なーい!!!

今日は本当に疲れました・・・。

実はわが家、自称「最後の夏の思い出作り」(笑・去年もそんなことを言っていた)のため、とあることにチャレンジしようと準備中。それについては後日あたらためてお話しするとして・・・その一環としてコドモタチのマイクロチップを再確認が必要となりました。本当は、このマイクロチップの固体確認は何かあるごとに(予防接種時とか、狂犬病予防接種時とか)しないとならないのですが、そこはそれここはロシア。


「チップ入ってるの~?」『どこに入ってるの~?』『番号は?』


と確認もせずに書類に記入(笑)。
あ、でも、彼らの名誉(あれば)の為に言って置きますが、マイクロチップのリーダー自体はあります。

王子&三毛犬がチップを入れたのは・・・さかのぼること2004年の冬。
2005年成田の検疫所で最後にチップがちゃんと読める状態なのか確認しておりません。基本的にチップが落脱することは殆どないそうですが、まれにチップが動いてしまって探せなくなることがあるとか。ぶっちゃけ、ロシアの検疫所ならどうにかなりそうですが(笑・なんせ警官でさえ「ロシアは何でもあり」と豪語しているぐらいですから)日本の検疫所はそうは行かないでしょう。

『狂犬病抗体検査』(前回から2年。有効期限切れ)の予約ついでに(抗体検査の採血は予約制・注意)チップも確認しよう~ってことで「ЧИН」(動物病院)へ。リーダーはとても気持ちよく貸してくれたのですが。



ありょ王子、チップあり。背中。


ろじ・・・
ろじ・・・
ろじ・・・
チップなーい!


AHTさん、獣医さん、受付嬢(おばさんだけど)総出でろじを取り囲み・・・あれやこれや大騒ぎに。知らない人に囲まれて皆が「ない!」「ない!」と困っているのを察して、ろじ怖くなって超びびりモードに(ナミダ目)。結局、2つあるリーダーのどちらも電池が切れている/弱いという結論になり、『月曜日に来て』(でも、多分月曜日に行っても電池は入ってないと思われる)。


チチは「どうにでもなるよー」と超呑気。
「別の時に確認すればいいじゃーん」



超心配症な犬のオカアサン。
家に帰ろうよーというチチを鞭打って、今度はてんで街の反対側(しかもエライ遠い)にある『絶対マイクロチップリーダーがある』動物病院へ。

その頃には結構夜も更けていたのですが(笑)事情を『青ざめつつ』説明し・・・電池の入っているでかいリーダーで(さっきの病院のは「エクレア」サイズ)調べたところ、あっさり


はいってるわよー


とのこと。
いやー、ほっとしました。


チチは呑気でしたが、今この段階でチップを再度入れなおし~★なんて事態になったら、こりゃ大変な事態ですよ、奥様。何と言っても時間がないし、予防接種のやり直しってなったら体への負担も計り知れないし(そりゃ、どうにかしようと思えは方法はあるけどロシアだから)。とにかく、日本への動物の輸入に際しては不備は絶対にあってはならないのであります。


あー、緊張したね。
いつもは付き添いばかりなのに、自分が注目の的になって怖かった「ろじ」でした・・・。
[PR]
by teachermakizo | 2011-08-13 17:23 | Rodya | Comments(0)