鋏1本

動物病院に一家総出で行く『ありょろじ家御一行』ですが(ろじも連れて行くので失笑を買っている)、処方された薬の一つが病院内の薬局で購入できず(品切れだった)。

※ ロシアの動物病院で処方箋をもらったら、必ず書かれたお薬が『人間の』のものか、『動物の』薬局のものなのか・・・は絶対確認ですえ。でないと、大変な苦労を招くことになります。御注意ください。

一刻も早く治療したい(何事にもせっかちな)犬のオカアサンは、翌朝から最寄の動物薬局にかたっぱしからモシモシして当該のお薬の在庫確認(買いにいって無駄足だと嫌だから)。ちなみに・・・近くにはあまりないのであります。ちょっと離れたところにはむちゃくちゃ沢山あって、車があればなーんてことはない距離、悲しいかな、ありょ家依然として免停中(でも、あと3週間。るるる~♪)。なので、『確認した上で』公共交通機関と足を使って行って来ましたが・・・なんて遠いの!


それにしても。下手な外国語を電話で話す・・・というのは屈辱的な作業ですわね、奥様。

どうやら発音が悪すぎて(爆)お薬の正しい名前を理解してもらえず。『そんな薬ありません』といわれ、切られること数件。悔しいですわ・・・。



疲労困憊して帰宅しても、犬の両親の仕事は終わらないのであります。

お留守番だったコドモタチは『散歩に連れて行け』といい大暴れ。
しかも、今日は三毛犬のシャンプーの日。もじゃもじゃなのでカットもしないとならない(涙)・・・オカアサン、疲れたよう・・・。

でも!犬の両親、やりぬきました!

毛玉だらけの三毛犬をブラシ(はは&チチ)→シャンプー(チチ)→ドライ(はは)→カット(はは)→大掃除(廊下中毛だらけだー!)

夜が遅くなり、ご飯が『お家ご飯』となり、「お腹が空きすぎたチチ」と『もう何もしたくなかった外食好きな母』が険悪な雰囲気になりましたが。

それにしても。本来バリカンを使うコッカーのカット!
犬のオカアサン、鋏1本で大分上手くなった(自画自賛)気がいたします・・・でも写真はありません(きっぱり)。
[PR]
by teachermakizo | 2010-10-03 14:17 | Rodya | Comments(0)