<   2008年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

犬の記憶力ってすごいですね。

王子はジジのことも覚えていたし、じょんくんのことも覚えていましたよ。
ジジにいたっては、最後にあったのは4年まえだし、会った回数もそう何回もないからすごい。じょんくんとはモスクワ時代ずいぶんと遊んだから、ジジを覚えているなら「もちろん」覚えているってことで。

ちなみに・・・ろじはジジに吼えました(汗)。

ま・・・2-3週間チチが不在にするだけで「忘れちゃう」ので無理もないかもしれませんが(大汗)。
[PR]
by teachermakizo | 2008-05-31 23:27 | Alyosha | Comments(0)
昨日はジジを見送ってほっとしたせいか、ワタシもチチも、そしてコドモタチさえぐったり。
コドモタチもカレラなりに気を使っていたのかしら?

帰宅してそのままベットの上で少し寝てしまい、真夜中におきだして化粧を落としたり、着替えたりしましたが・・・・朝起きてビックリ!

この年齢になって、吹き出物がいっぱい!!!!あ、ありえん・・・・・。
化粧を落とすのは確かに遅くはなったけど、ちゃんと落としたのに。

しかも、ジジに付き合ってご飯を外でほとんど食べていたので、さすがに身体に出てきたのか・・・・口内炎が(いまになって)てんこ盛り(痛)。

ああ・・・・それとも・・・良いこの皮をしっかりかぶりすぎて、放出できなかった毒素があふれてきたのか?ウウウ・・・ひどい(涙)。

明日は、な~~んと!
モスクワ時代によく遊びに来ていたお友達の「じょんくん」が1泊で我が家に滞在します♪コドモタチ、覚えてるかな?
[PR]
by teachermakizo | 2008-05-30 12:05 | はは | Comments(5)
今、ありょジジを空港に見送りに行って帰宅したところです。
先週の金曜日の夜に来て、今日の夜の便で帰途につきました。

いや~(汗)。

正直、イロイロ疲れましたが、ジジもとっても疲れただろうなぁ。
ワタシの目から見ても、ジジ、とっても気を使っていたし、わがままも、ガイドと2人きりの観光にも、ホテル滞在にも文句を言わず・・・高齢なのに本当に「手がかからない」旅行者でした。えらい!

丁度、今、この時間にプルコヴォー2(国際空港)から飛び立ったんじゃないかな。今日は、チチはジジを見送るために休みを取っていたのですが、急遽、とっても「えらいひと」からご指名で仕事が入ってしまい・・・・ジジは「一人で空港まで行って、ちゃんと飛行機に乗れる」とは言ってくれたのですが(でも、内心心細いはず)、ワタシも一緒に行きました。でもね・・・一緒に行っても奥まで入れるわけではないので、チェックインとかパスポートコントロールとかで何か起こってないかと心配デス。

ジジとはいえ、チチの父なので「気楽に何でも」というわけではなかったけれど・・・いざ帰ってしまうとなんだか寂しい(笑)。すでに高齢なジジ。一人で空港の奥に歩いていく姿や一人暮らしのうちに帰る姿を考えたら、なんだか悲しくなってしまいました。チチは一人っ子だし、ババ(チチの母)はずいぶん前になくなってるし、ジジを一人日本において海外駐在というのも、仕事とはいえ「親不孝」・・・。帰任になるまでなんとか元気に過ごしてほしいものです。

ジジを送っていった帰り、眠くてしょうがなかった(笑)。
やっぱり緊張してたのかな。
[PR]
ありょジジがやってきた・・・・・トランスアエロの東京~サンクトペテルブルク直行便に乗って。

いや~(汗)。
空港まで迎えにいったのだけど、家を早く出たのに大渋滞。やっとかっと空港に着いたら、飛行機はとっくに到着済み。ありょジジ、一人寂しく空港で待つこと30分以上・・・・しょっぱなから、とほほな感じ。

元気とはいえ高齢者なので、今日のところはちょっと軽い食事を取って、ホテルにお送りしました。

そうなのです。

ありょジジ、我が家に宿泊ではないのです・・・・別に意地悪したわけじゃないですよ(笑)。

ロシアは普通の諸外国と違い、ロシアに滞在する外国人は自分の所在地を明らかにしないといけないんです。その「滞在登録」をレギストラーツィアというのですが、これがなかなか面倒。ホテルに泊まる場合はホテルがその手続きを代行してくれるので簡単にすみますし、現在の我が家はお客さま用のベットも布団もなく。元気な若い人ならソファーとかでもいい?かもしれないけど、80近い高齢者にソファーは無理だし・・・ね。ありょジジも状況を理解してくださったので、家から歩いて15分程度のところにあるコジンマリとした(でも清潔でお手ごろ価格)ホテルにご滞在いただきます。

この時期のロシアのホテルって「ぎょうてんな」値段!
去年はホテルが高すぎて、観光客が減ったって噂もあったほど。
できればよいホテルを用意してあげたかったけど、今の時期の5つ★のホテルは500$くらいするんじゃないかなぁ(それでも泊まれない?)。昼間は外出していて寝るだけなら、3つ★でもOKですよね。それだって、何ヶ月も前から予約して、1泊分内金をいれてやっと押さえたんですが。シーズン中のy予約は早めはやめでないと難しいです・・・飛行機もホテルもね。

明日は、サンクトペテルブルグ市内の目抜き通りでのカーニバル?を見学します・・・。カーニバルねえ・・・・どんな感じでしょうか。
[PR]
読んで字のごとく・・・です。
今日で「平和な日々終了」です(涙)。

な~んとなんと、明日(とはいっても夜ですが)、ネタが「犬のサプリメント」をしょってやってきます。

チチの父登場(便宜上、ありょジジと呼ぶことにする)予定。

良い子の皮をしっかりかぶりきれるか心配です>自分。
なつかず、食いつくのではないかと心配です>コドモタチ
途中で世話を放棄するのではないかと心配です>チチ

29日までサンクトペテルブルクにご滞在予定でございます・・・・ネタになるか?
[PR]
by teachermakizo | 2008-05-22 21:35 | ちち | Comments(0)
すっかりご無沙汰してしまいました
ここのところ、毎日平和で・・・平和すぎてネタがなく。

ワタシが「誰に会った、誰と食事した」・・・な~んて話をしたところで、「それが何か?」って感じだし。平和なことはうれしいけど、ブログを書くのには困るなぁ。

ちなみに「ブログホリック」(←ワタシが今作った言葉)なチチは、毎日、時間があるときに「記事を書き溜めて」、忙しくてかけないときはそこからUPするらしい・・・・いろんな人からのコメントが励みになっているみたいで、まさに「夢中」状態であります。イイワネ・・・ワタシにも昔、むか~~~しそんな時代があったわ(ブログの前にHPで日記を書いていたので、あわせると結構長いことイロイロ書いている)。

今日も特に何もないのだが・・・PCを整理していたら、こんな写真が出てきたよ。
c0015041_327455.jpg

王子がまだ1歳くらいの時かな。
多分、日光のワンワン村(なんであんなところいったんだろう(汚点だ)・・・無知でなにも知らなかったからだな)で撮った写真。王子、若い。カワイイ。
[PR]
って短歌がありますが、我が家の場合

犬たちに ベット取られて 布団なし

ここのところ、サンクトペテルブルクはとても寒いのです。

国が違えば気候も違うのはあたりまえなんだけど、ロシアの気温のあがり方って「波」に似てるなぁと思うんです。つまり、暑くなっては涼しく(時には寒く)なるを繰り返しながら、気温が全体的にあがってきたり、寒くなったりするんです。イメージ的に分かりますか?

5月の連休時には20度を越す暑さだったのに、つい先日はプラス3度程度まで下がりました。きるものにも本当に困ります。この時期にこんな格好おかしいよね・・・と無理して薄着で出かけたりすると、外はコートの人でいっぱいだったり。ロシア人と服装を合わせるのは、ちょっと難しいです(彼らには彼らの共通の基準があるようなので)。

そんな毎日なので、ここ数日、コドモタチがベットにあがってきます。

最初はかわいらしく足元に寝てたりするのに、朝起きると、真ん中に横向きになって寝てたりして・・・最終的には、チチもワタシも布団なし・・・という日が続き。私たち、すっかり不調でございます。

チチ、発熱(微熱ですがね)。
ハハ、どうしようもないP(涙)。

それでも週末はコドモタチを散歩に連れて行き(途中でお腹が痛くなって、あわてて帰った)、買い物を済ませたら・・・ダウン。夜までウンウン寝てました。寝冷えなのか、風邪なのか。ビエ~ン。

ま、そもそも犬をベットに乗せちゃ駄目!ってドッグトレーナーさんにも言われてたのに、まあまあ、まあまあ・・・・・でここまできてしまった我々がいけないの(涙)ですが。いいんです、コドモタチが幸せなら。

それにしても・・・・トイレのない場所にはいけない状態はちょっとつらいかも(涙)。早く良くなりますように。
[PR]
by teachermakizo | 2008-05-17 17:03 | はは | Comments(0)
最近平和な日々でネタがない(汗)。

で、今日は「超」どうでもいい話です。
スルーしてもいいです(汗)。


我が家が最近気に入ってよく使っているカフェ「S」。
たくさんの種類のピロシキがあって、注文してすぐに食べれるし、おいしいし(ちょっと脂っこいけど)すごく便利。ピロシキのお供に、各種飲み物があるのですが・・・私はいつも「カフェ・ラテ」。

なんですが。

この「Sカフェ」に行き始めたころ、私のラテは「コップの5分の1ほど」がコーヒーで(!)あとは「泡」がいっぱい(カプチーノではない)という驚くべき状態。最初見たときはぎょっとしました(液体部分が一口くらいしかないので)。

ロシア人なら即効で文句いいそうですが、そこはそれ、ワタクシ、気の弱いところがあり(追い詰められないと反逆しない)不満がありつつも「泡」を食べてました。

数回目には、コップから「6分の1程度」がコーヒーで残りが「泡」という・・・・ありえない状態にまで成り下がり(良くこんなものを平然と持ってきたものだ・・・と感心)。怒るというよりも、すごいな
~、とか、これっていじめ(笑)とか、人種差別?とか色々考えておりました。

それでも通いつめることしばし。

たとえ「液体部分が5分の1~6分の1」でも、毎回、ピロシキ&ラテを頼み続けておりました(しかも大して不満でないところが自分でおかしい)。

しかし!あるときから突然状況が変化!
今までの分を取り返すかのように?ここ数回、上までいっぱいのラテが出るようになったのです!しかも、いままでてんこ盛りだった「泡」がほとんどないではありませんか!

いじめに耐え抜いて向こうが折れたのか(笑)、それとも「ラテ」のメーカーが実は壊れていた(または量の設定が違っていたとか)のか知りませんが、同じ店でこんなに量の変化があっていいモンでしょうかねえ。

料理の味が行くたびに違う、とか、注文したものの内容量がいつも違うとか(一応、メニューには内容量を明記してあるのに)・・・いかにもロシアっぽい・・・とシミジミ・・・です。

日本じゃありませんね・・・っていうか、いろんなことに鈍感でないと生活できないなあと思う今日この頃です。
[PR]
GW(ロシアのね)が終わって・・・・ネタがない。
しかも、急に寒くなっちゃって。天気はいいけど風が冷たい。

ワタクシも早いもので「四捨五入すると40歳」でございますが、髪の毛に関しては「60歳」でも通用するほど真っ白!です。どうも家系らしく、親も早々に白髪だったし、オトウトもワタシと同じく「永遠に染め続けないとならないスパイラル」に巻き込まれている様子。ワタシも、1ヶ月から1ヵ月半の間には絶対にカラーリングが欠かせません。こんなにしょっちゅう染めていて良いものでしょうか・・・・かといってほっておくわけにもいかないし。それでなくとも若くないのに、」白髪があるとドド~~~~ンとふけて見えますな。

ちなみに、さすがのチチも白髪が増えてきましたが、それでもたいした量ではない(私に比べたら)です。いいなぁ。


で、暇なので、思い立ったが吉日。美容院に電話して予約し、行ってきました。

慣れとは恐ろしいもので(笑)、あんなにドン引きだったグレゴーリー兄にもすっかり慣れ、美容院のほうもワタシにすっかり慣れた様子。予約時に

ありょははだけど・・・・

と名乗るだけで、

ああ、グリーシャ(グレゴーリーの愛称)ね。

ってツーカーだし、電話番号も聞かれないし。

グレゴリー兄の「頼みもしないのにこてこてと色々やる」&「事後報告」には少々困っていますが、まあ、いいか・・・普段何も手入れしてないんだし・・・と放置しております。おかげで会計のたびに、請求額を見てビックリするのが楽しみ?です。まあ、あまりエスカレートしないようにはしますが。

冬の間は、黒シャツ&黒いスラックス&黒エナメル・先がとんがってる靴だったグレゴリー兄が、夏になったら白シャツ&白っぽいジーパン&白い革の網網靴に衣替えしていて笑えました。ヘアスタイルもちょっとかえて短くなってましたよ。

こっそり写真撮ろうと思っているのだけど、なかなか難しい(っていうか、写真一緒に撮ろうよっていったら喜ぶ気がする)。
[PR]
by teachermakizo | 2008-05-13 12:36 | はは | Comments(0)
ワタシにはオトウトがおりますが、チチは一人っ子です。

ありょ王子には「できれば消えてほしいと思っている」三毛犬の(血のつながらない)オトウト(ろじお)が、九州から乳母メルママに連れられてやってきた「無邪気に見えるが、実は歳相応に腹黒い(←チチ談)」ろじには、「気位ばっかり高くて、じつは口ばっかり」という「ありょ王子」兄がおります。
c0015041_20464517.jpg



王子の視力が物にぶつかるほど低下してからというもの、びみょ~に王子とろじの関係に変化が。

ろじは自分より大きい犬にはひたすら低姿勢、すぐにお腹を出してしまうのに、ありょ王子にはもともと強気なところがあります。小さいころからの経験で(笑)、王子のカッコばっかりぶりは折込済み。王子がうなろうが怒ろうが、さして気にもしない(でも、一応立ててはいる)です。

が。

王子の目が見えなくなってから、あからさまに王子を軽視する機会が増えてきました。

王子もそれは気がついているけれど、不利。歯がゆい思いをしているようです・・・・それでも「負けたくない」という気持ちは人一倍。そもそも、王子はろじにも、よその犬にも絶対お腹を出しません。

さて。

先日、王子とろじに小さな小競り合いがあり、偶然&体勢のラッキーさ?で、王子がろじを「組み伏せた」形になりました。これ以上ありえないっ!って形で。

そのときの王子のうれしそうだったこと(汗)。

ろじはすぐに起き上がって反撃しようとしましたが、我々にすぐに制止されて、悔しさのあまり?キーキー泣きながら部屋をグルグル駆け回って「やり場のない怒り」を発散。

その場はそれで収まったかと思われたのですが。「歳相応に知恵が回る」ろじはリベンジの機会を狙っていたようで。兄弟の衝突は1年に1回あるかないか・・・ぐらいに落ち着いていたのに、この日に限って2日続けて「格闘」のリングが(汗)。

理由はなんだか分からないのですが・・・多分、ワタシの座っている椅子の後ろにろじが寝ていて、ありょが「ボクがそこに寝るから、オマエそこをどけ」と寄っていった・・・らしい。

ろじ!先手必勝で王子に飛び掛り、王子の前足に食いついた!

ビックリして、何がおきたか分からずキャンキャン泣き叫ぶ王子(ちなみに、王子は痛くなくても泣き叫びます。痛み(痛いかもしれないという感覚)に弱い仔・・・なのです)。チチとワタシがビックリして引き離そうにも、ろじ、スッポン化して(笑)放さず!

大変な修羅場に(汗)なりましたが、なんとか引き剥がし。
王子の足、しっかり食いついていたのに怪我もなく(まあもともと血が出るほど噛んだりすることは今までもなかったけど)。

ろじは文字通り、ハハに張り倒され、大目玉!・・・お腹をブルブル震えながら丸出し、目をウルウルさせて

だって・・・・、だって・・・・ニイチャンが・・・・

って、叱られてないてました。

その後、ワタシの機嫌をとってきても「完全無視」(大好きなカアチャンの無視刑が一番つらいようだ)、しょんぼりして、しょうがないので(笑)チチに甘えてました。

これで一件落着か・・・と思われたのですが。

ろじがガッツリ叱られ、自分は「怪我は大丈夫?カワイそうに~」と両親にチヤホヤ心配された王子(汗)。すこぶる気分が良かったようで、それ以降、微妙に「王様」になってました・・・もちろん、修正しましたが。

犬は、兄弟関係、自分と両親(飼い主)との関係を本当によく観察している!
つい、身体が不自由な王子を甘やかしちゃったけど、やっぱり喧嘩両成敗、両方叱らないといけなかったかな。

コドモタチ、どちらも歳相応にしっかり知恵がついております(冷や汗)。
[PR]
by teachermakizo | 2008-05-11 15:13 | Rodya | Comments(5)