今だから白状しますが・・・

2009年は、最初から最後まで本当にひどい1年でした(シミジミ)。

年に1度の里帰りで、「限りなくインフルエンザに近い風邪」をもらったのがスタート。
で、グランドフィナーレは、クリスマスにロシアの病院で日帰り手術(笑)。
いや、もちろん「簡単な手術だから」という主治医の説得で受けたのですが。

このブログを読んでいる方は女性ばかりだと思うので書きますが、昨年後半から「オンナノコの日」が長くなり、12月には「出血が止まらない」状態に。婦人科は嫌だけれど、明らかに異常。仕方なく行ってきましたよ!

最初は、最寄のロシアとフィンファンドの合弁クリニックへ。
そこで「手術したほうがよい」といわれ・・・・紹介状を持って「設備の整ったロシアの病院」へGO。最終的には、やはりロシアの病院なのね(涙)。今まで色んな経験をしてきましたが、まさかロシアで手術台に乗るとは。

執刀医も看護婦さんもよい方ばかりで親切にしてもらえたし、個室もまあまあだったし(テレビと冷蔵庫、シャワー&トイレつき)、ただ昼食はまずかった、うへ。ロシアの病院ってこんななんだ・・・・(市内でも設備の整った病院の一つだったとは思う)って面白かったです。しなくてもいい経験ではありましたが。



婦人科系の不正出血で怖いのは、やはり「癌」。
最初のクリニックでの検査(細胞診)では「陰性」でしたが、肝心なのは「組織診」。
ポリープ自体は良性がほとんどだそうですが、ポリープに似た癌もあり・・・「内膜が極度に厚い」というのは「子宮体癌」を疑うポイントだそう。なので、必ず(日本でも)手術で採取したポリープ&内膜を「組織検査」し・・・初めて病名が確定します。通常なら10日ででる病理結果が、年末年始をはさんだ為に随分遅れて・・・やっと今日聞いて来れました。

心配していた「癌」の心配こそありませんでしたが、要治療。
しばらくは服薬&経過観察ですが、「今すぐ帰国!」などという一大事にならずによかった・・・その一言につきます。

あ~!やっと新年を楽しめそうです。
今年はいい年になるといいなあ。




ご婦人の皆さん!
ワタシのケースを他人事と思わず、年に1度の婦人科検診を受けましょう!
絶対に後から自分を助けるときが来ます。ホント、大事ですよ~!
[PR]
by teachermakizo | 2010-01-14 21:56 | はは | Comments(2)
Commented at 2010-01-15 23:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ありょはは at 2010-01-16 07:49 x
>鍵コメ奥様

心配かけてごめんね。
本人も、実は心配だったよ(爆)。

後でメイルするね♪