プロに頼ってみる!(笑)

当初は・・・・。

チクチク師匠に泣きつこう!と思っていた「ボタンホール」ですが、次回のお教室は2週間以上先。もうほとんどできているのに!早く仕上げてすっきりしたい!・・・こうなるとどうにも止められないのがワタクシ(汗)。ええい!プロに頼んじゃえ!ってことで・・・近所の「お仕立業者」に持ち込んでみました。

1件目のチェーン展開している業者には断られ(ビックリ)・・・なんでも、自分のところには「機械がなく外注していたのだが、そこも廃業!した」とか。う~む。昔と違って、現代人は、あまり修理したりリフォームしてまで洋服着ないからねえ・・・実際買ったほうが安い場合も多いし。なかなか難しいのかも。

2件目。ネットでヒットした近所の仕立て屋・・・地図を片手に尋ねてみる。
おお・・・そこにあったのは築何十年???というふるいふるいアパート(懐かしのロシアかと思った)。階段も恐ろしくさびていて、ワタシのような体重のある人が使うと崩壊しそう(怖い)。

こんなところで商売???廃屋じゃないの?
古ーいアパートの扉にハンドメイドチックな看板。
呼び鈴もなく(ビックリ)、ドア脇の網戸から「すみませ~~~~ん」と呼びかけてみる。

中からおばあさん2人・・・グリム童話か!
品物を見せて、ここに「ボタンホールあけて」とお願いしたら「わかった」とあっさり。
おお・・・さすが、年の功。

名前も電話番号も聞かれなかった。
ついでに値段もね(笑)


明日取りに行くけど、さてどうなってるか?
[PR]
by teachermakizo | 2014-09-13 00:35 | はは | Comments(0)