犬の両親は疲労困憊・・・・

サンクトもモスクワも、本来なら気温が暑くなりすぎるとすぐに雷雨が発生するかんじなのですが、今年は御存知の通り、モスクワは殆ど雨がなく、サンクトも例年よりもかなり少ない感があります。暑い夏の日の夕立は止んだあとが涼しくて、気持ちてきには「WELCOME」なのですが・・・・


花火が怖い仔は(多分100%)雷も怖い


我が家の能天気な三毛犬君は、花火や雷が『大大大(×100乗)嫌い』です。嫌いというより『怖い』。最近まで大分この弱点?を克服した感があったのに、6月の「アリエパルサ」で、車内とはいえ、かなり間近に花火の洗礼を受けてしまったせいで『振り出し(以下)』に戻ってしまいました。

===

今朝方(4時ぐらい)に雷雨がありました。

我々は全く気がつかずにぐーぐー寝ていたのですが、嫌いな仔って雷がどんなに遠くで鳴っていても分かるらしく・・・急に立ち上がってガタガタ震えだし。そうこうしているうちに、雷はピカピカ、雨は土砂降り・・・その間、ろじは涙目&涎で震えながら、


『カアチャン怖い。抱っこ抱っこ』


抱っこを盛んにせがみはしますが、抱っこしてやっても怖いのが取れるわけではないので・・・ピカピカやどーんという落雷の音が聞こえないように、我が家で唯一窓のない『洗面所』で過ごすことにしました。普通こんな天気は数十分もすれば解消してしまうのに、今日に限って雷が遠ざかったかな・・・と思うと、また戻って?きたりして。結局2時間ぐらい、ろじを抱きながら二人でうとうと。

雷が遠のいたようだったので、やれやれ・・・とベットに戻ってうとうとしていたら。なんだかまた始まったような(笑)。ろじが盛んに『怖い、怖い』と訴えますが、オカアサン力尽きました・・・。


オカアチャン、もう起きられない・・・ろじ、許せ・・・・ZZZ・・・・


眠りに落ちていく時に、犬のオトウサンがろじを連れて洗面所へ行く姿がちょっと見えました。結局、雨が止むまで二人で洗面所でうとうと過ごしたようです。

夜が明けて、お外はよい天気。

犬の両親はまったく寝た気がせず・・・グッタリ。
反して、殆どちゃんと寝ていない三毛犬ろじは、『急速充電』なので元気いっぱい!


ちなみに・・・毎晩毎晩手を舐めたり、あちこち掻いたりしてオカアサンを寝させない王子ですが、雷も花火も全く平気です。昨日に限って言えば、へそ天&脚を上げで熟睡していました(笑)。




疲れた体を鞭打って王子をお風呂に入れて、さらに疲れ倍増の犬の両親なのでした・・・。(あ、でも『頑張った御褒美』にステーキ食べに行きました♪ 元気出さないとね)。
[PR]
by teachermakizo | 2010-08-15 21:15 | Rodya | Comments(0)