カテゴリ:Alyosha( 369 )

こんばんは。

先日、無事に16歳になった「ありょーしゃ号」ですが、やっぱりボケちゃってるって痛感させられる日々。つい最近まではここまでひどくなかったような気がするのですが、加速度的に老化がすすんでるような気が。まあ、いいんですけど。ちょっとボケちゃってるのも、たくさんボケちゃってるのもあまり変わらないのでww あ、でもトイレだけは最後まで覚えててほしかったか。

今日はワタシの作業台のわきに積んである収納ボックスとタンスの間に挟まって、また「ひーん、ひーん」と泣き怒り?身動きが取れなくなったのがすごくストレスだったらしくて、ちびってました・・・大きい方ですけど(涙)。お腹が緩くなくてよかったですよ、これが下痢だった日にはもう・・・以下自粛。

さらに!

どっかから、またしても「ひーん、ひーん」って泣く声が。
探してみても姿が見えず・・・どこ行ったのかな・・・と声を頼りに探してみたら、どうやって入ったのか?ソファーの下に(怒)。埃だらけになるじゃないか!(今週末シャンプーだからいいけどさ)

昨晩は、なぜか夜中に徘徊。勘弁してくれ~。
徘徊しながら粗相するんじゃないかと思って、良く眠れなかった・・・(涙)。
ちゃんと寝れないのって、実はすごくきついんだ。
ニュースで、介護者の虐待とか聞くけど・・・なんだか状況が分かるな。
まあ、ここまできたら一方通行→だから、日々こなしていくしかないのだけど。



ボケちゃった老犬のすることは、奇妙奇天烈ww
びっくりするよ、まったく。




[PR]
by teachermakizo | 2017-05-11 20:29 | Alyosha | Comments(0)
c0015041_20124255.jpg

ありょ爺さん、今日で16歳になりました!
いや~、正直この日を迎えられるとは思っていませんでした・・・毎日彼の世話をしていると、なんだかもう無理な気がして。でも、犬のオトウサンは「ひょっとしたらいけるかも?」なんて言っていましたがw 

昨日、主治医に「月曜日、ありょ16歳なんですよ」っていったら、あっさり「そうですか、頑張ってますね」wだって。院長め・・・・もっと面白いコメントはないのか!スタッフの方々は「いや~、良く頑張ってますよね。そもそもロシアから生きて帰ってくるとは思ってなかった」だって。

我々は感慨深いよ。よくもまあ、ありょが16歳まで生きたなって。
だって、うちに来てからずーーーーっと病院通いっぱなしだったから、誇張じゃなくて。
たまには「アリョ、サイキン調子イイナー」なんていって、3か月くらい獣医に行かなくてよい時間が欲しかったな、夢だけど。実際、そんなこと一度もなかった、モスクワにいる時もサンクトにいる時も。あっちで一生懸命探して探して・・・・腕のいいっていう獣医を。よい出会いもあって、ちょっとだけいい思い出になったかな。

今日は、ありょ爺さんが大好きな元町のカフェに行ってきました。
出発が遅かったのと休日だったせいで、おいしそうな焼き菓子はあまりなくて。でも、爺さんはここが大好きなので、ろじと一緒に大喜びでした。暑くなってくるとまた外出できなくなるので、今のうちに行っておかないとね。

そういえば・・・。

ろじがお散歩を嫌がるようになりました。
どうも老化による白内障が進んできて、あまり目が見えなくなってきたようです。若く見えても、ろじも10月で15歳・・・視力が衰えても仕方がない、残念ですが。

毎日介護ヘルパー状態ですが、まあ、なんとかやっています。




[PR]
by teachermakizo | 2017-05-08 20:12 | Alyosha | Comments(6)
こんばんは。
GW、いかがお過ごしですか?
我が家の犬のオトウサンはカレンダー通りのお仕事でございます・・・。
ワンコが若くて動いていた頃wは、「GW何しようかしら?」な~んて考えていましたが、人間でいえば90歳と80歳近い爺さんたちでは「何をする」をなにもww 静かに過ごすのがベストかと。

週明けの5月8日はありょ爺さんのお誕生日です。
16歳wwになります。
この分で行けば、なんとか誕生日を迎えられそうな感じ(まあ、何があるかわかりませんが)がします。

正直、誕生日が迎えられる気はあまりしてなかった・・・が、ありょ爺さん、予想を裏切ってくれました!ただ、もー、かなりヨロヨロです。トイレの粗相も悪化中(涙)・・・うち、牧場じゃないから!って言いたいですよ!はぁ・・・全く目が離せません。

それに、いつからかはっきりとは思いだせないのですが、いつの間にかボケちゃってましたね、意思の疎通ができなくなってました。徘徊してるか、寝てるか・・・です。最近は書斎のキャビネットとソファーの隙間にはまりこむのがお気に入り?で、良くそこに挟まって怒ったり、泣いたりしてますw ひーん、ひーんって。泣けば助けてもらえるとわかってるようで、自分でベッドやソファーから降りたくないとき(自分で下りられるのに)も泣きます・・・。もう、なんにも我慢しません、まさに「自由犬」!

まあ、来年の誕生日はさすがにない(はず)と思われるので、どっかありょ爺さんの好きなところで誕生会をしてやろうと思っています。今までこういう時に使ってきたグランベリーモールのアウトバック(ステーキ屋)も閉店したし、どこに連れて行こうか悩みます・・・。

あと数日、元気でいてくれますように(祈)。




[PR]
by teachermakizo | 2017-05-03 01:21 | Alyosha | Comments(2)

我が家のお犬様たちがかなりヨレヨレになってきたので、遠くからオトモダチが爺犬に会いに来てくれました!

最後に会ったのがモスクワに住んでた時だから、かれこれ8-9年ぶりぐらい。
時間がたつのはあっという間だよね。彼女がお仕事でモスクワに来るたびに会えていたけれど、我々がサンクトに引っ越してから会えなくて。日本に帰ってきてからも人間同士は会ってたんだけど、「ちょっと犬遊びに」って感じで自宅まで行く距離じゃなかったので・・・本当に「お久しぶり」になってしまった。

ろじ、ほえた(笑)
しばらく怒ってたけど、慣れたのか思い出したのか・・・。昔はかなり「熱烈歓迎」で大好きだったのに、今回は爺になったせいかかなりクールな対応でしたw ありょ爺さんは、飼い主さえも「忘却の彼方」なので、彼女のことを覚えてるってことはあり得なかったけど、超通常運転でした・・・ある意味、すごいカモ。ちゃんと昼寝もしてたしw

久しぶりだったし、ありょの老いっぷりが顕著だったから、正直「ありょちゃん、死相が出てるね!」って思うかなwって思ってたけど、意外や意外「ヨボヨボだっていうからどんなかと思ってたら、全然大丈夫。死相、出てないから(出てるときはこんなんじゃないよ!)」とのお墨付き(ありがとね)。「1年先まではわからないけど、半年ぐらいまでは行けるんじゃない?細く長く(爆)」とのお言葉を頂戴いたしました。ははは・・・ほ、ほそく、長くか・・・・。

楽しい一日になりました。
G嬢、遠くから本当にありがとう。本当に死相が出てきそうになったら、またお呼びするわww
ワタシもG坊ちゃんに会いたいな。またかくれんぼしなくては~。








[PR]
by teachermakizo | 2017-04-18 12:49 | Alyosha | Comments(2)
はー。

今日は爺犬、トリミングでした。
もうすぐ16歳&14歳でこんなに爺なのに、長毛種のコッカースパニエル故、トリミングに行かねばなりません(涙)。ありょ、爺のくせに結構な毛量&伸びるの早っ・・・ですし、ろじも「なんちゃってフルコート」をキープできてたり・・・。さすがに犬のオトウサンは「もうろじもカットダウンしようよー」と言っております・・・ワタシがブラシングしないからね。

昔はあんなに犬に情熱を傾けていたのに(笑)今は結構クールっていうか・・・。
いやー、手がかかりすぎてクールにならざるを得ないっていうか。


トリミングだって、昔はトリマーさんに預けて[行ってらっしゃーい」って感じだったのに、今はワタシが一緒に行かないと全く作業ができないという・・・(涙)。ありょもろじも、全くいうことを聞きません!まあ、ろじは意思疎通ががまだできるので多少はマシですが、ボケ老人のありょ爺はいうことを聞くも聞かないも・・・大泣き、大叫び、大暴れ!!!で、バリカンがイボに当たって大流血する始末。トリマーさんに申し訳ないやら、情けないやら。いつ断られちゃうかとドキドキですよ・・・・。

こんなに爺なんだから薄毛になればいいのに、毛はフサフサ。ガンガン伸びるし・・・。切った後の毛の量をみると、ありょの方が多いんですよ・・・。

ああ、次回のトリミングが怖いよ。犬のオトウサンに押し付けてしまおうか・・・・。
ちなみに2か月後、ありょ王子、16歳のお誕生日のすぐあと・・・に予約を入れましたが。
爺たち、どうなってるかなぁ。2か月後。
[PR]
by teachermakizo | 2017-03-13 17:00 | Alyosha | Comments(0)
先日「爺たち」を病院に連れて行ったら、主治医に

「頑張ってますね!」

って言われたよー、と犬のオトウサン。

ああ、そうか。主治医にも「頑張ってる」ってコメントを言われてしまうような「お爺さん」犬になったんだなーってつくづく思いました。

ありょの16歳(!)の誕生日は5月ですが、果たして5月まで頑張れるか。
いや、どこが悪いってことはないんですが、本当に毎週毎週どんどん弱っていくので、数か月先までいきてるかどうか。ベットやソファーの上り下りも本当に難しくなってきて(補助階段を買ってあげたのに)ベットの周囲に100均(笑)の滑り止め付のマットを敷き詰めました・・・ダサださです。

ベットに登ろうとして力尽き、補助階段にすがりつくように(笑)横たわってたり、ベットやソファーから勢いよく飛び降りるも着地時に踏ん張れず「ぐちゃ」っとつぶれてたりする日々なのです。
[PR]
by teachermakizo | 2017-02-27 18:39 | Alyosha | Comments(4)
同じ犬種でも、やっぱり体質的なものがあるっていうか・・・。

ありょ爺さんはとっても「イボ」体質です。
初老といわれる年齢になってからポツポツでき始め、数が少なかった頃はイチイチ部分麻酔で取ってもらっていたのですが、本格的な爺さんになってから、全く追いつかなくなり(財布がw)・・・今やイボだらけ・・・です。イボも悪性腫瘍的なものもあるし、獣医といえども見ただけでは悪性良性はわからないとは重々承知ではありますが。とにかく「大きさ」に注意して、急に大きくなってきたら切除、の方針に替えました。

このイボイボ。

あらゆるところにできるのですが、今一番困っているのが「耳の中」です(涙)。
少しずつ大きくなって耳掃除が大変になり、掃除が難しくなると炎症気味になり・・・と悪循環。で、とうとう自壊してしまって流血。ここまでくると切除したほうが楽だし、耳の状態も良くなるよ・・・という主治医の勧めもあって、次回切除することに。

丁度、次回の受診日が(多分)ボーナス支給日なんだよね・・・。
ありょ、すごいよ。親の財布の中まで心配してくれちゃって・・・トオイメ。


寒くなってきましたが、ありょは一層爺らしくヨロヨロに、ろじは14歳とは思えないほど元気過しています。

ああ、そういえば。同じマンションのありょと同じ年のダックスの女の仔、急に体調を崩して1日でお星さまになってしまったと・・・。老犬になると「あ!」という間に悪くなっちゃう。あんなに元気だったのに(ありょの100倍は元気だった)・・・寂しくなるなあ。もう会えなんだな。
[PR]
by teachermakizo | 2016-11-27 18:57 | Alyosha | Comments(0)
c0015041_14365252.jpg
c0015041_1437718.jpg


テラス席ペット可のサンドイッチ屋でランチ。

ありょ爺・・・先々週お腹の調子がめちゃくちゃ悪く、調子を整えるためご飯を減らしてたから・・・随分痩せちゃった。。。うらやましいぞ。

ろじは今月25日に14歳に。おお・・・爺だ!
[PR]
by teachermakizo | 2016-10-10 14:39 | Alyosha | Comments(3)
爺王子・・・おなかの調子が悪くて困ってます。
その上「トイレがやや迷子」で(涙)。
なんだか一日中、床掃除してる感じ。
ワタシ、シンデレラか!

ところで。

ちょっと前から、王子「脱肛」気味だな…と気が付いていました。
最近、お腹の調子が悪いことが多くてそのせいかな・・・と。
ほっておくと引っ込んだので。

が、今回のゲリッピ時には「でたまま」引っ込まなくなってしまい・・・今日主治医に診せたところ

「腫瘍」

と言われました・・・がががーん。
良性も悪性もあるそうなんですが、王子の場合、もう全身麻酔での完全切除は望めないので(麻酔で死んじゃう)部分麻酔で「できる限り切除する(再発することも了承)」ということになりました。

午前中預けて、午後退院。
無事に超デリケート部分の手術、終了しました・・・。
平気にしてるけど、痛くないのかな(笑)

それにしても、最近のありょのお尻のゆるさには困ったモノで。
嫌なことがあるとすぐ「モヨオシちゃう」んですよ。トリミングとか、診察時にも。
ホント、困ったもんです・・・。
[PR]
by teachermakizo | 2016-10-01 16:48 | Alyosha | Comments(2)
9月も10日を過ぎ・・・だいぶ涼しくなってきましたね。
人間だけなら冷房なしでも・・・と思うのですが、今のところ「何かあったら」と思うと恐ろしく(懐が)、もう少し完全に涼しくなるまでエアコンはかけっぱなしにします。電気代より獣医にかかる費用が恐ろしい。幸い、「冷房嫌い」と冷房を入れたまま就寝するのを嫌がっていたチチも、老犬の老犬なゆえに?今年の夏は文句も言いませんでした。本当に見るからにヨッボヨボなので。

王子・・・5月の誕生日を迎えて以来、本当にみるみる老化していきます。
本当に数週間ごとに何かできなくなっていくような。トイレもあんなに失敗知らずだったのに、今ではなんだか「吹っ切った」(←勝手に吹っ切るな!)感があります(涙)。ホント、目が離せません。

良く新聞やニュースで、介護家庭の虐待なんかを取り上げていますが、正直気持ちが分かる気がします。ワタシの許容範囲が著しく狭いせいもあると思いますが、子犬の頃の粗相は許せたのに、老犬の粗相、その他はイライラしっぱなしです。健康面でも色々難しく、意味もなく?突然お腹を壊したりして、ホント若いころとは違うな~って痛感しています。

それに、獣医にかかる費用も「ハンパない」です。
我々の将来の老後費用をありょろじが食いつぶしている感じ・・・(笑)。
「うちの仔のためならいくらでも!」と言えればいいんですが・・・いやいや、そのためには「ちょっとはチクチクして稼いでみろよ」…と自分で突っ込んでみたり。まさに「犬貧乏」!

王子、一応まだ自力で歩いていますが、もうヨレヨレとおぼつきません。
一見元気そうなのに、王子より状態の悪いろじも10月下旬には14歳。
まさに「老兄弟」ですね。とほほ。
[PR]
by teachermakizo | 2016-09-14 13:17 | Alyosha | Comments(2)