取りに行ってきました

先日ATMに呑み込まれたクレジットカードを取りに行ってきました(恥)。

事件は火曜日。銀行のATMだったのですぐに行員に訴えたんですが、ATMは行員でもOPENできない・・・ので「木曜の10時以降に「お客様サポートセンター」に電話して指示を仰げ」と。

対面でのロシア語も難しいけど、電話はさらに難しい。複雑なことや面倒なことを言われたらわからないので、大変申し訳なかったのですが、恥を忍んでチチの会社の方にTELしてもらいました。あうー。


身分証明書を持って、呑まれたATMがある銀行ではなく「本店」の方に出向き。行内の内線で担当者を呼び出してもらい、「火曜日に呑まれた」「日本のカード」といったらすぐ来てくれた。

なーんと!火曜日のリストには「呑まれちゃった」カードが4枚記載(笑)。全体としては、ちょっとした単行本くらいの厚さのリストでした。


ふむ・・・カードを呑まれちゃうって結構多いんだなー。
お金を数えたり、画面を読むのは「カードを取ってから」にしないとダメですね。どうも、引き出したお金を「先に」数えたりしている間に「呑まれ」ちゃうみたい。もちろん、単なる取り忘れもあり・・・でしょうが。

やれやれ、(思っていたより)面倒なことにならずによかった。
[PR]
by teachermakizo | 2011-01-21 23:48 | はは | Comments(0)