訃報を悲しむ>忌野清志郎さん

かれこれ・・・恐ろしいことに約20年くらい前、高校を卒業後すぐに犬のオカアサンは結構大きなレコード店でバイトをはじめました。この仕事は6年間も続けていて、いろんな人との出会いがあり・・・今でも本当に良い思い出です。

最初のころ一緒だった仕事仲間は年上の男性が多くて、ほとんどが「昼間はバイト、夜はスタジオ」というような生活をしている「ミュージシャン」でした。その頃の犬のオカアサンは普通の学生で、「音楽は好きだけどぜんぜん詳しくない」という感じでしたが、音楽好きな人たちの中でいろいろ教えてもらいました。

で、そんなオニイサンたちがリスペクトしているバンド(アーティスト)の一人が「RCサクセッション」とそのボーカリスト「忌野清志郎」。知った当時はあまり好きになれなかったし、その偉大さも「?」だったのですが、今回YOU TUBEで久しぶりに聞いてみました。ワタシも歳を重ね・・・いろいろわかるようになったのかな。彼の偉大さ&うしなったっものの大きさに打ちのめされました。いい歌がいっぱいでした。まだ58才だったのに。もっともっと歌ってほしかった。

当時お世話になったオニイサンタチはすでにオジサンになって(少なくとも、5歳以上年上だった)いると思うけど、きっと私が今感じているのと同じ、それ以上の喪失感を感じているのだろうと思います。もう、今どこにいて何をしているのかわからないけれど・・・きっと同じように昔を思い出しているに違いありません。


映像で見る忌野清志郎のステージで輝いている姿を見て、思わずちょっとないてしまいました。
[PR]
by teachermakizo | 2009-05-02 23:41 | はは | Comments(0)