<   2005年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

木曜日の夜から、ありょたんが変だった。
食欲はあるけど元気がなく、金曜日にいたっては一日中寝ていた。
歩くときもノロノロだし、ベットに上るのも億劫そう。

・・・また関節炎かな。

と思っていたら、良いほうの目が真っ赤になり、目やにもおおく
ありょたんも目を痛そうにシバシバさせていた。

・・・なにかある。

嫌な予感がした。

土曜の朝に、ちちが眼科医(ウィノナ=ライダー似)に電話して相談したところ
日曜日に前回行ったクリニックに来るか、土曜日は別のクリニックで診察しているので
そっちに来てもらってもいいとの返事だった。彼ら(女医さんと若い医者)は週2回づつ
巡回しながら診察しているのだ。

で、今日は車もあるので今日見てもらいに行くことにした。

今回のクリニックはモスクワ南東、モスクワ市の端っこ。地図を見ながらたどり着いた。
驚いたことに、ここのクリニックはきれいだし、掃除も行き届いている。ウケツケの
おばさんも親切だし、患者も我が家の近くよりはずっと少ない。

さて、診察。
一目見るなり、医者の顔色が変わった。瞳孔を開ける目薬をさして、再度診断。
悪いほうの目ではなくて、白内障が比較的進んでいなかったほうの目が急速に
(白濁したほう以上に)悪化して、炎症を起こしているとのことだった。このまま
炎症を繰り返していると、視力はおろか,眼球自体も取り除かなければならなくなる
との診断。前回は2月8日に診察を受けているから、ほんの数週間であっという間に
悪くなったことになる。

とにかく・・・炎症を抑えるとのことで、目(!)(性格には眼球近くの粘膜)に注射
を打つとのこと。ありょたんをちちと若いニイチャン先生が抑えて
なだめたり、すかしたりしながら注射。かわいそうで涙が出そうだった。
ありょたんはちょっと泣いたけど、ちゃんと注射をさせた・・・えらいぞ。

とにもかくにも炎症を抑えないと、今後のことは話し合えないらしい。
水晶体が壊れ始めているので、危機的状況。目薬を処方してもらって
2種類の目薬を1日3回・・・来週必ず受診とのこと。

憂鬱な気持ちで車にのると・・・エンジンがかからない(涙)
ちちが車のライトをつけたままだったらしく、バッテリーが上がってしまったのだ。
踏んだりけったり・・・・ロシア版JAFを呼び・・・・車の中で凍えること1時間・・・・
何とか家に帰れました。

注射が良かったのか、ありょたんの目は綺麗に。この目がなくなるなんて
信じられない。ユーりと、手術の選択肢を含め、相談しようと考えている。
[PR]
by teachermakizo | 2005-02-26 10:00 | Alyosha | Comments(6)
実は、ワタクシ、日曜の夜から具合が悪い(涙)。
ものすごい「胃痛」で夜中に目が覚めて、一晩中一睡も出来なかった。
起きるころには、どうやら発熱したらしく悪寒が。今日は16:00にトリマーさんが
来ることになっているのに。

朝、お手伝いさんが薬を買ってきてくれた。
「とっても良く効くのよ」というその薬はロシア製・・・しかも、6R(20円ぐらい)。
ロシア製の薬は意外によく効いた。16:00までグッスリねて、トリマーさんを出迎えた。

このトリマーさんは、ロシアの「アメリカンコッカークラブ」というサイトの「掲示板」に
広告が出ていたのを見つけた。彼女は自分のサイトも持っていて、今までカットした子たち
の写真を見ることが出来る。ちちいわく、電話では「(ロシア人がそうであるように)
無愛想だった」そうだが、まずはお願いしてみることにした。

自宅出張、自宅シャンプーカット=1200R(4000円ぐらい・1頭)
カットだけ=600R
c0015041_18481917.jpg


c0015041_18524286.jpg


やってきたトリマーさんは、背の高いオンナのヒト!
トリマー暦10年と言っていたので、ロシアのおばさんを思い浮かべていた(笑)。
ありょろじにはラッキーだったかな。お姉さんで。

さて、このお姉さん。おしゃべりでもなく、無口でもなく・・・・黙々と事務的に作業を
こなしていた。でも、さすがに「ショウトリミングも任せて」と言い切るほどに
なかなか上手で、気分次第で嫌々するコドモタチも、比較的おとなしくトリミングさせて
いた。子供たちは気に入った様子。出来上がりもまずまずで、最初から上手な
人に当たってラッキーでした♪

4時前に来てくれて、終わったのが7時半。
シャンプーしてあっても結構時間がかかったのでした(涙)それに、トリミング後の掃除!
結構大変でした・・・・はぅうう、病気なのにぃ。
[PR]
by teachermakizo | 2005-02-21 17:21 | Rodya | Comments(1)
今年の雪は例年より遅い・・・とロシア人は言っている。
2がつに入ってから、本当に雪が多い。その上、気温が高めで(-5度前後)雪がとけ
それがまた凍って、本当に道路がツルツル。街には、モスクワ市が雇ったであろう
「雪かき隊」が路上&歩道の雪をかいたり、凍った雪を割って、歩行者が歩きやすいように
働いてはいるものの、やはり雪は積もる。そして凍る。凍った路は、歩行者だけでなく
車にもスリップの危険性が高まるので、「塩」とよばれる化学薬品をまいて、凍った雪を
溶かしている。

・・・・が、これが曲者で、とても体に有害らしい。
獣医さんからは「外を歩いたら、必ず足を洗って」と厳重に言われているのだ。
でも。。。お外10分、足あらい&ドライで1時間以上では、本当に効率が悪い。

で、きれいで塩に汚染されていない雪を求めて郊外へ。
郊外の雪ならきれいだし、車に乗る前にきれいに雪を落としてからタオルドライすれば
市内の汚い路上を歩くよりはずっと「後始末」が簡単だ。

で、モスクワ市内からはしること30分・・・・。
豪華な別荘地帯を抜けて、一面雪の荒地に到着
c0015041_17414692.jpg

車の中で、ありょろじに「準備」をさせ、いざ出発。さあ、何分持つでしょう??

c0015041_17442827.jpg


コドモタチ、しばらく雪にはまったり、寝そべったり、はしったり・・・うれしそうにはしゃいで
いたけれど、20分経過したころからだんだん車のほうをチラチラ見るように(笑)。
ろじにいたっては「カアチャン、寒いよ。抱っこして」とSOS信号。

というわけで、30分ほど遊んで車に戻ると、早くあけてドアをカリカリ。
濡れた服を脱がせて、タオルドライして、暖房を入れた車で帰途に着きました。
帰りは車の中でグッスリ・・・・楽しかったのか、迷惑だったのか・・・疲れたことは
間違いないようです(笑)
[PR]
by teachermakizo | 2005-02-19 10:00 | Alyosha | Comments(3)
モスクワに来て、早1ヶ月と1週間が経過した。

前回の滞在と比較した感想などは「ろしあびとの日記」につづっていくとして・・・
こちらでは犬関係のことについて書いていこうと思う。

いまだにADSLではなく、カードによるダイヤルアップなので、あまり情報収集できて
いないのだけど、大体有名な?犬DOODS店はつかめてきた感じ。

先々週行った『グレーシイ』というお店では、アメリカ製の『ヨーグルト』のトリートがあって
コドモタチもとても気に入っていた。で、追加で買いに行ったら「売れないので扱うのを
やめた」と非常宣告。・・・確かに、あんな小さなパッケージで90Rでは、ちょっと
引いちゃうかもね。

ロシアにもワンコ用のおやつがあるのだけど、私が知る限り、余り種類がないのが
残念だ。グリニーズも今のところ発見できていないので、近々、どっっかから
取り寄せられるか探して見ないとならない・・・。

こちらで手に入るトリートは、いわゆる「牛ガワ」製品。
日本と同じように骨型に結んであるやつもあるし、棒状のようなのもある
我が家では「チップス」と言う、牛ガワを方抜きした「眼鏡の形」のを愛好している。
1パック6枚入りで50R・・・ちょっと割高かな・・・と思う。

我が家では、ろじが食べるのが早くて、余所見をしていると、ろじがありょたんのを
横取りしていることがある。ありょたんは、我が家のセキュリティ対策に余念がなく
お隣のダルメシアン君が吼えると、たとえお菓子を食している最中でも
すぐに玄関に走って言ってしまう。結果、ワンワン吼えているとおやつを落としてしまって
ろじに横取りされてしまうのだ。情けない・・・・。

ロシア人は動物好きなので、ドライフードなどは簡単に手に入るし、
犬グッズも思っていたより豊富。もうちょっと色々見てみれば、面白いものも
あるかも・・・。

そうそう、月曜日にトリマーさんが自宅にやってくる!
ロシアではトリマーさんが自宅でシャンプー&カットしてくれるのが普通らしい。
シャンプーを自分ですれば、さらにお徳。1頭 600R(シャンプー抜き)=20$強くらい。
さて・・・無事にトリミングできるか、ちょっと心配・・・・。
c0015041_7492671.jpg

[PR]

ありょたんはもともと、関節がよくない。
もっと小さいころに前足の関節を痛めた時にレントゲンを取り、その後
内臓の検査のときに後ろ足をいためたのだけど、どのときにもレントゲンを取った
ので、ありょたんの全体的な関節の状態を見る機会があった。ありょたんは
関節のはまりが浅く、将来、歳をとってから『関節炎』で悩むかもしれない
と獣医に言われたことがあった。

しばらく何もなかったのですっかり忘れていたのだけど、お外に出ないコドモたち
は、広いお家で大騒ぎ。ソファーに飛び乗ったり、廊下で駆け回ったり・・・・
そうこうしているうちに、ある朝、いつも我々と一緒に寝ている王子が、床で寝て
いるのに気がついた。変だと思って抱き上げようとすると「きゃん!」と痛がる。
うれしいとすぐに飛びついてくるのに、全くしない。というより、後ろ足に体重が
かかるとつらいようだ。

で、またまたユーり先生に来てもらったところ、後ろ足の関節をいためたようだ
とのこと。またしても人間用のアスピリンを4等分にして、毎晩(寝る前に)4分の1
あげて4日間様子を見て・・・といわれた。それでも痛みがよくならないようなら
別の薬を考えるから・・・・とのこと。はううう。

今週末になって、ありょたんがだいぶいいようなので
久しぶりに完全防備で散歩に出かけたが・・・冷えたのがいけなかったのか
雪が凍って滑ルのがいけないのか・・・ありょたん、またしても足が痛いという。
5分ほどで帰って、足をきれいにして、気分転換はドライブで我慢してもらう
ことにした。

体が痒いというのでシャンプーもしたのだが、どうも長い間立っていると
違和感がある様子。しょうがないので簡単に洗って、ドライヤーは余り立たせないで
済ませた。

白内障のほうは着実に進んでいるようで、悪いほうの目はかなり白くなってしまった。
近日中に、評判のよい動物病院を聞いたので、そこの眼科医に見てもらうように
したいと思う。
[PR]
by teachermakizo | 2005-02-12 00:00 | Alyosha | Comments(0)
ユーりに何回来て貰って、『白内障じゃない』といわれても
もう信じられなくなってきた。ユーりはいい人だし、好感を持っているけれど
ありょたんの左目のにごりは取れないし、色々調べれば調べるほど
『やっぱり白内障じゃないかな』という疑いは消せなくなってきた。

その上、金曜日の夜に大家が来たときに
「ありょーしゃの目は白内障じゃないか?」
といわれたのだ。大家は自分たちが行きつけていた『モスクワで最もよい病院』
を紹介してくれた。

土曜日の朝からレンタカーで、紹介された病院に行ったのだが・・・・
今思えば・・・ロシアの人間のクリニックだって、結構なぼろさなのだから
動物では『あんなふう』なのは仕方がないのかもしれないが・・・・
余りの古さ、汚さにビビって、調べてあったもう1軒の歯医者に行ってみた。

まあ、そこも似たり寄ったりで、目を診せに行ったら他の病気をもらって
来そうな感じで(涙)。でも、そこは週2回、目の専門家が来るという。
で、ちょうど日曜日の11時から受診できるというので、日曜日も早起きして
一番に並んで行ってきた。

ありょたんはバリケンにいれ、ろじは抱っこ。
絶対にしたには下ろさない覚悟(笑)。

早朝は掃除が行き届いていて、古いながらもきれいだった。
時間がたつと、患者の靴などについている雪が室内に持ち込まれ
溶けて汚くなっていたのだろうと思う。

さて、目の先生。
ウィノナ=ライダーをちょっとふけさせた感じの美人で、ありょたんには良かっただろう(笑)。

結局、思っていたように白内障で、左は完全に曇っているので
目薬は意味がないだろうとのこと。左も始まってはいるが、まだ初期なので
目薬でどれぐらい進行をおさえられるか見てみましょうとのことだった。
こちらでは白内障の手術は盛んなようで、手術も考えてみてといわれた。
恐ろしいことに日帰りで(恐)予後の責任は完全に患者の家族もち。
白内障の手術後は、安静&頻繁な点眼が欠かせないのだが、それも
すべて患者の家族がやる・・・おおおお・・・・こわい。

目薬を薬屋で買うように言われたのだが、またしてもの人間共用。
ただし、1ヶ月点眼、1ヶ月休み・・・・と死ぬまで続けるとのこと。

帰りに薬局に行ったら、いとも簡単に『白内障用目薬』が買えた。
お値段199R(大体800円弱)。
こちらが安いのか、日本が高いのか・・・・・これならお金が続かなくて
目薬が買えないということはないだろう。

王子はどうして欲しいのだろう?
ちちも、ははも悩んでいる。
[PR]
by teachermakizo | 2005-02-07 00:40 | Alyosha | Comments(1)
大家が、『犬の室内トイレが心配』と言い出した。

というのも、ここでは、犬のトイレは外で野放し。
はっきり言って不衛生この上ないのだが、緑が一杯なので
好きなところにさせているようだ。

我が家は、色々考えて、あえて、ありょろじには室内トイレをトレーニングした。
いろんなところに一緒に旅行して、トイレの失敗で迷惑をかけたことは
ありょたん1回、ろじ1回で、たとえ他に失敗があったとしても本当に
数回だけだと思う。トイレに関しては、本当に頑張ってくれているのだ。

とは言うものの、ちちが、なんでこんな床板のマンションを借りたのか・・・・
はっきり言って、大家の心配も最もなのだ。このうちの床板は、天然木のナチュラル仕上げ
で、余り加工がされていない。ちっこでもしようものなら、しみてしまうだろう。

本来なら、万一の失敗にも簡単に対処できるような、普通の床の
家を借りるべきだったのに・・・・これは、こちらもわるかったとしか言いようがない。
もちろん、犬がいなければ全然問題はないのだが。

前回、大家NO2は室内トイレをみて何も言わなかったが、実は内心動揺していた
のだろう。家に帰って、親玉の大家NO1に相談したに違いない。で、忘れたころに
話し合いたいと言い出したのだ。

そもそも・・・いくら、ありょろじが全然関係のないところでトイレはしないと言っても
信じられないだろうし。そうだろうと思って、大家のところのお手伝いさんに週2回も
来てもらっているのだ。そのほうが、大家は安心できるだろうという、こちらの配慮だ。

まあ、もっとも・・・・お手伝いさんによその家のことをあれこれ聞くのは
恥ずかしいことだ。大家も、お手伝いさんに色々聞いたことは認めて
『どうかきを悪くしないでくれ』と、少々恥ずかしげだった。そこを突っ込んでも良かったのだが
もちろんそんなことはしなかったが。

大家NO1は、自分の目で室内を確認できたので、多少は気が楽になったとは思う。
が、今後どうするか、まだ話し合いたいとのこと・・・・余りにも心配なら、こちらも
不愉快だし、引っ越したほうがいいかなあと思い始めている。

ちちいわく、ちゃんとしたヒトなのだが、神経質すぎて、なんだか苦痛かも。
[PR]