<   2007年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

昨日の続きとして・・・・「婦人会の日程」を連絡網にまわさねばならず。
なんだかしらないが、昨晩に限って、連絡網の上から3人がご不在で(涙)。「集い」の日程が押し迫っていることもあり、どうしても昨日のうちに電話しておきたく・・・・(涙)。連絡のつく方にとりあえず電話し、昨日不在だった方々にはメイルと電話を駆使して連絡を取っておきました・・・ふぅ。月曜日に再度レストランに行き、出すお食事を決めておかないとなりませぬ。プレゼントも用意しないとね・・・・速く終わってほしいな~。

話は変わりますが。

角膜炎を患った王子ですが、お薬の効果もあって、本当によくなりました。
が・・・・角膜炎前よりは、やっぱり右目が白くなっちゃいましたね。「バイオハザード」の「ゾンビ犬」のようです・・・・(涙)。眼を患い始めたころは、白くなった眼が不憫で、王子のことを直視できませんでした・・・・ありょちゃんの茶色のきれいな目がもうそこにはない・・・という事実がつらかったのです。もちろん、いまは「ありのままの王子」を受け入れていますが。病気の人/動物を受け入れる・・・というのは理屈ではないな~と思います。

角膜炎後・・・・王子の視力は絶対に落ちました。
多分、もう光ぐらいしかわからないでしょう。獣医にも「失明した犬との暮らし方」を指導されました。

が。

王子は、まだ大好きな「ボール投げ」を楽しんでいます。
もちろん、ぜんぜん見えてませんが・・・・嗅覚や聴覚をフルに使ってボールを探してレトリーブして、「投げてくれ」といいます。眼が不自由なので大きいボールのほうがよかろう・・・と、大きいボールで遊んでやろうとしても、「今日はこれで遊びたい」と小さいなゴムの卵ちゃん(日替わりで異なる)を持ってきたり・・・・それはそれは頑固です。

眼が見えなくなっても、今までの楽しみを全部あきらめる必要はないんだなあ・・・・と王子の可能性の予想以上の大きさに驚いている人間であります。



昨日は7時間という長いお留守番だったコドモタチ。
すまぬ、今日も留守番なのだ・・・・。うらむなら「婦人会」をうらんでくれ~。
[PR]
by teachermakizo | 2007-11-30 11:16 | Alyosha | Comments(2)
なぜ、毎日多忙なのでしょう?
すっかりブログも休みがちですね・・・・・すみません(涙)。

実は・・・12月の「サンクト婦人会」の幹事が「もう」回ってきてしまいました(!)。
今回は、サンクトを離れるご家族が数家族いらっしゃって、「お別れ会」もかねているので頭が痛い・・・・。予算はある程度限られているし、みなさんになにか「思い出になるような」プレゼントを考えないとならないし。それに15人近くが集まれるような、まあまあおいしいレストランを探して、予約しておかないとならず・・・大変だ~!ワタシも、一緒に幹事をやる方もこちらに来て「日が浅い」ので、そうそうレストランをたくさん知っているわけでもないし・・・はうっ!

でも、何とか「ここだ!」というレストランを発見し、今日は「試食&メオーダーを決める」ためにレストランに行ってきました。12時にいったら、「まだ朝食メニュー」といわれ、しょうがないので、13時までお茶で我慢。13時過ぎて「やっと」普通のメニューからあれこれオーダーしました。

12時に到着して3時間が経過。

メニューを吟味し、お食事を決め・・・・帰りにマネージャーに「○日に14人程度で集まりを開きたいので、席を予約しておきたい」といったら、な、なんと!ここでその手の集いを開く場合には、「最低注文金額」が決まっていて、それがなんと「一人3000R(1万3千円くらい)」だというではないか・・・・失神。お昼の集まりに、一人1万3千円は「ありえない」でしょう!

身も心も「決まった!」という気持ちだったのに、また一から探しなおし!ひ~!!

一緒に幹事の方が「今日は用事がある」とのことだったので、ワタシは時間もあるし、自力でめぼしいレストランに下見に行くことに。

しか~~~し。

「確かこのあたりだったのでは?」と歩いて出発したのはよかったのだが、外食はたいていチチの車で出かけるので・・・・道に迷う(トオイメ)。どうにもこうにもならなくなって、チチに電話したら・・・「歩いている向きが反対じゃ」といわれ・・・・来た道を逆戻り。あああああ・・・・片道2-3KMはありましたねえ・・・・・(もっと早く気がつくべきだった・・・・)。

目的地には無事に着いたものの・・・・すっかり日も暮れ。
とりあえず、14人の集まりができるかどうかを確認。場所を予約し・・・・お茶をいただいてから、また来た道を戻りましたよ。いい運動になりました(?)。

カレコレ・・・8~10KMくらいは歩いたのではないでしょうか。
足がダルダルです(涙)。

幹事の仕事はまだまだ続くのです・・・・憂鬱。
[PR]
by teachermakizo | 2007-11-29 10:59 | はは | Comments(2)
ここのところ、他所のお宅にお邪魔する機会がありますが・・・どこのおうちも「ほえ~」・・・です。まず広いし、きれい。ただ、建物の入り口から玄関までは「かなり恐ろしげな(笑)」ところもあり。中には、階段の真ん中に瓦礫の山があり、「?」とたずねたら、何でも天井が落ちてきたとか・・・こ、こわくないですか??

サンクト市内の建物の多くは「アンティーク」です(汗)。
見た目もぼろいですが、中もかなりヤバイです。皆さん、自分のお部屋はきれいにしますが、共用部分には無頓着?です。町の景観を損ねないために、建物は高さの制限があります。多くが4-6階建てでエレベーターはないのがほとんどです。サンクトの邦人宅は一般に「外はともあれ、室内は別世界」(笑)。

我が家は・・・逆。

我が家があるマンションは、かつては・・・おそらく「街で有数の近代的?なマンション」だったと思われますが・・・・いまや、さらに進んだ建物も多くできてきた上に、何年も経過すれば古くもなろうってもんで・・・なんだか古びた感じがします。

しかし・・・外側「だけ」は、なかなか立派。
入り口には「警備員」も常駐しているし、お掃除のおばさんもいるし。
何でかしらないけど、各所に「等身大(以上)の中国武士の人形(置物?)」があって、引っ越した当時はろじをびびらせたものでした。我が家のある通りには各国領事部なぞあって、比較的安全?らしいのですが。見た目がそんなに悪くないので、他所の奥様に「素敵なお宅ね♪」とかいわれちゃうのですが(汗)。・・・ちなみに誰も招待しておりません・・・・。

ワタシも小市民ですな。他所のおうちが気になるとは(笑)。
[PR]
ご無沙汰しております・・・。

ありょ王子の眼は順調に回復しています。
角膜炎になったとき、ありょたんの眼は「真っ白」でした。角膜部分が白濁していたんです。その上、角膜上に血管みたいなものが出てきてしまって(今も少し残っている)びびりました。今は抗炎症剤を点眼しているので、角膜もずいぶん透明度が戻ってきました。とはいえ・・・角膜炎前と後では比べ物にならないほど、瞳が白くなってしまいました。とにかく・・・乾燥しているので、目薬をかかさないように・・・・です。

話は変わりますが。

今日はサンクトペテルブルグの「インターナショナル・ウーマンズ・クラブ」のバザーでした。会場は「伝統の」アストリア・ホテル!サンクトには、いまやたくさんのホテルがありますが、私はアストリアがダントツで好きです。新しいホテルの「便利さ」もいいですけど・・・ね。

モスクワのIWCに比べて、こちらのIWCは規模も参加者も少ない・・・・したがって、バザーも小規模(モスクワとは比べられない!)なのですが、人手は予想以上に多く・・・少々びっくり。邦人のご婦人方にもたくさんお会いしてしまった・・・・。

わが家は、ドイツのブースでとっても素敵な「生のもみの木の葉」で作ったリース(チチ、会社用)、ありょたん用に布製のボール(中にガラガラが入っている)、不細工なコッカーの手作り人形、クリスマスケーキ・・・などなどを買いましたヨ。

でもな~。モスクワのウインターバザールのほうが見ごたえがあるなあ・・・というのが率直な印象。できたら、モスクワのバザールにあわせてモスクワに行こうかと思ってたけど、今年のバザーは平日なのね(12月10日)・・・そのころ、ちょうどチチも日本だし・・・なんだか無理そうだな。残念だ~!
[PR]
by teachermakizo | 2007-11-25 22:54 | はは | Comments(2)
角膜炎って痛みがすごいんですね・・・。王子は一昨日の夜はほとんど寝れないようでしたが、昨日の夜は(あまり効き目がよくない目薬ではあったが、痛みは軽減したらしい・・・・)よく寝てました。ぐっすり、くったり・・・です。

昨日診察してくれた「金髪美人獣医」の診断が信頼できないわけではないけれど・・・彼女は多分、眼科医じゃないし・・・ありょたんの眼はいろいろ問題が多く、今後の主治医を探したい気持ちもあり、またまた昨日のクリニックにいってきました(ほかに眼科医がないか探したんですけど・・・NETで「はっきり」確認できたのはここだけでした。

で。クリニックについて、受付けで「眼科医のワジム=ペトロービッチの診察を受けたいのですが」といったら、お姉さん、変な顔:「誰ですって?」。「眼科医のコロエンコ先生の受診したいのです」といったら、お姉さん「彼は当の昔に辞めました」。

・・・・だったらサイトから名前消しといてくださいよ(怒)。しかも辞めたのがそんなに昔なら。

「眼科医がいるって聞いたんですけどねえ(怒)。昨日も電話して確認したんですが(怒)」。どんな症状があるのかと聞かれたので、「白内障、ドライアイ、角膜炎の三重苦」といったら「ちょっと待ってて」と奥に消えていった・・・・。

しばらくすると呼ばれたので、診察室に入ると・・・そこには「タイムボカンシリーズ」の悪役・ボヤッキーを知的&金髪にしたような長身の先生が!どうしたんですか?とたずねられたので、これまでの経緯&あらかじめ「犬の病気辞典」(もちろんロシア語で)勉強してきた成果を披露(笑)。先生に「あなた獣医ですか?」とたずねられましたわ、ほほほ。この先生、昨日の「金髪美女若い姉ちゃん獣医」とは違って、本当に細かく触診、眼もスコープで診てくれて・・・われわれ、ほっとしましたわ。やっとまともに診察してもらった感じ。昨日は「大暴れ大騒ぎ」だった王子も、今日はおりこうさん・・・・。

「ボヤッキー先生」は一通り診察した後、われわれに椅子を勧めてくれて、本当に丁寧に「白内障」という病気、そして今の王子の眼の状態、「角膜炎」治療や今後の治療について説明してくれました。そして最後に

「犬を愛し過ぎてはいけません。愛しすぎると、犬は病気がちになりますよ。過度の愛は有害なものなんです」

といわれましたよ。「愛しすぎている」ように見えたのかなあ・・・・。
変わったことを言う獣医さんでした。でも親切だし、丁寧だし、ありょたんもいやじゃなかったみたいだし・・・・しばらくこの先生にお願いしようと思います。

結局、やっぱり「角膜炎」という診断でしたが、痛みをとるような目薬の処方箋を出してくれました。やっと少し安心できた気がします。
[PR]
by teachermakizo | 2007-11-21 21:51 | Alyosha | Comments(6)
ありょ王子の眼が白内障だとわかったのは、2005年。
その後、モスクワの獣眼科医にかたっぱしから受診して、いわれたのが「今年中に(2005年)に視力を失う」ということ。その間、白内障手術を受けるか受けないかとか、眼科医師を信頼できずに変えたり、日本の獣眼科医にメイルしてアドバイスをもらったり・・・・それこそ本当にいろんなことがあった。いろいろ考えた末、「ここで白内障の手術は受けない」ことを決めて、時間が経過・・・2007年も終わりに近づいている。

眼は真っ白になって、透明なガラス戸(我が家のマンションの入り口)や公園の低い柵に躓くようになったけど、王子は本当にがんばって、日々の生活に問題なく生活してきた。このままで帰国できますように・・・と祈るような気持ちでの毎日。

本当に久しぶりに、王子の眼のトラブル発生。

昨日、奥様のお一人にお買い物に誘っていただいて、半日以上留守にしていたワタシ。帰宅時にはまったく気がつかなかったのだが、夜になって、王子が片眼をしばしばさせていることに気づく。心なしか、下のまぶたも腫れている様な・・・・・・。目やにが付いているのかとおもって、脱脂綿で拭こうとすると痛がった。

こりゃ、大変だ。眼圧上昇?
それともドライアイが悪化して結膜OR角膜炎???

コッカーは白内障から緑内障をわずらうことが多い。
緑内障は怖い。でも何が怖いって、ここには十分な治療ができる医師がいない。モスクワには数人、信頼できそうな獣眼科医がいたけれど・・・モスクワに数人しかいない獣眼科医がサンクトにたくさんいるとは思えない。緑内障になる運命なら仕方がない、でも、せめて帰国するまでは・・・。

すぐにチチに電話して、帰ってきてもらい・・・どこか眼科医はいないか探す。
その中で「明日なら眼科医が来る」という病院があり、今日いったのだが。

眼科医、来てない(涙)。どうやら「明日」なのね、来るのは。

でも、ありょたんの眼は痛くてどうしようもない様子なので、自称「診察できる」美人若い姉ちゃん獣医(大丈夫なのか・・・・)に診てもらった。

金髪美人、ありょたんのまぶたをちょっとめくって「角膜炎」の診断(滝汗)。
本当に大丈夫なの?

一応、お薬(目薬)が出て、買うべき薬品の指示もあり・・・・200R(初診料込)。
・・・激安。

とにもかくにも・・・心配なので、言われたとおりに点眼して、症状が好転してなかったら、「獣眼科医」が勤務している明日にでも再診予定・・・。角膜炎でありますように。
[PR]
by teachermakizo | 2007-11-20 17:53 | Alyosha | Comments(0)
大変ずれ込んでしまいましたが(汗)、今日は「ろじ&ちち」のお誕生会でした。

ほんとはね~、ろじの誕生会はもっと早くしてあげたかったのだけど。
ご存知のとおり、波乱万丈な数週間で・・・とうとう、ちちの誕生日と合同になってしまった・・・しかも、ちょうどシャンプー・デーに当たってしまい。買い物もしなくちゃいけないし、教会で一緒の日本人ご夫妻が来月帰任となってしまい、いろいろお話もしたいし、あれこれあれこれ・・・・。

教会に行って昼食をとり、その足で買い物、帰宅してコドモタチをブラシ、その後シャンプーになだれ込み・・・・ろじをチチが洗っている間に、ワタシはパーチーの準備。あ~、忙しかった・・・。でも、なんだか年々手抜きになっているような。
c0015041_2113551.jpg

★メニュー★

・鯛(メデタイ?)
・イチゴ
・わんこ・ホットケーキでつくったバースデーケーキ
・海老のグリル
[PR]
by teachermakizo | 2007-11-18 18:24 | Rodya | Comments(0)
今日は「チチ」の40回目のお誕生日です。オメデト。

お誕生会は明日の予定。
チチ、若く見られるけど、もう40歳かぁ・・・・しみじみ。
[PR]
by teachermakizo | 2007-11-17 00:36 | ちち | Comments(0)
早いもので、またしても月1の「サンクトフジンカイ」のお食事会がやってまいりました・・・。
今回の会場は、我が家行きつけの「韓国料理」店でした。

実は数ヶ月前から(いや、もっと以前かも)お腹の調子が悪くて。
モスクワ、ヘルシンキ(そして、予期せぬ日本)と外遊?が続き、その間も完全によくならなかったので、月曜日に覚悟を決めて「フィンランド系」のクリニックを受診したところ・・・・なにやらあまり芳しくない様子。血液検査、便検査などなど・・・・の結果まちです。3年前にドッグに行ったきりだったのでいろいろありそうとは思っていましたが。せっかく婦人科から開放されたのに、また病院通いになりそう・・・・です。深刻でないといいのですがね。

というわけで。

お腹の調子が悪いままの韓国料理で戦々恐々(笑)。
医者から「油ものは駄目、辛いものも駄目」といわれているので・・・果たして食べられるものがあるのかどうか・・・・。

そんな気持ちで出かけたのですが。

会場に着くなり、「ヴィザでヘルシンキから日本までいったんですって?心配していたのよ~!」と口々に(汗)。な、なぜ皆様、ワタシが「ヴィザを発給してもらえずに、日本に流されていった」話をご存知なのか・・・・恐るべし、婦人方の「口」。この調子だと、ワタシやチチを知らなくても、「ああ、あのヘルシンキでビザが取れなくて、その足で日本に帰った「運の悪い人」?」って知っていそうだわね(恥)。いや、間違いなく知っているであろう・・・・・トオイメ。

まあ、事の次第を少なくとも「10回」は話しましたよ。疲れた・・・・。
一躍有名人ですわ(涙)。
[PR]
by teachermakizo | 2007-11-15 12:10 | はは | Comments(0)
長々と記事を書いたのに、なぜか消えた・・・・ううう。

日本のテレビで見た「バイオハザードⅡ」の続編、「バイオハザードⅢ」がこっちでDVD化されていたので「買ってみたよ~!」という話を書いたのだが。要するによくある話だけど、Ⅱのほうが面白かった・・・・ような気がする、って内容でした(笑)。

ワタクシの長期留守中(今までこんなに長く不在にしたことはなかった・・・)、最初の数日は玄関先で「カアチャン、まだかな~」って待っていたそうですが(ありょ王子が)その後は「カアチャン、帰ってこない」と理解したのか、特に寂しがるフウもなかった・・・・とはチチの報告。

ママっ子三毛犬「ろじお」はどうしていたのか・・・というと。

オカアサンが不在になってすぐに「トウチャン、僕はトウチャンだけが前から好きだったんだよ」・・・といわんばかりの変わり身の早さだったとか。ハハ不在期間、「チチ命」でべったりだったそうで。

そ~んなチチとのラブラブも私の登場であっさり逆転。

「ママ~!僕、ママがいなくてさびしかったんだよ。あんなオジサン、僕、好きじゃないよ」状態。すっかりワタシに張り付いております(笑)。

ありょたんは裏表のない子だけど、ろじは・・・・次男だけあって「ナカナカしたたか」デス。

※ろじの誕生会は、今週末のチチの「40」の誕生日と一緒にやろうかと思ってます(汗)。なんだか1ヶ月もずれ込んでしまった・・・・スマヌ。
[PR]
by teachermakizo | 2007-11-12 01:00 | Rodya | Comments(2)