2017年 10月 11日 ( 2 )

こんにちは。

ろじが亡くなった時は割と普通に暮らせたワタシですが、さすがに16年以上もほぼ犬べったりで過ごしたせいか、誰もいないというのが想像以上に堪えるな~というのが今日までの感想?です。朝起きたときから家の中が静かで、なんとも言えない気分になります。ここ何か月か爺さんに起こされていた2時とか4時とかに目が覚めちゃったり。外出時にテレビつけたままにしようとしたり。

別に犬がしゃべっていたわけでもないし、朝起きたら犬が2頭ともまだ寝てて静か・・・ってことはしょっちゅうだったのに、全然違うんですよね。これから時間を気にせず必要なときに用事を済ませるし、外出もできるようになったのに、気がつくと外出先からできるだけ早く帰宅しようとしていたりして。いずれ慣れていくんでしょうが、結構つらいもんだなって思います。


犬のオトウサンは淡々黙々と暮らしています。
ありょもろじも可愛がっていたので号泣するかと思ったんですが、意外でした。いや、チチは意外に泣かない男性だったかもしれません・・・。意地悪だった私と違って、チチは随分とありょ爺さんの面倒を積極的に看ていました。チチに優しく面倒見てもらったことは、ありょにとってはとてもありがたかったはずです。

ひょっとしたら、またチチの夢の中だけに現れるかもしれないなぁ・・・。



[PR]
by teachermakizo | 2017-10-11 16:06 | はは | Comments(2)
こんにちは。

昨晩、ろじの時にお世話になった移動火葬者の方に来ていただき、ろじの時と全く同じように火葬していただきました。ろじの時と同じように、ありょが1歳ごろからかわいがってくれてたノイゴロウのママも遠くから来てくれて、前回と同じように見送ることができました。

キレイなお花を送ってくれたオトモダチ、本当にどうもありがとう。
4か月の間に2回もごめん・・・芸能人かと思うようなw豪華なお花で、きっと爺さんも喜んだと思います。

最終的に腫瘍でなくなったろじの骨は、もともと華奢な仔だったのもあって結構ボロボロ?だったのですが、ありょは11KGから6.5KGでまで痩せて小さくなってたのに、大きな骨がしっかり残ってて骨壺に入りきるかな(次のサイズが大型犬しかない)ってくらいしっかり残ってました。骨盤以外、白くてキレイな骨で頭蓋骨もあごもリアルで。

なんとか書斎の本棚のろじの隣に「公平に」スペースをつくりました。
今週末、まだ動物病院に会計が済んでないので菓子折りを持ってあいさつに行く予定です。
あと仔犬の頃からトリミングをずーーーーーっとお願いしてきたトリマーさんにも。一番最初のトリミングと海外にいた期間を除いては、ずっと彼女にお願いしてきました。もう行く用事もないんだなって思うと、トリミング面倒だよってずっと思ってたのに寂しいです。

ここのブログはありょがお星さまになったら、終わりにしようと思っていました。そうは思っていても、二頭とも本当にお星さまになっていなくなる日が来るとは。気がついてみたら、仲間で残っている仔はほとんどいなくなっていました・・・。書き始めたのはHPビルダー(爆)を使ってのHPで、おそらく15年以上は書き続けてたかと(ここに残っているのは2004年後半からですが)。良く書いたな~。

まだしなければならないことが残っているので、それをつづったら終わりにします。
今後、DOLL関連中心になると思うので「Atelier Insomniac」でお目にかかります。その時はまたお知らせしますね。


もうしばらくお付き合いください。

c0015041_11091701.jpg
4か月のうちの2回目だったので、我々、妙に手慣れてるのがおかしかった(笑)。
前回ろじにいっぱい色々持たせてやろうとしたら、炉に入れる段階で色々ダメ出しが出て持ち帰る羽目に。なので、今回はシンプルにしたつもりだったのですが、敷いていたタオルの厚さが厚すぎるってことでダメ出し&もち帰り。

でも、こっそり。
ろじにもたせたので、ありょにも。
白蝶貝のネームプレート(ろじは黒蝶貝)・・・世田谷のGEOGEでオーダーで作ったんですが、高価だったので使わないで大事にしまっておいた(なんじゃそりゃ)のを。元気なときにつけてやればよかった、ケチでごめん。




[PR]
by teachermakizo | 2017-10-11 11:02 | Alyosha | Comments(2)