正月はなぜめでたいのか?

いまだに・・・昔のことを夢でみて、うなされることがあります。
その中でもいまだに頭を悩ませられるのが、「正月はなぜめでたいのか」という夢。

学生のころ、必修の単位で「キリスト教概論」という授業があり(ミッション系だった)。
どこぞの牧師先生が授業を受け持っておりました。
この先生が・・・みんなの牧師のイメージをくつがえすような(笑)人物でして・・・。

で。

前期・後期に1回しかない試験の時に、ただ1問。
「正月はなぜめでたいのか」
これで小論文をかけ・・・という問題を出してきたことがあったんです。

何を書くことを求められているのかわからず・・・でも、キリスト教関連の授業なのだから「それ」に絡めて描くことを望まれているはず・・・空転する思考をまとめられないまま、とても「論文」とは思えないようなことを書きなぐった(何か書かないとダメだと焦りながら)記憶があります。

最終的には単位は落とさず進級はできましたが、正解が分からぬまま卒業してしまったので・・・・いまだに「あの時、何を書いたらよかったんだろう」と思うのです。で、時々夢に出てきます、あの時の試験が。

ホント知りたいんですよね、今でも。
「正月は(世界規模で)なぜめでたいのか」

なんでだと思いますか?
[PR]
by teachermakizo | 2014-12-04 00:06 | はは | Comments(2)
Commented by detaile2 at 2014-12-05 13:25
それはひっかけ問題だと思います!
お正月というのは寒い国では
やはり冬至からまた日が長くなることを祝うので
キリスト教でさえクリスマスをその時期にしてしまいましたが
そのような様々な行事や教義もしょせんヒトが勝手に定めたことで
真理とは別次元の問題であると…

Commented by teachermakizo at 2014-12-05 17:17
>ERIさま

ふ~む、なるほど。
では答えは「正月は特にめでたくない(爆)」だったの
かなぁ・・・。答えを聞きたくても、どこのなんていう
牧師さんだか覚えてない。超個性的な容姿はおぼえてるん
だけど・・・