大忙し~&お帽子完成!

今日は1か月に3回しかないお教室の貴重な日。
今縫っているドレス(丈が気になる・・・)を見てもらおうかなーと考えていたのだけれど、師匠宅に行く前に横浜の本屋に寄らないとならなくて・・・これ以上荷物を増やして大荷物にしたくなかったのと、何とか自分だけで最後まで作りきれそうな…そんな気がしたので、たまには自力でやってみよう(出来上がってから見せたらいいや)と思って、あえておいて行きました。ワタシ、大人になった?

次のドレスはFB16Sサイズです。

「どうやったら雰囲気の出るアンティークっぽいドレスが縫えるのか」という課題の答えの一つが「素材にこだわる」だったので、先日E-BAYでアンティークドレスの生地をGETしたのですが・・・・な、なんと100年経過モノ!とっても素敵な花模様なんですが、古すぎて縫うのが怖い・・・(涙)。師匠に裏打ち(接着芯)してもらってなんとか裁断済までたどり着きましたが、出来上がりが楽しみ~❤と盛り上がる師匠とは裏腹にワタシは憂鬱すぎて逃げそうです。それに生地がアンティークすぎて、色が派手なわけでもないのに現行品とはそりが合わず・・・したがって、さらに虎の子のアンティーク生地を投入する羽目に。アンティーク×アンティークでなじみはいいのですが、材料費が何処まで行くのか恐ろしいです。この調子だとレースとかリボンもえり好みしそうだし・・・。そもそも「ぴきっ」と裂けたりしたらどうしよう・・・完成するのか?

と、いうわけで、出来るところは自宅で縫って、恐ろしげなところは師匠のところで縫うことにしました。


で、そうなると手が空きそうなので、上のドレス型紙に少し手を入れ、予習復習を兼ねて安心の「現行品シルク」でもう1枚縫ってみることにしました。生地の選定終わり、今裁断中デス。いいね―現行品は。安心だ。


そして・・・。
↓のドレスにホックを付け、帽子も完成させました。
造花やリボン、レースの選定に苦しんだけど、まあまあカワイクできたので満足です。画像は後日。I-phoneだと不鮮明なのでデジカメで撮影してみますです・・・・。
[PR]
by teachermakizo | 2016-03-18 13:06 | はは | Comments(0)