<   2005年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ありょたんは、おトイレは完璧で(はみだすことはあるけれど)全くトイレでないところに
したということは、覚えている限り1回しかない。

ろじは、ありょたんよりトイレを覚えるのは時間がかかったけど、覚えてからは
トイレ以外で粗相したことは、覚えている限り、2-3回しかなかった。

なのに・・・ろじときたら、ここ数日、ほぼ毎日粗相の連続(号泣)。
いったいどうしたというのか?こちらに来てからつい最近まで、粗相はなかったというのに。
なんだか、トイレシートより絨毯やラグの方が気に入ってしまったといわんばかり。
トイレシートにもするのだけど、何故か全く違うところで「ち~」とやっていたりする。
おそらく・・・トイレシートが置いてある「洗濯室」が落ち着かないのだろう。
洗濯機や乾燥機の音が不愉快なのかもしれないし、他に理由があるのかも
しれない(なんと言ってもビビリだから)が、今のところ、ここ以外にトイレを作成することが
出来ない。なんとか「洗濯室トイレ」に対する不信感を取り除いて、元のところでしてもらう
ようにしなければならない。

昨日一日はトイレの失敗はなかったのだが、今日は、洗って乾いたばかりのラグに「ち~」。

NETで調べたら「叱っちゃ駄目」と書いてあったので、張り倒したいくらい頭に来たにも
かかわらず、またしてもラグを洗濯機に。

粗相する→洗濯機をまわす回数が増える→洗濯機の音がいや→粗相する

悪循環。まあ、洗濯機が回っていなくても、お手伝いさんが来ていなくても粗相しているので
トイレのある場所に「落ち着いてトイレが出来ない印象」がついてしまったのだろう。

昨日から、トイレを上手に出来たら「ご褒美」作戦を開始した。
これも意外に難しい・・・というのも、ずっとろじだけを見張っているわけに行かないから。
気がつくと上手にトイレが出来ていたりする。良くしっこされるラグをはずすのもちょっと
怖い・・というのも、床に直接されてしまうと木目にしみてしまうので、「まだ」敷物の
上に粗相されるほうがましなのだ・・・。

この状態が続くのなら、ろじは留守中、バリケンに入れていかないとならない。
ろじぃ~、タノムヨ。トイレぐらいはちゃんとやっておくれ・・・・。

c0015041_2221466.jpg

[PR]
by teachermakizo | 2005-04-17 12:00 | Rodya | Comments(0)
ありょたんは肝臓の数値が高いことが分かったので、獣医師に指示された薬を服薬中。
目は決したよくなったわけではないし、手術の件も考えなくてよくなったわけではないけれど、なんだか、ちちもワタシも今のところ考えることをやめてしまっている。現実逃避なのかもしれないけれど、気休めばかりの「白内障の目薬」を1日2回さしてやって、一見、平穏な毎日を過ごしている。

が!

ここ1週間、本当に困ったことがおきた。

誰かが「トイレ以外のところ」でちっこをしているのだ。
しかもどちらがやっているのか、今日の今日まで分からなかった。
私が目を離しているときに限って、一瞬の隙を突いているのだ。

洗えるものは洗えばいいことだけど、絨毯は粗相の場所によっては洗えないし、「ウチノコはチッコはちゃんとします!」と大家に言い切った手前、これは非常にまずい(涙)。日本のお家で、トイレはちょっとずれたり、はみだしたりすることはあったけど、全然トイレでないところでしたりすることはなかったのに。

考えられるのは、お手伝いさんが使う掃除用具がトイレの物置にあって、お掃除中は落ち着いてトイレが出来ない・・・・というのもあるのだとおもう。が、粗相が必ずしもお掃除中だけに限っていない・・・。はう・・・・。犯人の目星はついていたのだが、現行犯で捕まえられていなかったので確信がなく、叱ることも出来ずに、べそかきながら絨毯をゴシゴシしていた。

今日は・・・つかまえましたよお!!!
犯人は「ろじ!お前だ!」
c0015041_340617.jpg

[PR]
by teachermakizo | 2005-04-16 03:42 | Rodya | Comments(0)
モスクワにも遅い春がやってきました。
待ちに待った「春」がやってきたのは、先週の金曜日。
急激に気温が上がり、日中は10度以上にもなりましたよ。空は真っ青でさわやか、モスクワ川の氷も溶けて、路肩にかき上げられた雪も溶け、日向ではうっすらと緑が見えたりします。

ワタシはモスクワでは、春が一番美しいと思います。
今週末ごろには雪もおおかた溶けて、来週には木々に鮮やかな緑が芽吹きます。それはそれは綺麗で、鮮やかですよ。日本とはまた違った感じです。

我家の中庭は建物の影になっていて、なかなか雪が溶けないのが悩み。
現在、路肩の雪を崩して道路にかきだして、少しでもはやく溶ける様「雪かき隊」が頑張っています。
c0015041_1812324.jpg

ご覧のとおり、玄関からがかなりぬかるんでいるので、お散歩の際には乾いているところまで「だっこ」。今朝も、ちちと1頭づつだっこして、ちょっとお散歩しました。

いくらお家が広くても、やっぱりお外のお散歩とは違うようで、お散歩した日はとってもグッスリよく眠ります。玄関先の雪が溶ければ、私一人でもお散歩にいけるので待ち遠しいです。

それにしても・・・ありょたんの抜け毛がすごい。どうやら換毛期到来のようです(ろじは薄げなので、余り変わらないのですが)
[PR]
ありょたんが11ヶ月、ろじはうちに来てからずっと「手作り食」を食べているのだが、昨年後半から「DR.ハーヴィーズ」という「半手作り食」を織り交ぜるようになった。これは、人間のシリアルみたいなものを煮て、新鮮なたんぱく質(肉魚など)とオイルを後から混ぜる・・・というもので、忙しいときとかには本当に便利。完全オーガニックで、手作り食で本当に栄養素が全部取れているのかと心配だったので、補助的な意味であげ始めた。が・・・人間とは怠惰なもので、いつしか、コドモタチのご飯は朝晩共にこれだけに。

こちらに来てから、ありょたんが肛門の周りを気にしてなめるようになった。
肛門腺は絞っているのでそのせいではない。肛門周りにぽちぽちが出来て、皮膚が荒れている。ろじはなんともないけれど、ありょたんには長期の過熱食は「体に溜まるもの」があるのかな・・・と思い、自分の怠惰を反省する意味も込めて最近、また手作り食に戻した。日本から苦労して持ってきた「DR.ハーヴィーズ」も時々織り交ぜて、変化をつけるようにした。ありょたんのお尻のカイカイ(肛門腺はちゃんと絞っていた)は、ほぼおさまった。やっぱり、お野菜や果物、ヨーグルト、お肉・・・生の食材には「何か」があるようだ。カイカイがおさまってほっとした。

冬のモスクワには野菜が少ない。

スーパーマーケットには野菜はあるけれど、はっきり言って「こんなに高い野菜は見たことない」というほど高い。きゅうり4-5本で「800円」!高級野菜ですな。これからの野菜は外国からの輸入か、郊外のビニールハウスで栽培されたもの(最近ビニールハウスでの栽培が始まったようだ。昔は他の暖かい地方のCIS諸国からの輸入でもっと安かった)。硬いし、まずいし、高いし。

ロシアでは「ルイノック」と呼ばれる市場があって、こちらはいくぶん安い。
「ルイノック」も室内と屋外があって、室内だと野菜が凍ってないので、高め。外だと、気温によっては野菜が凍っていて、家に帰ったらぐちゃぐちゃだったとは良くあることだ。言葉が出来ないとかなり不便だし、おつりや量をごまかされたりするので注意しないとならない。すりも多いし、中央アジアからの外国人も多い。こういう場所が苦手な人もいるだろう。

先週、ルイノックに行ってみた。
数年前とは比べ物にならないほど綺麗&清潔になっていてビックリ。お値段もあがっていてビックリだったけど、それでもスーパーよりは安い。色々買って、ありょろじのご飯に還元した。

で、今日。ピーマンを切ってビックリ。
c0015041_2255663.jpg

ピーマンの中に、さらに緑のピーマンが!マトリヨーシカ・ピーマンですな。
c0015041_228117.jpg

記念撮影(笑)。

こうやってみると、ありょたんの目の白濁が目立ちますね。
[PR]
by teachermakizo | 2005-04-01 00:00 | はは | Comments(0)