ろじ・・・長靴下を履いた猫と仲良くなりたかった。

最近のカアチャンはちょっとおかしい。

カアチャンはボクチンだけのものだったのに、最近はニイチャンとも仲がいい。

昼間パソコンで遊んでいるとき、いつもボクとラブラブチェア(死語?)を仲良く半分こしてたのに(ニイチャンはそれが面白くないらしく、いつも一人で玄関先で寝てた)、最近はニイチャンと一緒に座ってる。あの椅子には3人は座れないから、ボクチンは仲間はずれ。ボクちん、わざといじけて見せて、隣の部屋に行ってカアチャンが迎えに来てくれるのを待ってるのに・・・・来ないんだ。が~ん。ニイチャンだって本当は抱っこが好きじゃないくせに、最近はカアチャンに抱っこされてうれしそう。ニイチャンなんか嫌いだ!

それに・・・最近、カアチャンはニイチャンだけじゃなくて、他の子にも夢中なんだ。

昨日の夜は、「他の子」のうちの「茶色い子」になにやら作ってあげていた。
履かせたり脱がせたりして・・・・ボクのことも、ニイチャンのことも、ボクたちのご飯のこともそっちのけだよ。でも、ボクちんはいい子だから、ライバルだからっていじめたりしないんだ(ニイチャンとは違うのさ)。あの茶色い子と仲良しになって、カアチャンを喜ばせてあげるつもり。

そうこうしていると、ドイツに出張していたトウチャンが帰ってきた。

カアチャンが席をはずしたので、チャンス到来!
あの子と二人きりになれた!


お顔を丁寧に舐め舐めしてあげた。ついでに乱れた毛も撫で付けてあげた。お顔も汚れているみたいだから、しっかり舐めてピカピカに。汚れが取れないところは、ちょっとばかりカジカジして・・・・すっかり「仲良し」になったころ、カアチャン&トウチャンに「どんなにボクチンたちが仲良しか見せに行く」ことにした。やさしく首元をつかもうとしたら首がなかったので(笑)、足を咥えて。カアチャ~~~ン♪みてみて~♪

って、見せに行ったら・・・・・


!!!!!!!!!!!!!!!


その後のことはあまり言いたくない(涙)。
カアチャンは怒った。とっても怒った。
いつもボクチンが悪いことをして怒っても、ちょっとしてから「カアチャン、ボク、カアチャンの子だよね。ちゅ、ちゅ」(笑)ってすれば、「も~、だめよぉ~」って許してくれるのに・・・・今回は一晩中怒っていた。半径1Mにも近寄れないくらい・・・・オーラが怖くて、トウチャンの椅子の下に逃げ、ひざにのって震えてた。しばらくして、「もう許してくれたよね?」って近くによって行ったら、「ろじ、大嫌い」って押しのけられた。悲しかった。

ニイチャンはなんだかうれしそうだった。
ニイチャンは、ボクチンがカアチャンに叱られるといつもうれしそうだ。

皆さん、ボクはどうしたら許してもらえるのでしょうか。
また、「ボクだけのカアチャン」になってほしいです。



ろじ
[PR]
by teachermakizo | 2008-12-10 01:53 | Rodya | Comments(4)
Commented by lespoupees at 2008-12-11 20:32
ありょははさん こんばんは!
ひょっとして ろじ君はソーニャちゃんをナメナメカジカジしてあげてたのかな?いや~もう可愛いったらないわね!!うふふ・・・

我が家にもワンチャンがいたころ 良く私が頭をなでながら
相槌を打つ姿を娘が見て、「お母さんはマックス(名前)と話が
できるの?」って不思議そうな顔をしてましたが、
そうなの!!気持ちがよくわかるのです。だから ろじ君の気持ち
がとても 良くわかりま~~す!!

ろじ君!忍耐強く ママにすりすりしましょうね。。。
Commented by りりこ at 2008-12-12 01:47 x
こわいよ~、こわいよ~。
ありょははかあちゃんがこわいよ~。
いや、気持ちはわかるが、うーん、こればっかりは、もう、ね?
ほら、笑って! ほら!

うえーん。こわいよぅ。

ろじ、ひたすら低姿勢で謝るのだーーー!
Commented by teachermakizo at 2008-12-12 06:52
>ステラさま

こんばんは

ワンコたちは「オカアサンが大事にしているもの」に
興味津々なんです(涙)。駄目っていわれると
余計に興味が出るっていうか・・・なので、私の
不注意で手の届くところにおいたまま席を立ったとき、
ろじはうれしくてワクワクしたと思います。まさか
噛み噛み舐め舐めしてるなんて夢にも思いませんでした。
しばらくして、うれしそう&自慢げに尻尾をピンと立てて
「あの子」を銜えてやってきたときの自慢げな顔!
文字通り血の気が引いちゃいました・・・ハンドメイド
の子は文字通り「世界に一つ」ですから。
チチには「手に届くところに出しておいた方が悪い」
といわれ・・・でも、心の狭いオカアサンは
なかなかろじに「もういいよ」って言えませんでした。

ステラさまはきっとマックス君にとって、心の預けられる
お母さんだったんでしょうね。娘さんが傍からみてても
「気持ちが通じ合ってる」って見えたくらいなんですもの・・・。
そう考えると、私って・・・・(汗)。
Commented by teachermakizo at 2008-12-12 06:57
>りりこしゃま

あわてて取り上げたら、カピカピのびしゃびしゃ(←よだれ)
で、卒倒しそうでした(涙)。だって、もう買いなおそうにも
買えない仔なんですもの・・・・それにすごい愛着があって
可愛がってたし・・・・。怖い?やっぱり怖い?(笑)

ろじも超怖かったみたいで、まずはチチの椅子の下に
避難。いつもはチチが抱っこしようとしても「いやっ!」って
言うのに、こんなときばっかり「トウチャン、抱っこ!」って
しがみつき。チチを防波堤にしてましたわ(したたかな仔)。

一晩中何度も「もう許してくれるよね?」って様子を
見に来て笑えた(そのときは笑えなかったが)。

ま、ダメージが「恐れたよりは」ひどくなかったので
翌朝には許してあげました。