<   2006年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

以前にも書いたネタかも知れないけど再び・・・。

日本と違って、ロシアでは水道水は飲めない。
正確に言うと、水に関しては「5分以上沸騰させれば飲める」そうだけど、基本的には飲めない。なので多くの人がミネラルウォーターを買うか、フィルターを通してから沸騰させて使っている。我が家の場合は「NESTLE」の水の配達を利用している。多くの外国人も同じところを利用している様子。

水がなくなる寸前に電話して「いついつ持ってきてね」というと、「がってんだ」・・・てなかんじ。

一応、「配達時間はいつにしますか」と聞いてくれるんだけど・・・はっきりいって、希望をいっても無駄な気がする。だって、いつも「10時以降」ってお願いしても、必ず8時台に持ってくるから。翌日水の配達があると、ワタシよく眠れないんだよ。だって、いつも早すぎるし・・・パジャマで出るのも恥ずかしい。

彼らが早く持ってきてしまう理由はいくつか考えられる。
ひとつには・・・モスクワ中心部の大渋滞にかかる前に、中心地にある配達先には配達しておきたい・・・ということ。ここ数年の車の増加と渋滞は有名な話。特に出勤時間、退勤時間帯はもの凄く、全く時間が読めなくなる。なので、平日はメトロ(地下鉄)移動のほうが断然早い・・・というので、時間通りに行動したい人は地下鉄をわざわざ選ぶほど。
他の理由として考えられるのは、近所に朝一番で水を頼む人がいて、そのついでに(笑)なのではないかと・・・まあ、これは推測だけど。

それにしたって・・・10時以降にお願いして、8時台に持ってこられるとこまる。時間指定は何のためなのか。今日はさらにひどく・・・持ってきたのは7時50分ですよ、皆さん!まだ外は薄暗いです・・・こらっ!さすがのワタシも配達のお兄さんに「ね~、10時以降の配達ってお願いしたのに・・・あんまりじゃない??」っていったら、苦笑いして「ごめんごめん」って言ってたけど。時間に遅れるほうがましなのか、それとも早すぎるほうがいいのか・・・び、微妙・・・・。
[PR]
黒い箱に絵付け・・・を習っていたワタクシですが・・・5月に一緒に習っていた方が「ご懐妊」となり、つわりがひどい・・・ということでクラスをやめて帰国されまして。絵付けのクラスは2人からなので、9月の新学期に新しい参加者が現れるのを待っていたら、トルコ大使館のからから電話があり「ぜひやりたい」ということで、ワタシ&エッセン(トルコ人の彼女)で再スタートとなりました!

場所はトルコ大使館内にある住居スペース。
我が家からはそんなに距離的にそんなに遠くはないけれど、歩いていくと、やっぱり30分以上はかかる。天気さえ良ければ歩いていこう(運動がてら)。天気が悪いときは、ちちが出勤するときに送ってもらうつもり。

よその大使館内に入る機会はそんなに多くはないので、興味シンシン。
セキュリティはかなり厳しくて、受付のところまでエッセンが迎えにこないと中に入れない。中はとても綺麗でピカピカ。今の日本大使館よりずっと綺麗(ちなみに日本も新しい大使館を建築中なので、そのうちピカピカになるだろうけど)。住居内も広いし、綺麗だし・・・トルコのイメージが変わりました(笑)。

トルコの女性に会う機会は今回が初めてだけど、とっても綺麗な人で英語も上手(さすが外務省職員夫人!)。しかも・・・めちゃくちゃ絵が上手!!!
驚きました!どうやら趣味で油絵をやっていたみたい。
なんだかワタシ、恥ずかしいナ・・・。

ま、そんなこんなで、習い事が2年目に突入しました~!
上手になれるといいなぁ・・・。
[PR]
by teachermakizo | 2006-11-29 14:28 | はは | Comments(2)
今日は、「じょんくんさん」と一緒にワタシの「いきつけ」の美容院へ「ネイル」のお手入れをしに行きました~♪

実はワタクシ、日本でネイルサロンに行ったこともなかったのですが(ありょたんが来てから、爪は短くしていた)、前回のカットの待ち時間に爪のお手入れをしてもらって(有料ね)プロの技に感激!!!その話をしたところ、「行きたい」ということに相成って、今日の日となりました。

ちょっと早めに家を出て、美容室近くのビアレストランでランチ。
昼からビールなんて飲んじゃって(笑)。3時からの予約でした~。

我々の担当は、めちゃくちゃおばさん(笑)。おしゃれでもなんでもない「ただのおばさん」。日本だと「おしゃれなお姉さん」がやっているイメージだけど。部屋に入ると、ペディキュアをやってもらった「お姉さんとおばさんの中間くらい」の人が足を乾かしていた。先に「じょんくんさん」からスタート。ちょっと時間がたった頃に、「足を乾かしていたお姉さん?」が「もうそろそろいいと思うから、帰るわ」といって帰り支度。塗ったばかりのベディキュアがストッキングで台無しにならないように「サランラップ」を足に巻き、その後、お姉さんはズボンを脱いでパンツ一チョでストッキング装着・・・・堂々としたもので(爆)思わず、我々、眼をそらしました・・・ははは。

「じょんくんさん」は「ペディキュア」もお願いしたい・・・とのことだったので、恥ずかしげに(笑)ブーツとストッキングを脱ごうとしたら、「マニキュアのおばさん」が「せっかく塗った爪が台無しになっちゃう!ワタシが脱がしてあげるわよ!」といって、返事も聞かずに「じょんくんさん」のストッキングをぐいっ!と引きおろして・・・我々・・・眼が点(汗)。「じょんくんさん」曰く「人にストッキングを脱がされるなんて、幼稚園以来・・・・(汗)」だそうで・・・。いやはや、パンツまで下ろしそうな勢いでしたよ。

足も手も綺麗に仕上がって、なんとなくリッチな気分で帰宅しました。
ちなみに・・・爪は580R、足は約1500Rでした♪
足はヤッパリ高いですねぇ・・・お財布にお金をいっぱい入れてこないと。
[PR]
by teachermakizo | 2006-11-28 13:13 | はは | Comments(2)
今日は、我が家は別行動の日。

ワタシは、毎月の最終土日に行われる「半貴石展」に行ってきました。
ロシアでは色々な鉱物が取れます。ダイヤモンドなんかも算出されますが、この展覧即売会で販売される石の多くは、主にシルバーや14Kなどにセットされるような石です。つまり・・・超お高い石ではない石(笑)。例えば・・・琥珀やマラカイト、クォーツ、ラピスラズリ、ロードクロサイト、スギライト、ロードライト・・・・などなど。日本では「鉱物」としてしかお目にかからないような石たちも多いです。安いのは、石を研磨して、穴を開けて、ただ繋いだようなネックレス。安いです。ただ・・・日本人には重いかも。あとは・・・耳が千切れそうな大きな石をピアスにしたもの。日本人は割りとあっさりした、上品な感じのものを好むように思いますが、ロシア人は逆で、かなり大きくて目立つもの、キラキラするようなものが好まれるような気がします。選ぶジュエリーにも「国民性」が出ますね。気に入ったものはあまりなく・・・数少ない「気に入ったもの」は予算不足で撃沈・・・とほほ。

その頃・・・チチは教会の「クリスマス会」で行われる「聖歌隊」の練習に出席中でした(笑)。

女性のコーラスは人数が集まったのですが、男性パートは人が足りない・・・というので、ちちも参加です。本番まであと2週間だというのに、今日はじめて練習に参加(汗)。大丈夫なのか???

そこで・・・チチにビックリが起こりました!
な、なんと・・この練習ではじめてお会いする日本人学校の先生(クリスチャン)が、高校の同級生だったのです!お互い別のクラスだったので直接は知らなかった様なのですが、年齢も、出身も高校も・・・そして学年も一緒で腰を抜かすほど驚いたとか(笑)。共通の知り合いなんかもいたりして、あまりの偶然に驚いてました。

東京で高校の同級生に会うのにもビックリですが、1学年400人強の同級生に「モスクワ」で会うなんて・・・・いや~、世界ってヤッパリ狭いのでしょうか?

そんなこんなな日曜日でした。
[PR]
by teachermakizo | 2006-11-26 22:27 | ちち | Comments(0)
夕方にお気に入りのカフェで豪遊してきました(笑)。
お家で電話を待っているのも辛いもの(朝電話したら、主治医は16時以降出勤で、検査結果は主治医を通してからでないと教えられないとのこと)。16:00以降まで待てというのか・・・(疲労)。


さて・・・。
この時期、メニューに登場する料理で好きなのは

「栗のポタージュ」

であります。この料理がロシア料理に属するのかは「?」ですが、初冬にメニューに登場します。見た目は「茶色いスープ」でなんか汚らしいのですが(笑)何処で食べてもおいしいです。大好き♪お値段は他のスープよりは高いです。1.5倍ぐらいかな。ヤッパリ手間がかかるのかも~。機会があるかた、お試しあれ。

コドモタチ、すっかり元気になりました。
何だったんだろう・・・一体。
思うに、子宮ガン検診の結果が水曜日で、週の前半はぴりぴりしてたのでその影響じゃないかな。かわいそうなことをしました・・・ううう。でも、カアチャンも好きでピリピリしてたんじゃないんだよ~。

結局、19:30を過ぎても電話が来ないので、痺れを切らして主治医に電話。
主治医曰く:結果はでているのだけど、ちゃんとタイプ打ちされた報告書になっていない。なので「結果は月曜日・・・」などと言おうとしたのでさえぎって、「このままじゃ気になって生活できない。問題があったかどうかだけでも教えてよ」と食い下がり(笑)。「まだちゃんと読んでないから・・・」と月曜日にしたがる主治医をせっついて結果だけ聞いたら、「おおむね??正常だったように思う」とのこと。何じゃそりゃ???INTERNATIONAL CLINICでもこれなのね~とムカムカしたけど、まあ深刻な異常がないなら良かった。が、前回の超音波検査で見えたものは何か?という課題が残っているので、完全に無罪放免ではないが・・・最悪の線が「おおむね」打ち消されたのはありがたいことだ。人間だから病気をするのは仕方がないけど、ここで帰国しなくてはならないような病気になったら、コドモタチはどうなるのか。病気になるなら、日本の自宅マンションが空いて(笑)コドモタチと一緒に住めるようになる1年8ヵ月後以降じゃないとこまるのだ~!!

なんとか元気でいないとね。
まずはちょっとほっとできました。どうぞこのまま、深刻なことになりませんように。
[PR]
by teachermakizo | 2006-11-24 23:32 | ちち | Comments(8)
調子を崩していた「ありょろじ」ですが。

まず、王子。
火曜日になったら、咳がぴったりとおさまりました・・・。何だったのかな。

小僧ろじ。
下痢っ子だったので、夜中にトイレ~!って言うかと思ったら・・・よく寝てた様子。
朝のウンチは普通に戻っていました。朝ごはんも、いつもの3分の1をあげてみて・・・様子見。はかないようなら、午後に残りのご飯を3分の1づつあげようと思っていますが・・・今のところ、吐きもせず大丈夫そう。良かった。

それにしても・・・突然どうしたのかな。
チチがいなくて・・・ってことはちょっと考えられない(だって母子家庭になること多いし)。ひょっとしたら・・・ここのところワタシが不安でピリピリしてたからかなぁ・・なんて考えたりしてマス。

検査結果は、明日電話連絡してくれるとのこと。緊張するなあ。
[PR]
by teachermakizo | 2006-11-23 18:08 | Rodya | Comments(6)
みなさま・・・・。
ブログが停滞しておりまして、申し訳ありませぬ・・・。

15日にかかった婦人科検診の結果が気になって、な~んにもする気が起きないので、な~んにもニュースがないのであります。ワタシも人の子なのね~、ナンチャッテ。ははは。何にも気になる自覚症状がなければ、こんな検査も余裕で結果待ちできるもかもしれないけど・・・ワタシの場合は「気になる」→「病院行き」なので、検査結果にピリピリ。

そのせいかわからないのだけど。

ちちが月曜にバクーに出張に行ってしまって不在だというのに、ありょたんが火曜日の午後から咳がひどい。夜になるにつれて悪化。食欲もあるし、ウンチも平気。しばらく続くようなら、金曜日(ちちが帰ってくる)に獣医かな・・・と思っていたら!

ろじよ、お前もか?

今日(水曜日ね)ワタシが病院にいく準備をはじめて席を立ったら・・・リビングでろじが1時間ほど前に食べたものを何箇所にもわたって吐いているではないか!本犬もゲロゲロ吐き続けている。最後のほうは泡泡、ねっとり・・・が口からぶら下がっていて、「カアチャン、キモイよ」とウルウル。よりによってなんでこんなときに!今日の再診はどうしても欠かせない・・・どうするか。とにかく・・・ろじが朝ごはんを全部吐いたあとの様子を見る。もう吐く様子はないので、以前、王子が同じような症状で医者からもらった薬(古いけど大丈夫かな・・・汗)を飲ませようとパンに包んだら、「キモイからパンは嫌」とイヤイヤ。

ろじが食べ物を断る・・・こりゃ、重症か?

置物のようになったろじの口に薬入りパンを押し付けても、かたくなに口を閉ざしているので・・・しょうがない・・・直接お口へGO!しばらく様子を見たが、おとなしく寝ていたので。。。はは、心を鬼にして病院へ行ってきました。

病院では・・・ヒート中なのに検査実施・・・・ひ~!!!
ろじのことも心配だし、自分の今後も気になるし・・・病院のスローモーさに発狂しそうでした・・・!

留守中にろじが倒れているのでは?とビクビクしながらドアを開けたら・・・ろじ、元気になってました。お腹は・・・やっぱり下痢下痢だったので、整腸剤を飲ませて絶食(ありょたんも・・・かわいそうだけど)。ワタシも検査で疲れたし、コドモタチもなんだかよく寝てました~。

あ~あ、早く検査結果が出てすっきりしないかしら。
[PR]
by teachermakizo | 2006-11-22 12:42 | はは | Comments(0)
c0015041_5959.jpg

皆さんのご要望のありました「涎掛け装着」写真です。
ここのところ、毎日この姿でお食事してます。

今日はシャンプーデー。
疲れましたわ。

追伸: ELLEさん、お洋服写真はもう少しお待ちください~♪
[PR]
突然、ちちの会社の部下?(同僚?)から電話

「ワンコに癒されたいんです。見に行っていいですか?」

とのこと。ちちは彼に「うちの犬では癒しにならないかもよ。強暴だから」といったのだが、「大丈夫です!」との返事。

ありょろじは女性のお客様には慣れていて、犬を怖がらない(犬飼育の経験のアル人)女性、しかも「若ければ若いほど良し」。若くて綺麗なお客様はいつでも大歓迎。チチ曰く「犬でも、若さとか美しさとか分かるんだなぁ・・・・」。

が。
犬友達も女性が多いためか、我が家に若い男性が来ることはめったにない。
来るとしたら、なんかの修理とかの職人で、えてして「犬いるの?噛む??」と、やや腰が引けているので、いつもそういう機会があると隔離している。男の人が来るとどうなるか・・・し、心配・・・・。果たして「癒される」のか???

で、N氏登場。
ちちより7つほど年下である。

最初、コドモタチはガウガウしたが、彼が全然平気だったのがよかったのか、女性が来たときよりはやっぱり時間がかかったけど、最終的にはだいぶなれた。でも、なれてない人に上から手をかざされると怖がって吼えた(特に、ありょたんは眼が悪いので、何をされるかビックリしたようだ)。そのほかは特に・・・ありょたんがカイグリされているところにろじが乱入して、兄弟の間が険悪になった以外は特になかった。ありょろじは人をわざと噛んだことはないが、ひょっとしたら・・・と心配だったのだが。杞憂だったようだ。めでたい。

しかし・・・。
あんな大騒ぎで、彼は本当に癒されたのか?

「癒された?」って聞いたら
「ええ」
って言ってたけど(汗)。
[PR]
by teachermakizo | 2006-11-18 22:50 | Alyosha | Comments(0)
今日はちちの39回目の誕生日です。
いよいよ30代も最後の1年ですね~♪

そんなちちですが、月-火曜日のベルリン出張で疲れたのか・・・のどの痛みと鼻づまりでダウン。昨日はつかれきって休んでおりました・・・哀れ。昨日、薬漬けにしたのが良かったのか?多少楽になったようなので、張り切って出勤いたしました。昨日、不本意にも休んでしまったので、今日は誕生日とはいえ、帰宅は遅いでしょう。。。。

******************************

ところで。

日本のニュースをNETで見ていたら、フィリピンで野良犬に手をかまれた方が発症し、お亡くなりになったと記事がでていました。まさか海外で犬にかまれて、まさかかんだ犬が狂犬病だったなんて思わなかったのでしょう。

犬を飼っていない人には全く縁遠い「狂犬病」ですが、世界中ではまだかなりの死者を出している病気です。中国では念に何千人もの規模でなくなってますし、中国在住の日本人が青空市場で飼った仔犬が狂犬病で死んだ(飼い主さんは幸いにもかかってなかったようですが)ということもあるほど危機が身近にあるともいえます。

ここロシアでも、まだ狂犬病があるとのこと。
この野良犬の多さを見ていると、無理はないな・・・と実感します。本当に多いんです、野良犬。ちょっと中心から離れた地区では、群れを成して(犬は群れの動物だというのを実感します)生活しています(10頭以上は必ずいます)。ロシア人は動物が好きだし、ゴミの管理が恐ろしいほど不徹底なので、犬たちが悲壮なほど痩せているということはありません。林や森の中に住んでいる犬たちはどうか分かりませんが、街中に住んでいる犬はとてもおとなしくて、全く無害。吠え掛かったり、飛び掛ったり全然しません。時に暖を取るために地下鉄の中にいたり、電車&バスに乗っていたり、寝てたりします。大抵の人々は何もしないし、言わないし、いじめたりしません(まあ、それでも、最近あまり見なくなっては来たので、公共交通機関には入れないようにしているのかも)。こんななつっこい仔たちでも、ロシア人は絶対に触りません(たとえ、散歩中にあった犬同士でも、飼い主さんは相手の犬を触らないです。日本とは全然違います)。やっぱり、自分の知らない犬はどんな飼われ方をされているか分からないから・・・なんだと思います。

そういえば。

前回の滞在時に、喧嘩しているワンコたちの脇を通過しようとしたら、太ももをワンコにぱくっと割れたことがありました。かえってすぐ消毒しまし、狂犬病のことは知っていましたけど・・・そのままに(汗)。あの犬が狂犬病ウイルスを持っていた犬だったら、ワタシ、死んでましたな、多分。今回こちらに来るときは、狂犬病の予防接種はきちんと受けてきましたけど。どんな病気も絶対ってことはないので、特に海外に行くときは気をつけないといけませんね。
[PR]
by teachermakizo | 2006-11-17 13:24 | ちち | Comments(7)