ついに・・・

日本に電話してしまった!

というより・・・ASC(皮膚の主治医がいる)のセンセイにHELP CALLしてしまった!

ありょたんの肛門周りのポコポコ(にきびみたいなヤツ)が、どうにも良くならない。
ユーリに診てはもらったのだが、「清潔にしてあげて」というだけで、まったく話にならん。

何かあるたびに日本の先生に頼っていても・・・という気持ちと、こっちの医者は頼りにならん、何もかも日本から取り寄せるべし・・・という気持ちと、相反する気持ちで葛藤があったのだが、ありょたんのお尻周りを見ていると、「これ以上ひどくしたら大変だ!」という結論に達した。

センセイに相談し、必要なものは分かってはいるのだが手に入らない・・・というか、手に入るのかもしれないが、ユーリたちに「薬だけくれ」と言っても無理だろうから・・・結局、ASCのセンセイからお薬を実家に送ってもらって、梅ちちにEMSで送ってもらうことにした。なんと面倒くさいことだろう。。。こちらで手に入れば一番良いのだが。ユーリはともかく、バレリアが「動物のことは私たちが一番良く知っている」という、ある意味、自信満々だからなあ・・・・。まあいいや、なるべく早く症状にあった薬用シャンプーをGETして、ありょたんの負担を軽くしてやろう・・・・。

実は、先日の血液検査の結果も、日本の主治医にFAXしてしまった(汗)。
検査結果に問題があるのか、あるとしたら何なのか・・・なんだか、ユーリたちの言うことが信頼できなくなってきている(涙)なあ・・・・。簡単な病気とかは大丈夫なんだけど、厄介な疾患に関してはあんまりだから・・・。いい人たちなんだけど、それとこれとは話が別だからな。ドライにいこう。

話は変わって・・・・数日後に3歳になる犬の寝姿。
c0015041_253553.jpg

かわいらしく寝ているが・・・一体何処に寝ているのか?
c0015041_2541844.jpg

ろじよ・・・何故、ソファーでなく、ソファーの手すり?にのって寝ているのか?
ははは、全く理解できない・・・・。

変わった仔だ。
[PR]
by teachermakizo | 2005-10-21 13:40 | Rodya | Comments(2)
Commented by メルママ at 2005-10-23 20:50 x
考え方は、お国柄によって異なるから、理解しがたい面もあるよね。
掛かり付けの主治医と、自信を持った獣医師。
どちらも同じ回答なら、納得しそうだけど、正反対のときは悩むなぁ。

ありょたんの、今後は、ちち&ははの決断次第だね。
何が一番いいかを考えての決断だから、ありょたんも同意するよ。

ろじの寝姿。けったいな格好と、思われるけど、これも「血」だ。
けったいな格好、変な行動は、我が家じゃ珍しくない(汗)

私の推測だと、ろじは・・・ソファーの上でも、高い場所(肘掛)が、
自分が唯一居れる場所と考えたのかも?
ソファーには、ちち、はは、ありょたんが、座る場所だから、
同じ位置にいると、目立たない。
そこで、一段高い場所に居ることによって、アピールできる。
誰も、そこに腰掛けないからねぇ~。
ちっちゃなお頭で考えた結果。注目を浴びるためにあみ出した行為。
Commented by はは at 2005-10-24 01:17 x
獣医の診断は、日本でも色々でなかなか難しいのに・・・。
所見が違うと、どっちを信頼するかっていkったら「結果」を出している方になっちゃうよねえ。しかも、前回の採血で血まみれになったのも、なんだか許せない気がするし。ま、うまく使い分けて、何とか残りの駐在を乗り切るしかないと思っているよ。ありょたんのはかわいそうだけど、頑張ってもらわないとね。

確かに・・・「変なことをする血」は「メルローズ」の血かもしれない。恐るべし、「メルローズの血」。ろじは変わってるんだよねえ・・・ソファーの背もたれの上で寝たり(何でそんなところで寝れるのかが分からない)肘掛で寝てみたり。お菓子ほしさに、おチッコやうんPを分割してみたり。はたまた、はは恋しさに湖岸から端に飛び乗ろうとして、湖に落ちたり・・・昨日は、シャンプーの後、トリミングテーブルに載せて乾かそうとしたら、テーブルの端からバスタブに落ちた(笑)。落ちた本人もビックリして、何を思ったか、お湯が張ってあるベビーバスに飛び込んでびしょぬれ・・・。全く意味不明。これでも3歳なんだよね・・・3歳って何だろうと悩まされるよ。

注目を浴びたい?なるほどねえ・・・・。