<   2005年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

昨晩、ちちは病院からもらった軽い睡眠薬(寝ている間にも会社で仕事している夢を見るとのことで、神経が休まらない為、処方された)を飲み忘れ、今朝は必要以上に早く目覚めた(らしい)。で、行くつもりでなかった車検に行くことにして、朝もはやくから出かけて行った。

ワタシが起床して、コドモタチに御飯を上げる頃に帰宅した。
色々不足なものがあった上に、出張の間、会社の近くに一晩車を駐車していたら・・・ワイパーを盗まれた(笑)。実は、昔はこういうことが良くあって、路上に車を止めるときには、ワイパーとかラジオとか取り外しのできるものは取り外しておいたものだ。ハンドルをロックしたり、警報装置をつけたり。最近はそういうこともないのかと思っていたのだけど、やっぱりまだあったか。

車検の検査場で、おまわりさんに「じゃあ、ワイパー動かして」といわれ・・・初めてなくなっていることに気がついたらしい。「シャ~、シャ~」とむなしく音だけが響いたとか。検査官に「これじゃあ、車検は通せないなあ(笑)。ちょちょっといって買って来い」といわれたそうな。まあ、他にも色々買い忘れたものがあったらしくて(救急箱、消火器などなど)ついでに買って、書類を出したら無事に車検証が手に入ったらしい。万一、街中でガイー(交通警察)に呼び止められても、書類さえそろって入れば恐れるに足りず。ちち、大喜び。

で、早速郊外にお出かけしました。
さて・・・何処へ行こうか。お天気も良いし、ありょろじがモスクワに住んでいたという証を残すため?に写真撮影が出来る綺麗なところがいいね・・・という話になり・・・行って来ました・・・セルギエフ・パッサート(ザゴールスク)という美しい教会のある町。モスクワから1時間半ほど。車も(中古だけど)新しいし・・・快適ドライブでした!
c0015041_154631.jpg

教会の中まで連れて行くほど非常識じゃないつもりだったけど、もしかしたら、周辺の公園も犬禁止だったのかな・・・何も言われなかったけど。道行く人に「きれ~」とか「かわい~」都会割れてたので、コドモタチは楽しかったんじゃないかな。
[PR]
by teachermakizo | 2005-07-30 19:53 | ちち | Comments(6)
犬が2頭いると、同じ犬種・性別でも全然違うのが不思議でならない。

たとえば・・・ありょろじのお風呂の間隔。
王子は皮膚の関係もあるし、コートも油分が多い感じなので「1週間~10日に1回」がBESTなかんじ。2週間だとちょっとカイカイ気味。冬場の間、何週間も1回も外を歩かなかったときは、2週間でも大丈夫だった。夏はお散歩に行くし、道路の埃やらアスファルトの削りカス、車の排気ガスなどで、シャンプー前はブラシをすると手がよごれるほど(散歩のあとに体を拭いているのに!)

ろじは・・・2週間でもOK。3週間でも場合によっては大丈夫だけど、足先が白いので、やっぱり汚れはする。皮膚がノーマルなので本当に助かる。忙しいときなどは、かわいそうだけど、ありょたんだけ洗ってろじは次回・・・ということもある。

通常は週末にコドモタチをお風呂に入れるのだけど、今日はなんとなく体力もある?し、今週末はちちが「車検を通しに行きたい」と言っていて時間がないことも考えられるので、突然、シャンプーデー。先週は時間がなくて洗わなかったので、今週は絶対だ。

ところで今日はベーラさんデーだった。
いや~、ベーラさんが帰ってきて心労が減ったよ。ナターシャの時は本当に気を使ったから。ベーラさんだと、ありょろじのブラッシングでお腹を出させているときに、ドカドカ部屋に入られて、掃除をはじめても全然平気だしね。

ところで・・・ベーラさんに「大家にはまだ内緒だけど、引っ越すかも」と内緒話。一応口止めしたけれど(笑)どうかね。そしたら、ベーラさんは「値上げなんてとんでもないわ。もっといいところがあるなら引っ越すべきよ。引越の準備は手伝うわ」と言ってくれたのだが、彼女自身は大家の紹介なので「ワタシ、仕事がなくなっちゃうのね」とシュン(笑)。「嫌じゃなければ、新しいうちに引っ越しても来る?」といったら、とっても喜んでくれた。ありょろじもなついているし、遠くに引っ越すことは考えてないけど、ベーラさんが大変でなければ来てもらおうと考えている。

引越になって・・・困るかもしれないのはトリマーさんだな。彼女こそ、あんまり遠いと来てくれないかも(今だって片道一時間半だってこぼしてたから・・・・)。
[PR]
by teachermakizo | 2005-07-29 14:39 | Alyosha | Comments(4)
ワタシのことではありません(爆)。
ろじのことです。

ろじはワカイオトコの人が怖い。特に日本では中高生くらいの子が集団下校(笑)していると、ものすごく怖がる。散歩の途中に、前や後ろに若い男の子が「楽しそうにおしゃべりしながら」歩いているとパニック!まるで、以前、ワカイオトコノコに襲われたことでもあるかのよう(もちろん、あるわけない)。何でだろうなあ???謎。

ちち、病気だというのにドイツに1泊の出張です(爆)。
でも逆に気分転換になっていいかも。デュッセルドルフのオフィスには同期の人が赴任していて、今回の「自律神経失調症」の件では相談にのってもらったから。K君には申し訳ないが、ちちの泣き言に付き合ってもらったら、ちょっとは気が晴れるかもしれないしね。

今日「も」また工事が入りました・・もう、嫌になるよ!!!
月曜日は洗面所の水道の蛇口を代える工事。時間がかかってうんざりだったけど、やっとまともな量の水&お湯が出るようになった(ほっ)。その間、ありょろじは別の部屋に軟禁状態・・・別に出しておいても害はないのだけど、人の移動に敏感で「どこいくんだよう」と飛び掛ったりするので、怖い人は怖いしね。邪魔にならないようにかたしました。

今日はリビングのクーラー(最近涼しくなったというのに)に「こっそり」フロンガスを足す工事(涙)。業者によると、化石並みに古いクーラーらしいのだけど、とてもよいクーラーで、なんでも、ちゃんと動くときには「冷蔵庫並みに」冷えるそうな(別にそんなに冷えなくてもいいのよ。モスクワなんだし)。ただし・・・フロンガスを使用していて、マイシーズン足さないと、冬の間に抜けちゃうそうな(それってどうよ)。もう夏も終わりだし、もう入れないでいいや・・・と思っていたら、大家が工事の人を呼んだ・・・なぜなら、家賃値上げ交渉のときに「クーラーも効かないし、故障ばっかり」とちちが言ったから見たい(笑)。2万円もかかったのだけど、何故か半分払わされた・・・何故?ちち、激怒したが、出張に行かねばならず・・・引越の可能性がまたUP。

実は不動産屋に家を探してもらってる。日本でこれだけの金額出せば、お城みたいなところに住めるのに、ココでは今ひとつ。引っ越すなら、ありょたんの目が見えるうちに決めたい。

ちなみに・・・クーラーの業者も若いアンちゃん。ろじのビビリ振りが面白かったワン。
[PR]
by teachermakizo | 2005-07-28 21:06 | Rodya | Comments(0)
1ヶ月、故郷の町に引っ込んでいたお手伝いのベーラさんが帰ってきました!

「ベーラさん!」
「○○○!」

ひしっ!

と抱き合った(笑)というのは冗談だけど(笑)。

べ「1ヶ月寂しかったわ」
は「うちもだよ~(こっちは切実)」

ありょろじも大喜び。1ヶ月会わなかったけど、すぐに思い出したみたいで、以前のように掃除中に居眠りこいたりしてました。は~、よかった。ほっとしたよ。ナターシャには悪いのだけど、ベーラさんが戻ってきて本当によかった。

話は変わるが・・・。

今日の夕方のお散歩で、ありょたんラブ♪なワンコが公園からついてきてしまって本当に困った。どうやら、公園脇のマンションの飼い犬らしくて、公園内には飼い主がいないところから見て「自由散歩中」だったとみた(怒)。ありょたんは「ボクはオトコだ~!!!」と威嚇しても「はう~ん♪」(ラブラブ)で効果なし。大きいワンコだし、ちょっと皮膚に疾患があるようだったし・・・まったくもう!ってかんじ。次回公園で会ったら、絶対に飼い主に言ってやろう!!!
[PR]
by teachermakizo | 2005-07-25 23:31 | はは | Comments(4)
時間の問題だろうと冷たく観察していたら、とうとうなりました(笑)。
ちち・・・自律神経失調症(神経衰弱)です。

昨日の朝、会社に行こうとすると「動悸がする」、なんでもないのに(仕事のことを考えると)涙が出る、朝になるとぼおっとして意の調子がおかしくなる。。。などなど「お決まり」の症状がでて、会社にいけなくなり・・・ちちを何十倍にも強化したようなワーカホリックの上司に「さぼりだろう」といわれないように、こちらのヨーロッパ系の病院のメンタルヘルスに受診してきました。精神科のセンセイには

* 2週間の完全休養(携帯電話も切る・会社関係のことにはかかわらない)
* 毎日9時間は最低寝ること
* 仕事は一日9時間以内におさめること

といわれましたが。絶対無理(爆)。
まあ、幸いにも8月10日あたりから2週間の夏休みなので(ひょっとすると引越になるかもしれないけど)ちょっとは休めるかもしれません。でもさ~、病気してまで仕事ってしなくちゃいけないのかねえ・・・理解できない・・・。

さて、「一緒に病院に来てよう」と若い娘さんみたいなことをちちが言うので、一緒に行って、受付で本でも・・・と思っていたら「ドルック(友達) 犬編」という雑誌があったのでペラペラ・・・。
おお!特集がコッカースパニエルではないか、何たる偶然・・・・と読み始めたら、テーマは「コッカースパニエルとレイジシンドローム」。

レイジシンドロームって知ってますか?コッカーに多いといわれているのだけど、平たくいうと「原因・理由もないのに、突然、怒り狂ったようになって人を噛んでしまう」症候群で、遺伝するといわれています。

どうやら、雑誌の数号前に外国の学者が「コッカースパニエルとレイジシンドローム」という原稿を寄稿したらしく、それを読んだ読者(コッカー愛好家)が激昂した・・・とそういうことらしい。自分の愛好している犬種が非難されると感情的になるのは何処でも同じだと思うけど、ロシア人は・・・・すごいですよ(爆)。NET上や関係者の間に大騒動となり、A・コッカースパニエルクラブ、E・コッカースパニエルクラブの代表者がそろって「抗議の手紙」を送ってきたほど(笑)。

愛好者いわく「一部の凶暴な(飼い主が育て方を間違った)コッカーだけをみて「コッカーは強暴だ。レイジシンドロームが多い」とはいかに?それでも学者か!!!」と怒りが覚めやらない様子。また、犬をトリミングすることで生計を立てているトリマーさんなんかも書いていて、彼女いわく「確かに、クライアントでよく噛む犬種NO1はE・コッカーだけれども、それは小さい頃からトリミングにならす環境になかったからと、飼い主の育て方、犬に対する無理解が原因だし、そもそも、自分の犬が「凶暴でどうしようもない」とこぼしている人ほど、「訓練士さんをやとったら?」とか「躾教室に行ったら?」と薦めると「お金がない」とか、「面倒くさい」とか、最悪の場合には「何で?」と聞かれてしまうことさえある。「レイジシンドローム」がコッカーに多いというのではなく、これは「どの犬種にもありえる」とワタシは思う」・・・・との意見。

でも・・・どうなんだろう?

うちの主治医は「コッカーは噛む仔が多い。ありょろじはフレンドリーで本当にいい仔」(←ホントか(爆))と言ってたし、トリマーさんも「コッカーは噛む仔が多い」とチラッと言ったことがあったっけ。

とはいえ・・・飼い主側にも問題があるのも確か。

人間は、自分たちの躾の失敗?や努力の欠如を棚に上げて、ちょっと何かあると「レイジシンドロームじゃないか?」とか「脳に障害があるのではないか?」とか「この犬は頭が悪い」とかすぐに言うのが腹立たしい。本当の「レイジシンドローム」は、そんなに数は多くないと専門家は言っているし、「レイジシンドローム」どうこうを言う前に、問題行動があればプロに相談したりできることはいっぱいあると思う・・・医学的にどうこうは、できることをやってみてから。そういう意味では、ロシアでも日本も同じ。

雑誌には「最近は、ものすごい高いお金を出した犬でもシェルターに持ってくる飼い主が多い」という記事もあって、ソ連からロシア、共産主義から資本主義へ移行して、悪い傾向も全く同じなのは悲しむべきことだ。結局、どの人種でも人間は皆、根本的には同じということなのだろうか・・・・まったく、人間ほど残酷な動物はいないと思う。きっと皆で地獄行きに違いない。
[PR]
by teachermakizo | 2005-07-22 13:03 | ちち | Comments(17)
ちちです。車が来ました。

2月からレンタカーで借りてたウズベキスタン製のデーウ(Daewoo)に比べると、プジョー206は加速も滑らかだし、静かだし、道のでこぼこも比較的気にならんレベルで耐えられるし・・・・ということで、とても気に入ってます。


特に、ははが(苦笑)。

急に車の中を拭き拭きしたり、「洗車にいこう」としつこく言ってみたりw)。

ありょろじは今までと変わらんね。少し広くなったことくらい気づいてくれい。
[PR]
by teachermakizo | 2005-07-18 11:33 | ちち | Comments(6)
土曜日・・・朝一番にディーラーに行き、決めていた車の購入手続きをしてきました。

希望は「プジョー」の307シリーズ、できればメタリック・・・だったのだが、予算の関係とディーラーの在庫をつき合わせて、結局、「プジョー」の206(307より小さい)でブルー(メタリックじゃない)になりました・・・ことごとく希望通りにならなかった(涙)。でも、前のオーナーさんが女性でノンスモーカーだったらしく、サロンも比較的綺麗で匂いもない(307は臭いがひどかった。シートも汚れてたし)し・・・ディーラーも在庫の307よりはこの206の方が状態がよいということでこちらにしました。

長く使ったレンタカーをお返しして、はれて土曜日からマイカー生活・・・新しい車(中古だけど)はクーラーがつくので(ロシア車や安い車にはクーラーがついてないし、そのままつけない人も多い。ロシアの夏は数ヶ月だし、耐えられない暑さ・・・というのはあまりないので)コドモタチを連れてお出かけが出来る!今まで夕方になるまで出かけられなかったけど、これからは昼間だって一緒に連れて出られるのはうれしい。

で、日曜日(今日)郊外までドライブ。
おやつやお水をもってルンルンでかけたはいいのだか・・・郊外・・・ワイルドすぎ(笑)。
草ボウボウで何をつけてくるか分からない・・・ということで挫折。手入れがされている、モスクワの公園に戻って少し遊びました。
c0015041_4464420.jpg


ちち、DAEWOOのMATISに疲れていたので、今回のお買い物には満足だったようです♪
[PR]
by teachermakizo | 2005-07-17 11:36 | ちち | Comments(3)
人間でも話していると、「おねえさんっぽい人」「オトウト(イモウト)っぽい人」がいて、「ご兄弟は?」って聞くと、本当に下に兄弟がいたり、うえにお兄さんお姉さんがいたりする。

犬と人間を比べるのを嫌がる人もいるけれど、ワタシは全然気にならないのであえて比べてみるが、犬も先住犬がいる仔の性格は人間の場合と似ているような気がする。

あまりにも極端な例かもしれないけど、ろじだって、ありょたんに万一もしものことがあって一人っ子になったり、またはオニイサンに(爆)なったりしたら、今のような甘えん坊でなくて、もうちょっとオニイサンぽく成長するのではないか・・・という気がする。

今のろじは・・・自分は大丈夫!と思っているかどうかはしらないけど、か~な~り、王子に依存している。何かあるとすぐにありょたんの後ろに隠れたり、お尻を引っ付けたりする。また・・・ありょたんの食べているもの、寝ているところ、おもちゃなどは絶対に自分のよりもいいものだと思い込んでいて(多頭飼いのところは皆そうだと思うけど)、同じおもちゃやお菓子をあげても、必ず自分のは放り投げて王子のを横取りしに行く。全くいい迷惑だ(ワタシも下に弟がいるので良く分かる)。車の中でも、運転席後ろの後部座席の足元に「王子用クッション」が置いてあって、王子は、まずは必ずそこに横たわるのだけど、ろじは必ず王子の行くところに寝たがる。後部座席の足元に王子とろじが一緒に寝れるわけがない。ジッと見つめても王子がどかない場合。ろじは無理やり体を割り込ませるので・・・気位の高い(ろじが嫌いで、体が触れ合うのが我慢できない)王子は仕方なく座席の上で寝たり、助手席に移ったりする。せっかく王子が場所を譲っても、しばらくすると、ろじはありょたんのいる場所に移動してくるのだ。まったく「変な仔」である。

さて・・・今日、ありょろじに「ウワサのグリニーズ」をあげた。

ありょたんはおりこうにコマンドに全て従ったので、すぐにもらえた。
ろじは・・・ヒール、臥せと来た所で我慢できなくなって、ははの手からグリニーズを「もぎとろう」とした。もちろん、そう簡単に取れるはずもなく、お仕置きとしておやつをもらえない。しばらくしてから、やっとかっともらえたのだが・・・・ろじ、食べない。口に入れたまま、王子の周りをくるくる回って「いいでしょ~。僕だけもらったんだ~(るんるん)」。ありょはろじのお菓子を取ったりは絶対にしないけど、取られると思っているなら(家は広いんだから)何処でも好きなところで食べれば良いのに、口に入れたままありょたんの近くに横たわったりしている。・・・・はっきりいって、嫌な奴(笑)。挙句の果てに、口に入れたまま寝ちゃったりして(いびきまでかいて)。
c0015041_2349388.jpg

で・・・1時間以上たって、やっとモグモグしましたとさ(ありょたんは馬鹿らしくて、付き合いきれないってさ)。

ちなみに・・・うちのオトウトも種類の違う何かがあって、どちらかを「先に」選ぶときに「お姉ちゃんはどっちがいい?」と聞いて、私が選んだ方を選んでいた(ちなみに、ワタシはいつもほしい方とは別な方をさしていたので、実に平和な毎日だった(笑))。
[PR]
by teachermakizo | 2005-07-14 18:22 | Rodya | Comments(7)
はは&コドモタチがモスクワに来て半年になるが、ちちが決めたこのマンション?の問題の多さにはビックリ。「ろしあびとの日記」にも書いているけれど、毎月毎月、どこかなにかが故障したりおかしかったりして、修理の人にいつも来てもらっている気がする。

先日、突然予告もなしに朝から夕方まで水が出なくなった。
それ自体も困ったのだけど(幸いにもミネラルウォーターを取っているので、もったいないけどミネラルウォーターで代用できた)、断水が終わって蛇口をひねったところ、洗面台の2つの蛇口から水がちょろちょろとしか出ない!断水前はなんでもなかったのに・・・。で、水道工に来てもらったところ、

「洗面台へ水を供給する管に、断水の汚水に含まれるごみが詰まったのだろう。管がすべて壁の後ろにあるので・・・どうしたらいいか分からん。ちょっと時間をくれ」

と言って、朝からあんなに待ったのに(朝一番で来ると言って、来たのは3時前だった)5分もしないで帰った(怒)。

さて・・・どうしようか。

大家たちはスーパー細かいので、できれば呼びたくはない(ちなみに、ろじのお漏らしはあれからすぐにしなくなったので、大家が来ても心配はない)・・・が、こんなに故障が多いとなると、やはり言わねばならんだろう。で、電話した・・・・ら、その日の夕方にすぐ来てくれた(お金がかからないことに関しては、本当に迅速なのである)。

ありょろじ、大喜び!狂喜乱舞!

彼女もコッカーを飼っているせいなのかしらないけど、全然違う。ベーラさんの娘のナターシャとは今ひとつ(笑)で、多分,ナターシャが内心怖いと思ってビクビクしているのが伝わるせいだと思うのだが、どうもしっくり来ていない。

ちなみに「犬は大丈夫」と言って、我家にずかずか入ってきた様々なマスチェル(修理工たち)とも、そんなに悪くなかった。やっぱり・・・ビクビクしているのが一番良くないのかもしれない。とはいえ・・・ビクビクするなと言っても出来るもんじゃないので(笑)、ナターシャには「お菓子皿」を持たせて、ありょろじが近寄ってきたら菓子をやる・・・・という古典的な作戦でなんとかやってる形。ベーラさんが帰ってくるまであと少しなので、なんとか無事に過ごせたらいいと思う。ベーラさんとは大丈夫なんだけど・・・・。

ありょろじはエレーナ=ミハイロブナのひざに乗ったり、おもちゃを足に押し付けて「遊んで」とねだってみたり・・・・今まで3回しか会ったことないとは思えない。ナターシャなんて、もうすでに何回も来ているのに、いまだに仲良くなれていない。ありょろじ・・・どちらがよりかわいがってもらうかで喧嘩・・・挙句の果てには、帰る段になって「帰っちゃ嫌だ!ワンワン!!!」と大騒ぎ。

ふ~む、犬に好かれう人とはこういう人のことを言うのかしら?

ちなみに・・・今日、洗濯機の修理の人が来てくれて、洗濯機をみてくれた所「なおすよりは新しく買った方がいい」との意見で、彼女にもそう言ってくれたのだが、「何とか直せないかしら」とがんばっていた。・・・・・・無言。どうしてそんなにケチなのかなあ・・・ちょっと分からないな(笑)。
[PR]
グリニーズは、ありょろじの大好きなおやつのひとつ。

日本から持ってきたグリニーズのストックは底をついてしまったので、銀行の用件でドイツのデュッセルドルフにちちが出張のときに、あちらのベットショップで買ってきてもらう。何ヶ月かに1回しか行かないので、いつも大きな箱入り(100~150本入)。どこのショップでもあるわけではなくて、ちちが出張の合間に「足を棒にして」ペットショップめぐりをしてやっと見つけたらしい。それにしても買えるところを見つけてよかった・・・でなければ、日本やアメリカから送ってもらわないとならないところだった。モスクワでも探したし、パリの友人にもパリで探してもらったけど、見つからなかった・・・・・。

で、大好きなグリニーズなんだけど、これをあげると困ったことが。

実は・・・うんにょをモグモグしてしまう(汗)。
なんと言っても、グリニーズを食べるのが早すぎる。3口ぐらいで食べてしまうものだから、未消化のときがある。グリニーズが未消化でワタシがすぐに気がつかないと「モグモグ」・・・・の可能性が一気に高まるのだ。ハウウ。グリニーズの塊がうんにょに入っていなければ、さして気にもしないのだけど。

皆さんのワンコはグリニーズをじっくり食べますか?
ありょろじはめちゃくちゃ食べるのが早いです・・・特にろじは、砕いて丸呑み・・・って感じです。
[PR]