・・・・・。

おかしいぐらいに「はにかみ」だして、挙句の果てには

ママ~!!!

大口開けて笑いながら、なんだかうれしそうにワタシに駆け寄ってくる。何故?

お尻を押して「遊んどいて」と連れて行くと、ちょっと遊ぶんだけど・・・・またすぐに

ママ~!

って同じことを延々と。で、相手の仔があきれて「もう遊ばない」って帰っちゃった。ごめんね、せっかくプレイ・バウして誘ってくれていたのにね。

で・・・・今日。
夕方、別な公園に行き、そこでも珍しく何頭か「遊んでもいいよ」と奇特な?ことを言ってくれたワンコさんたちがいたのに・・・・またなんだかモジモジ君で全然駄目。何をモジモジ恥ずかしがっているのか?挨拶するまでは元気よし・・・なのに、いざ!となると「ママ、ボクの代わりに遊んでいいよ」ってなっちゃうのはなんでなの?しかも、何故にニコニコうれしそうなのか?

いつもいつもスルーされてたから、いざ相手にしてくれたらどうしたらいいか分かんなくなっちゃったのかなぁ。

良く分からん・・・・。
[PR]
by teachermakizo | 2008-07-19 14:33 | Rodya | Comments(4)
冗談ではありんせん。本当です。
c0015041_33371.jpg


コドモタチのご飯は作っておりますが、ここの食材は本当に限られており、どうにもこうにもワンパターンになりがち。なので、時々「市販品」の力も・・・もし「手作り」に足りないものがあっても、時々の「市販品」で摂取できるかと・・・気休めなんですが。で、その市販品のひとつが「YARRAH」。

でも、ここ数ヶ月切らしてる。
モスクワに行く度に、ワタシもチチも探し回っているのに。

原因は・・・いつもこのフードを買っていた店が閉まっているから・・・・なんでも「大家とテナント料金で揉めて、大家が勝手に電源きっちゃった」(爆)。相変わらずやることが大雑把だ。

困った。

輸入元HPには「取扱店」とかいっていっぱい店が列挙されているのに、行ってみたら「なかった」「品切れ」・・・いい加減にしろって感じ。こんな調子だと、申し訳なさ過ぎてモスクワの友人に「買いに行ってくれ」ともいえない(無駄足になるかもしれないものね)。仕方なく輸入元に電話したら、そこでも切らしてるって言うし(しかも、入荷したら電話くれるって言ってたのに、電話なんかこないし)。

困ったオカアサン&コドモタチに天の助け!

チチ、ドイツに出張。ドイツ!

「YARRAH」はエコフードなので、エコの観点で進んでいるドイツでは比較的扱いがある。しかも、チチのいく都市に扱っている店が2軒もある(HPで調べた)!

時間があるのないの、仕事で行くのにドライを2袋も買ってくると帰りの荷物が・・・・とブチブチなチチに住所のメモをねじ込み・・・今日旅立って行きました。

ああ、ほしいフードを買うのも一苦労(涙)。そう考えると、日本って本当に素晴らしい。


追伸:先ほどメイルがあって、無事にフード買えたみたい。コドモタチ、よかったね。ところで、オカアサンにもお土産はあるのかなあ。もうすぐ誕生日なのよ。
[PR]
by teachermakizo | 2008-07-17 22:37 | ちち | Comments(2)