<   2007年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧

今日はコドモタチと一緒にサンクト近郊の町「ガッチナ」に行ってきました。サンクトから64KM、行きに渋滞したので1時間強かかりました。ここはエカチェリーナ2世がグレゴーリー=オルローフに下賜し、彼の死後、息子のパーベル(後のパーベル1世)の誕生祝として与えた・・・という歴史があります。宮殿や美しい庭園がありますが・・・・まあ、犬は駄目だろうとは思いつつ、美しい紅葉を見るつもりで行ってきました。
c0015041_4165350.jpg

ありょとろじを抱きつつ撮影(滝汗)。外はたいしたことないですが、宮殿の内装はなかなか見所がありそうな様子(ガイドブックを見ると)です。庭園も犬はNGみたいだったので、紅葉を車窓から楽しんでサンクトへ戻りました。

途中で大きな公園があったので、少しお散歩してきました。
c0015041_422264.jpg

美しい教会がたくさんあります。木々が紅葉しているのがわかりますか?
c0015041_4225168.jpg

不気味なキノコ色々。コドモタチもクンクン・・・・もちろん食べられません。

ロシアの美しい秋は、来週・再来週がピーク。
コドモタチのカットをお願いする予定のA・コッカーのブリーダーさんと連絡がついて、明日いつにするか決める予定。間に合ったら、綺麗になったコドモタチを綺麗なバックで撮れるかも?
[PR]
待ち望んでやまなかったスーツケースさんは、ヘルシンキの空港でぽつんとたたずんでいたらしい・・・・。

ということで、今日、届けてくれました。
中身も無事。よかった!
[PR]
by teachermakizo | 2007-09-28 04:31 | ちち | Comments(0)
今日は、知人の奥様に「お昼&お宅拝見」に御呼ばれしたので、『よい子の皮』をしっかりかぶって外出しました(友人曰く「ごく薄の皮」らしいのですが)。

で、帰宅してから「ロシア米」を炊き、ちち、いや正直に白状すると「日本のお土産がいっぱい入ったスーツケース+α」を待ったのであります。

飛行機の到着時刻を30分ほど過ぎたころ、チチに「いつカエルのコール(お腹空いちゃったよ、早くもってきて「スーツケース」コール・・・とも言う)したら、衝撃の事実が!(水曜スペシャル風)

「大きいほうのスーツケースがロストみたい」

・・・・なぬ~!(チチ、もう帰ってこなくてよいです)
[PR]
by teachermakizo | 2007-09-27 13:10 | ちち | Comments(4)
先日いただいたナージャさんへのメイルの返事を書いていたら、夜中2時が過ぎた(汗)。「聞く→話す→書く」順番でロシア語が苦手。一言一言辞書を引きスペルを確認、格変化を確認、文法を見直し・・・さらに、PCのキーをまったく覚えていないので、いちいち確認しつつ(1本指うち)一文字一文字・・・・はぁ~。気が遠くなる・・・・。出来上がった「お返事」はたいした分量&内容でもないのに、非常に時間が掛かった上に・・・おそらく文法上の間違いもあると思われ(涙)・・・電話のほうがよっぽど早い。文字と違って文法上の間違いも残らないし。・・・・逆を言えば、文章を書くってことは本当に勉強になるってことなんだよねえ・・・それにしてもしんどかった。

よろよろしながら就寝したのに、先日、部屋に迎え入れてしまった「モスキートー」がまだいるみたいで、耳元でうるさいし、ちょっぴり布団から出ている指とかをチクチク刺すもんだから痒くて何度もおきてしまった。痒いし、眠いし・・・で、コドモタチの耳掃除液で指されたところを拭いてみたら痒みがおさまった(笑)。ムヒなんかと同じでアルコールが成分が含まれているからと思われ。おのれ「モスキートー」め・・・・今夜こそ息の根を止めないと。

秋晴れが続いているのに家に引きこもっていてもしょうがないので、我が家から約1KMのところにある「パン屋」に歩きで行ってみた。1KM・・・遠くもないが近くもない。サンクトペテルブルグの街中には結構な数のパン屋&ケーキ屋がある。チチはお酒がだめ&甘いもの好き(でも太らない)。ここのところ片っ端から試してみているのだけど、この「家から1KM」パン屋はかなりいけてます。カメラを持っていこうと思ったのに忘れちゃった・・・・すみませぬ。いつもは買うだけだけど、今日は喫茶室にも行ってみました♪調理パンがおいしいです、ムフ。オンナノコがあまり(というより全然)フレンドリーでないのが寂しい。東洋人嫌いなのか、それともみなに無愛想なのか?

コドモタチは・・・・ワタシがチチと出かけるときの留守番はそんなになかないのに、ワタシだけで外出するときは大泣きだ。そんなに長い時間ないているとは思えないので無視して出かけるけど、結構ななきっぷりで。普段一緒にいる時間が長いから、おそらく分離不安になったのだろう。困ったもんだ・・・・。

明日は(早いもので)チチが帰宅する。
ああ。夢の日本食がいっぱいなのね・・・うっとり。
ご飯(←ちなみにクラスノダール米というロシアのコメ。うちは日本食にはこだわりないので、まずくても平気っす。さめるとまずいの)炊いて待ってなくては!
c0015041_1575378.jpg

※内容にはまったく関係ないけど。ブラシに抵抗する三毛犬。
[PR]
by teachermakizo | 2007-09-26 20:34 | はは | Comments(10)
チチが空のスーツケースで旅立った後のサンクトペテルブルグは、なぜかさわやかな秋晴れの日々。本当ならお友達のたくさんいる「マルス広場」に出かけたいところだけど、運転手がいないので・・・・お隣の公園で我慢。・・・なのだが。サンクトはもう紅葉が始まっていて、とってもきれい・・・なのだが。
c0015041_2314082.jpg

※ ある散歩後のブラッシングによる収穫物
憂鬱なんですよ。オカアサンは。
c0015041_2333092.jpg

「トウチャン、いい子で留守番してるよ。お土産忘れないでね」

ここ数日、あまりにも好天なので油断してベランダを昼間OPENにしていたら!やられました、久々にボコボコに刺されましたわ・・・・「モスキートー」。夜は気温一桁になる日もあるというのに、まだ生きているのか?恐るべし、サンクトペテルブルグの蚊!

文字通り、アメニモマケズ、カゼニモマケズ・・・・なんだね(怒)。
いい加減、早く成仏してください。
[PR]
チチ、今日は無事にのくっちょ家と再会できたようです。

朝(日本と時差が5時間)にチチから電話があって(チチの携帯は日本でも使える)、AKOちゃん&YOUちゃんともお話できました。感激!ありょ王子より1歳お兄さんののくっちょともチュ~できたそうで、よかったよかった♪

毎年2回、犬連れでみんなで旅行に行っていたころが懐かしい・・・。
あのころは犬も若くて(もちろん飼い主も)元気だったなあ。
帰国して、またみんな元気で旅行に(みんなシニアだから温泉でも行くか)行きたいね。

なんだか胸がきゅ~んとしたワタクシでございました。

業務連絡>のく&ごう家
お写真、撮りましたか?撮ってたら送ってくだされ~。
c0015041_5144071.jpg

感激の対面のお写真がないので、今年の初夏、ライラックの咲くころに撮った写真(モスクワ)。
サンクトでは木の葉が色づき始め、街中でスパイクタイヤが売り出され始めましたよ~。こっちはあっという間に冬になりそうです(こっちの冬はモスクワより寒いらしい・・・・)
[PR]
by teachermakizo | 2007-09-24 23:05 | ちち | Comments(2)
チチ、今日から大阪出張・・・どす。
日本への出張はめったに(ほとんど)ないのですが。
今回はどこかからの招聘なので、スケジュールはみっちりぎっちり。だけど、ついた初日のお昼だけは時間があるので、な~んとなんと大阪の「のく家」とデートだそうな。イイナア。「のく家」の皆さん、チチの面倒どうぞよろしく。

そんなこんなで、今日から木曜日まで、母子家庭。

チチには「荷物が超過して追加料金取られてもいいから、日本で買える限りのものを買って来い」と命じておきました。なので、たった4日のあまり長くもない出張なのに、えらいでかいスーツケース&小さいスーツケースを2個、ガラガラひいて旅立っていきました(笑)。笑えますな。

木曜日、ご飯炊いて待ってます
[PR]
by teachermakizo | 2007-09-23 19:36 | ちち | Comments(2)
嘘ですって(笑い)。いや、ある意味嘘じゃないか??

モスクワと違って、サンクトの邦人人口は200名程度。
その中で家族を連れて駐在しているヒトは少ない。
モスクワ赴任だって家族を連れてこないヒトもいるわけだから、サンクトならさらに少ないのも納得。ヤッパリサンクトは生活しずらいからねえ・・・・住んでみても「無理もない」と思います(モスクワは便利なので、モスクワ赴任なら大丈夫だと思うのですが)。

さて。

今日は「来サンクトペテルブルグ」以来の懸案事項だった、「サンクト婦人会」の新人?歓迎会の日。先ほども述べましたが、モスクワは1000人単位で邦人がいるので、やろうと思っても不可能な駐在員夫人の集いでございますが、ココでは奥様の数がまだ非常に少ないため、集まろうと思えば集まれるのでございます。

この日のために(笑)「中吉夫」のチチは、「暴れ馬」を何とか人並みにデビューさせるため、「奥様に見える魔法のセット」を一そろい買ってくれました(っていうか、買わないとなかった)。

犬毛付着を恐れて、今日の今日まで試着もしなかったのですが、いざ着てみたら・・・・なんだかね(にあわん)。今まで散々買うだけでつけもしなかったアクセサリーをつけようと出しておいたのですが(注:りりこしゃん、ミニアム=ハスケルのバロックをつけていこうと思っていた)、いざつけてみると・・・・参観日のオカアサンみたい(不満)。・・・・・・・・涙。

まあ、日本人社会は狭いし、奥様の集いに「暴れ馬」が来た!と噂になって、チチが泣いたら困るので今日はよい子にしていました。っていうか、皆さん良い方ばかりだったので、別に恐れるには及びませんでしたが。・・・ワタシ、かなり良いこぶって、人格作ってました・・・スミマセン。オトナになったなあ・・・・自分。

小さいお子さんがいるヒト、ワンコを連れているヒト、年齢もばらばらですが、サンクトに最近来た方が多かったです・・・やっぱりモスクワと違って、こっちへの進出の歴史が浅いってことなんでしょうけどね。色々お話が聞けてよかったです。
[PR]
by teachermakizo | 2007-09-21 16:26 | はは | Comments(2)
先日、ろじのパパがお星様になって、チチと「コドモタチ亡き後」のことを話したのだけど、実際「犬ナシの生活」がどんなもんだか見当もつかないわけで・・・。

でも、ありょろじをトリミングに出したり、入院したりして「コドモタチが家にいないとき」、やっぱり寂しいなあ&静かだなあと思うので、ヤッパリ「犬ナシの生活」はつらいのかなと思ったりもする。

モスクワでお世話になっていたトリマーさんからメイルが来た。

ナージャさんの愛犬はE・コッカー(RED)でかなりの高齢。
途中、内臓に腫瘍ができて手術したりしたけど、手術もクリアしてなんとか元気にしていたのだが・・・・寄る年波には勝てずに、我々がこっちに来る少し前に15-16歳で星になった。ナージャさんは気丈にしていたけど、ヤッパリ辛そうだったった。で、あまりにもつらいので「同じE・コッカーの仔犬をトップブリーダーに予約している」と言っていた。同じ色の同じオトコノコが欲しいらしい。「9月に生まれるから、生まれたら写真を送るわ」と言っていた。

で、メイルの内容なのだけど、予約していた犬舎で今回生まれた仔犬には希望の毛色の仔がいなかったので、次の交配・出産を待つことになったこと、そんなに長い「犬ナシの生活」は辛すぎるので、顧客のお家で生まれたヨーキーの仔犬を譲ってもらって「ヨージク(針ネズミ)」と名づけたこと・・・・などが書いてあった。・・・きっと同じ毛色の、同じE・コッカーの仔犬を待つことで自分を慰めていた部分が多かったのだろうと思う。

愛犬を亡くして「悲しすぎるから、もう犬は・・・・」というのも、「他の仔を幸せにしてあげたい」というのもありだろうと思う。「ありょろじ緊張感溢れる兄弟」亡き後・・・我が家はどっちになるのかなぁ。
[PR]
チチは今日、ワタシが感染させた風邪で会社を休んだ。

で、ご飯を老夫婦のようにシミジミ食べていたら、チチが突然言った。

「結婚して8年かぁ。君は幸せだよね。君みたいな「暴れ馬」が、ボクみたいな「中吉、または小吉」な男(大吉と自分で言うのはおこがましいから)と結婚できて」

ナヌ?

おい、貴様(小吉野郎)、表に出ろ!決闘だ!(白手袋があったら投げつけてる)
c0015041_420977.jpg

で・・・・皆さん、ワタシは暴れ馬なんでしょうか(←ちょっと心配)。
[PR]
by teachermakizo | 2007-09-18 23:08 | ちち | Comments(4)