雷が怖いよう

ろじは、今年の10月で3歳になる。
なのに知らなかった・・・・ろじが「雷」が怖いとは!

彼が臆病(&甘えん坊)なのは、この世に生まれてから割とすぐに判明した。
メルママのお家でも臆病だったし、我家でもビビリ。
大きくなったらよくなるかなあ・・・なんて思っていたけれど、余り変わらない。
というより、徐々に進化しているような気もする。

ある日突然乱れた「トイレでおチッコ」も、ある日突然、ぴたっとできるようになった。
トイレのある場所に洗濯機や乾燥機、ベーラさんの「お掃除七つ道具」色々・・・・
などがあって落ち着かなかったのだろうと思う。偶然だけど、ベーラさんが
入院して2週間も我家に来なかったことも、ろじのトイレの「落ち着き」を取り戻す
のにプラスだったのかもしれない。それに、私の見ている前で「トイレでちゃんとチッコ」
出来た暁には「おやつ」がもらえるというありふれた手段も、単純なろじの脳みそには
効果的だったのか・・・・いずれにしても、助かったのだ。

モスクワは天気が悪い。
こんなに天気が悪かったか・・・と思うほど悪い。
冬場は雪が多かったし、春になったら、何日も雨が続く。
今日なぞ雷がなっていた・・・覚えている限り、本当に珍しいと思う。

ろじが怖いもの。

冬場の屋根からの雪下ろし。
屋根の上であれこれやっている音も怖いし、雪がベランダの室外機に当たって
落ちる音も怖い。

そして・・・春になって雷。

ワタシの膝の上にあがってブルブル震えている。
おろそうと思っていも「嫌だ!絶対ここにいる!」と突っ張って降りない。
まさに「しがみついている」というかんじ。かわええのう。

日本にいたときも雷が鳴ったことはあったろうに・・・いったいどうしたことか。
モスクワに来て非常に元気がよくなったと思っていたのに、怖いものも増えたのか。
ありょたんが今のろじの年頃のときは、もっと「オトナ」だったのだけどね。
[PR]
by teachermakizo | 2005-05-12 00:05 | Rodya | Comments(2)
Commented by misa at 2005-05-16 17:41 x
ありょたんもろじたんも元気そうですね。日本でも日曜日に雹がふりました。音がすごかったので外をみてみたらかなりの雹がガンガン降ってて驚きました!小夏の反応は別に~って感じでしたが、結構音には敏感なので、きっと雷だったら怖がってたかもしれませんねぇ。でもネットってほんとに便利ですね。国が違ってもこうやって近況がわかったりするんですから!
Commented by はは at 2005-05-18 14:44 x
本当にねえ。以前ここにいたときは、NETもそんなだったので
結構手紙とかFAXでやり取りしていたのだけど。いまやメイルだものね。
チャットだったらリアルタイムにおしゃべりもできるし。

日本のときは、ろじ、雷大丈夫だったのに・・・・。こっちに来てから
色々変わったかんじがする。日本での道路のお散歩は嫌いだったけど
こっちだと「るんるん」歩いてるし・・・バイクや自転車、道路が大きいから
人も少ないのがいいのかな。反対に外の音に敏感になったかな。
雪が落ちたり、雷が落ちたり、近所の工事の音とか・・・。
犬も生きてるから、変化があるよね。

小夏ちゃん、大きくなったでしょう?マンションは無事?(笑)
家は借家なのに床の傷が・・・絨毯敷きまくり中。